3.26.2016

壺と石


  • 久しぶりの買い物をした。「ピアノソロ これなら弾ける!! 」を買った。
  • ETFというものを知った。個別銘柄と投資信託の中間的存在。個別銘柄よりも維持コストはかかるが、投資信託より低コスト。個別銘柄と違って投資信託のようなリスク分散効果がある。優秀な投資信託ほどのパフォーマンスは出ないが、掃いて捨てるほどあるハナクソファンドよりパフォーマンスはよい。
  • "プラットフォーム"のエピローグでの主人公のおじさんの心境に似た、なにかとてもさびしい未来にうすうす気づいてきた。
  • 「人生の壺」コピペで言うところの、本当に大切なことを考えている。
  • 週に14時間くらいピアノ練を続けている。
  • 14時間を超えるとライフワークバランスならぬ、ライフホビーバランスが崩れる。16時間や18時間を狙わず、腹八分目or九分目の14時間くらいに抑え、ボーっと民放ザッピングでもしながら股間に手を突っ込んでいるのがよい。
  • 「人生の壺」コピペでいうところの大きな石のことを考えている。
  • "プラットフォーム"のエピローグの最終文に心打たれている。
  • 大きな石のことを考えている。風光明美なところで暮らしたい。
  • 埼玉南部のクレーマーにサンドバッグにされるより、風光明美なところでピアノを弾いて過ごしたい。
  • サンドバッグ役にほとほと疲れた。ポジティブシンカーとしては「疲れた」ということができないのが苦痛だ。いうことができない、と自己規定している状況に、パノプティコンという言葉を連想した。
  • サンドバッグ悪夢で飛び起きるが、飛び起きた先がサンドバッグ悪夢だった。
  • すたれて人気薄となった別荘地を探している。
  • "プラットフォーム"の主人公から、愛と親の資産とまともな仕事を引き算すると私だ。
  • すたれて人気薄の別荘地は人の気配が少ない。
  • 人がいなければトラブルも起きない。人がいるから争いになる。
  • 防音施工について調べている。
  • サンドバッグ役に歯を食いしばって耐えることに何の意味も感じていない。
  • ポルシェに乗りたい。
  • すたれた別荘地で質素な生活をするとき、年300万円で足りるだろうか。
  • 働かずに年300万円欲しいとき、3%運用が実現できる能力と1億円が要る。
  • 体が動くうちに、すたれた別荘地で雪かき、薪調達、虫退治、草むしり、自炊をして生活のための作業をして過ごしたい。サンドバッグ役で得た現金で生活作業の外部化をするよりも。
  • 1億円のほかに家、ポルシェ代が要る。
  • 生活費を下げるためならポルシェはあきらめてもよい。アルトでよい。ポルシェは美しい花ではあるが、大きな石ではない。
  • 大きな石のことを考えている。何年か前まではロングという大きな石があり、その石はもう、壺に入れた。
  • これまでの生活、これまでの仕事、これからのここでの生活、これからも続く仕事が、壺の前で、急速に意味を失っている。
  • 人生の残時間と壺の残容量をじっと見ている。




3.04.2016

久々に貸ピアノですよ!


自称ポルシェ貯金中でひたすら部屋に閉じこもっている生活にストレスを感じているので外気を吸うためと、低調なピアノ練の気分転換として、しばらくぶり(数カ月ぶり)に本物のピアノを弾きに行った。借りたのはヤマハのグランドピアノで推定C3X。松竹梅で言うところの竹、昭和時代のトヨタで言うところのマークIIにあたるだろうか。そのピアノを弾いて、私の低所得者向け電子ピアノ との違いに驚いた。
  • 音がでかい
  • ペダル動作音がでかい。ドカンと踏むと「ギャーン…」という音がするからガンガン踏むわけにはいかない。電子ピアノは無ノイズである(無ノイズはたぶん悪いことである)
  • 音が響くのでペダルを入れなくとも十分滑らかに聞こえる場面がある
  • ためしにペダルなしで弾いてみると、ペダルに依存した指の動きが癖がついていることがわかる。よくないことである。バッハの時代にはペダルはなかったので基本的にペダルを使わずに弾けるはず
  • 調律が狂っているように聞こえた。「ちょwwwwこんなヘナヘナの調律で弾けるかよwwwww部屋変えてくれよwwww」と文句を言いに行こうと思ったくらい。しかし、しばらく弾いて慣れると調和して聞こえた。これはどういう現象だろう?
  • 鍵盤奥のピアノブラック塗装面に自分の指が写ってヨタヨタと動く様子が少々きもちわるい…
等々。

