4.01.2017

2017年の抱負!


2016年の課題として持ち曲の練度を上げて撮影したい、などと言ったが、全く進行できていない、どころか、取り組んでさえいない。

今年こそは取り組んで行きたいところだが、録音する際の心理的ハードルを下げるべく、曲の難度を下げてプレ・インベンションを対象としたいところ。取り組んでないということはハードルが高すぎるということであるから、最初は飛べる高さに設定すべき。

録音録画するんだ、と思えば自分なりに仕上げることになるから、その過程で楽譜を読みこんだり、表現の試行錯誤があったりするわけで、スポーツで言えば「レースが一番のトレーニング」というような、普段の練習とは違った成果が期待できる。
一曲仕上げて撮ったら次の曲へ、と進んでいけば達成感や区切り感も得られそうであるし。

ただ、撮影機材をほとんど処分してしまってSONY RX100しか残っておらず、RX100には外部入力端子がないから動画と音声を別ファイルで作って動画編集ソフトで貼り合わす必要があり、その作業を想像すると大変おっくうで、そちらのハードルが高い。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

0 件のコメント:

コメントを投稿