3.22.2017

ハイブリッドピアノ GP-500が魅力的


現在使用している電子ピアノが10年選手となろうとしていて、いつ壊れてもおかしくないため、次期機種選定は常に課題となっている。壊れたら次も一番安いYAMAHAの電子ピアノでよい、とは思っているのだが、少し色気を出してもよい、とも思っているあいだに、楽器店や電気店で電子ピアノを試弾する機会が何度かあった。

電子ピアノなどというもの、いや楽器全般は、あれこれを検討するまでもなく、YAMAHAを買っておけば間違いがないという思考停止もあって、YAMAHAのラインナップから機能や価格で折り合った機種を買えばよい、と思っていたが、ネット広告だったか人様のブログだったか忘れたが、CASIO GP-500という機種の存在を知り店頭で試弾してみたところ、これがよかった。

GP-500の(私個人への)訴求ポイント
  • 鍵盤機構が本物風
  • 木製鍵盤
  • 音源がベヒシュタインと共同開発
  • 塗装が光沢の黒(ピアノブラック)
  • ハイブリッドピアノにしては80kg弱と軽量
この中でも特に訴求するのが鍵盤機構である。電子ピアノの最大の弱点は鍵盤タッチが本物と違う点にあって、どうしてもニセモノに過ぎなかった。これを克服しようと近年開発されてきたのがYAMAHAのハイブリッドピアノというカテゴリで鍵盤機構はホンモノ風に作って演奏感を満足させつつ、タッチ感覚以外は電子ピアノのままだから騒音トラブルで隣人に射殺されずに済む、というものである。
ヤマハのハイブリッドもそうであるが、GP-500も実際に弾いてみるとなるほどこれなら文句はないな、という出来である。普段から本物のピアノを弾いている人にとっては文句しか出ないだろうが、私は普段から本物のピアノを弾いている人ではないから、だいたい本物っぽい感じがあればそれでよい。本物のピアノと言ってもメーカー、機種、年代によってタッチなど千差万別で、正しい規格があるわけでもない。
店頭に並んでいる電子ピアノを横断的に弾いてみたところ機種ごとにタッチに差はあって、それが良いのか悪いのかは判断がつかない。ただ、ハイブリッドピアノ全般はやはり本物っぽさがあってより良い、という気はする(が、ブラインドテストをしたら果たして…)。
スピーカーから出る音は価格と比例という感じもあるが、40万円クラスでもやかましい店頭で聞く限りはどの機種も残念な音質である。スピーカー音質を望むならヤマハAvantGrandシリーズ、それも上位機種となるだろうから非現実的。


GP-500の訴求しない点(※個人の感想です
  • 楽器メーカーとしての印象の薄いカシオであること
  • 店頭で聞く限りはスピーカーの音質が低い
  • 誇らしげに貼られているベヒシュタインのプレートが田舎くさい。スズキの軽自動車に貼られているベンツマークを見たときに感じる貧乏くささ
  • イスに座って正対する場所に金文字でCASIOと書いてある
  • 足の先っちょが金メッキで覆われていて、そのデザインセンスが貧乏くさい

ハイブリッドピアノは、グランドには遠く及ばないがアップライトを買うより有効とする識者もいるくらいであるし、GP-500はシリアス勢の評価も高いので、次期機種の最も有力な候補となった。ちなみにGP-500より10万円安いGP-300という下位機種もあるが、両者の違いは良く知らない。
というわけで、候補としては現在使用中の安い電子ピアノの後継機種か、GP-500か、という感じで固まりつつある。そして20万円か30万円か40万円するクラビノーバは候補から脱落した。

あとは弾く人間の能力が低いのだからピアノも低価格のものでよい、とするか、弾く人間の能力が低いのだからピアノだけはカネを出して良いものを買うべきだ、とするか…。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

0 件のコメント:

コメントを投稿