鍵盤の重さ自体は低所得者向け電子ピアノと変わらない(50グラムほどで押下される)のだけれども、電子ピアノの場合、弱音を出す際、結構乱暴な力加減で弾いても弱音に聞こえる。しかし、本物のピアノの場合、弱音を出す場合50gの押下に少しでも無駄な力が加わると途端にでかい音になってしまう。
押下力をグラムで表すのは違う気がするが、例えば低所得者向け電子ピアノで弱音を出す場合50gでも60gでもあるいは70gでもだいたい弱音に聞こえるが、本物のピアノの場合は55gでもう音がでかい、という繊細さ。弱音が欲しいときは50gに羽毛が乗っかるくらいの気持ちではないといけないが、低所得者向け電子ピアノの場合、50gに羽毛どころか指1本2本くらいの重さが乗っても許容される感じ。
そういうわけで本物のピアノの場合、力強く音を出すことよりも、脱力して繊細な音を出すほうが難しそうである。つまるところ、ダイナミックレンジが広い。体感では低所得(略)と本物のピアノではダイナミックレンジの広さが3倍にも5倍にも感じた。
だが、しばらく弾けばある程度アジャストできるという感覚もあるので、ずいぶん違う楽器ではあるものの全く別の楽器とまでは言えない。自転車競技で言うところのローラーと実走に違いに似ているかもしれない。これがオルガンやチェンバロとなると別の楽器という感覚が強くなるのだろうが…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

3.03.2016

せっかく私の松下奈緒ちゃんが出てきてくれたのだからもっとハレンチな夢を見ておきたかった

先週のピアノ練時間はPianoDiary計測で14時間50分。全て電子ピアノ。
内容はSinfonia No.2の譜読みで、精神的にも進捗具合も大変低調。
特に理論暗譜への道が低調で、その低調さと先行きの暗さが全体的に波及した形。

役所で怒鳴りかけたように、感情を制御できなくなるほどストレスが溜まっている。危険だなと思うものの、改善・解決する見込みはない。しばらく耐えるほかない。



現状
  1. Invention No.1
  2. Invention No.2
  3. Invention No.11
  4. Sinfonia No.4
  5. Sinfonia No.11
  6. ゴルトベルク アリア
  7. 平均律I No.1 Prelude
  8. 平均律I No.1 Fuga
  9. Sinfonia No.2←譜読み中…

気分転換に貸ピアノ室へ行きたいところである…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

3.02.2016

Miniの2月記録

R56世代はオレンジにピカピカして美しいです
私のかわいいMini Convertibleの2月走行距離はちょうど300kmであった。この距離は私の生活パターンから言ってミニマムである。部屋にこもっていたネトゲ準廃時代でさえもっと乗っていた。自称・ポルシェ貯金のために意識して乗らないようにしていた。
乗ればクラッチとタイヤが減るし、表面的にはすり減らない部品でも距離が増えれば定期交換としての交換時期が早まるので。

屋根をあけるとシフトノブに空が写りこみますね  まだら雲ですね
中古車として買ってから丸7ヵ月で8300km乗った。2月は寒く、タイミングチェーンのガラガラ音が出たような、出なかったような微妙な日もあったが、暖かくなってきて症状は出にくくなっている。また、冷却水の微減傾向、右ドアか右後フェンダー付近に異音があるが、少なくともディーラーに駆け込むような症状ではない。このまま1年点検まで修理入庫せずに走ってもらいたいところ。よそで買った中古車だから代車が出ず、埼玉のMiniディーラーが陸の孤島にあって交通費がバカにならない…。

2月の1ヵ月間で屋根を開けたのは5回。全て街乗り短時間のオープン。Mini Convertibleは屋根を開けないとガタピシうるさくて乗り心地の悪い不快なクルマである。しかし、屋根を開ければ七難隠れる。オープンに向く気候になってきた。首都高ぐるぐるか、郊外へでかけたいところ。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

3.01.2016

【カネ】2月こづかい帳日誌【カネ】


自称・ポルシェ貯金で生活上やむを得ない出費を除いて、できるだけ使わぬように過ごしている。2月はこづかいからの出費はなんとゼロであった…。
  • まんじゅう
  • 炭酸飲料
  • 銭湯温泉
  • 旅行
  • 小旅行
  • ドライブ
  • 貸ピアノ室
これらの欲求を、歯を食いしばって押し殺して「ポルシェポルシェポルシェ…」「みずほみずほみずほ…*」と唱えて忍んだ。こづかいは使わなかったが、まんじゅうのひとつも食べられない緊縮財政のせいなのかストレスが溜まってQoLが低下した…。

先月、断腸の思いでこづかいから出費して買ったThe Astonishingであるが、複雑なことをやっているバンドなのですぐには評価できまいと1ヵ月ほど聞いてきたのだが、私の感想は、Amazonのレビューの星ひとつ、ふたつに並んでいる酷評に近い。
  1. 似たような曲が2時間並んでいて退屈
  2. 北アメリカ帝国の独裁者が主人公の歌心に触れて改心、自由・民主に目覚める、とか、殺されたかわいこちゃんが主人公の歌の奇跡で生き返る、というようなロックオペラだが、どうにも話がつまらない
  3. オーケストラとコーラスを導入したが、全く有効でない
基本的には凡作か、それ以下の駄作と思うが、スタジオ録音のCDでは、という条件が付く。DreamTheaterはライブのほうがよい。今作はロックオペラであるが、ボーカルのおじさんが一人で登場人物全員を歌っているので、舞台も演出もないスタジオ録音のCDでは、作品の全体像の一部でしかない。
というわけで、録音CD単体ではなく、ライブDVDが出てから評価すべき。




この世はカネ
  • 某菱UFJ銀行株
  • 某外国企業株
  • 金積み立て
  • ファンドA(積み立て)
  • ファンドB(積み立て)
  • ファンドC(積み立て+スポット買い)
  • ファンドD(積み立て)
  • ファンドE(積み立て)
  • ファンドF(積み立て)
  • ファンドG(積み立て)
こづかいからの出費とは違うが、出費というか投資というか遊びというか本気というか、ともかく、金融商品を薄く広く買ってみた。ピアノはカネがかからない趣味であるし、カネのかかる趣味であるトライアスロン―自転車や水泳なら機材費・プール費があるから分かりやすいが、ジョギングならカネがかからぬだろうと思えば、そうではない。エナジージェルをチュッと吸えば100円で、ふたつ吸えば200円で、少し長めに走って3つ吸えば300円である。15000円の靴もすり減る―も休養中なので出費の予定がないため、自由になるカネが増えた。
ネット証券だとファンドはノーロード(信託報酬と信託留保はある)且つ低額から可能で大けがをしないから手を広げて長期で様子見。
今月分だけで見ると某菱UFJに大きい含み損が出ているが、全部を合算すると多少の含み損程度で済んでいる、と思いたいところだが、どう考えても某菱UFJのダメージが大きい…。



*「使わなかったお金でみずほ株を買うと株券と配当になる。使うとただのマイナスだよ」という意味の呪文。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