1.31.2016

ネット銀行&証券のほうへ

SBI証券
ネット証券に口座を作った勢いで、そのまま系列のネット銀行の口座も開設した。こうすると銀行と証券の垣根が低くなって便利になる。それだけでなく、銀行としても便利になった。従来の銀行ではいちいち窓口で手続きが必要だったこと、例えば、使う予定もなく普通預金に寝かしてあって窓口で何かをするほど大した額じゃないものなどをちょろっとした操作で定期預金にしておけるなど、大変に気軽。

メリット
  • 金利がよい
  • ATM拠点(3大コンビニ&ゆうちょ等)が増えてよい
  • ATM手数料がほぼゼロ or 安くなる
  • 各種手続きがコンピュータでちょろっといじるだけで楽
  • 証券と銀行のカネの行き来が便利というか、統合される感じ
  • 証券は売買手数料が安い
  • 外交員の勧誘を受けずに済む

デメリット
  • 手で握りしめることのできる印鑑と通帳ではなく、コンピュータでごにょごにょとわけのわからない、目に見えない力で動いており、セキュリティに不安がないわけではない
  • 店舗がない(本店くらいはあるかもしれないが…)。取り付け騒ぎの時に、どこへ押しかければいいかわからない


取り付け騒ぎに備えてそろえておきたいアイテムですね♥




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.30.2016

The Astonishingを買った!

久しぶりの通販袋
ジャスコの40円袋めん、もやし、豆腐、値引きシールのついた山崎パンなどの貧乏食を除いて、久しぶりの買い物をした。The Astonishingである。自称ポルシェ貯金・緊縮財政中でも買うだけのもので、楽しみにしていた。今作は物語というかロック・オペラという事前情報があったため、iTunesやら輸入盤ではなく日本語歌詞対訳がついているであろう国内盤CDを買った。

5年ほど前に、中核メンバーというか、中核どころか本丸そのものというか、ともかくMike Portnoyが脱退するという冗談みたいな内紛が起きて一時代を築いたDreamTheaterもおしまいであるなと思い、かつて青春をともに過ごしたの記憶などが懐かしく思い出されもしたのだが、脱退後に秀作をリリースするなど、あれ…マイク・ポートノイ先生いなくてもいいじゃん…という事態となりマイク・ポートノイ先生の偉大な才能を崇拝していた私の気持ちはどこへ行ったらよいのやら…などと、それはそれで愕然としたのだった。そしてBreaking the Fourth Wallを観て「ああ、過去の栄光で食ってるバンドじゃなくて、現在がキャリア・ハイであるな…ポートノイ先生…さようなら…」という具合であった。
Dream Theater / The Astonishing
というところの新作が今回買ったThe Astonishingである。時間が取れず、というか、発売ホヤホヤなのでまだろくに聞いていない。ロック(というかプログレ)にしては複雑なことをしているので聴きこまねば良さがわからないだろうから、どういう作品なのかと概略をつかむだけでもしばらく時間がかかるだろう。オペラらしく、物語を追わないといけないし。おまけに2枚組で長い。
チラッと冊子を読んでみたところ、監視社会となった未来の北アメリカ帝国で、自由を求める詩人兼救世主が皇帝を蹴ったり殴ったりして革命がどうとか世界を解放するとかなんとか、という筋である様子。
久しぶりに伊藤政則先生の解説を読んだ。昔はすごく熱い漢に思えたのだけれども、今作の解説ではレーベル社員の平凡なおじさんが2時間で書いたような、淡泊なものに見えた。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.29.2016

997…

35500km
35500kmになった。35000kmから40日ほどかけて500km加算という私の生活パターンとしては極端なスローペース。この500kmの中には秩父・初詣の200kmも含まれている。
  1. この世はカネがすべて
  2. 乗ればガソリンが減る、タイヤが減る、クラッチが減る
  3. 乗れば減るが、乗らなければその分で配当株を買える
  4. 例えば10km走らなければ某社1株分になる。
  5. 某社1株配当、百万年でCayman、二百万年で911である。
などと考えているのだが、人生の残時間は200万年どころかせいぜい30年、体が動くのは10年くらいであろう…。
その10年間の充実を考えるとき、緊縮財政で汲々とするより現有オープンカーをバンバン乗り回して楽しんだほうがよいのじゃないか、とも、ポルシェ最短ルートをたどるべく緊縮財政でカネに執着すべきである、とも、そんなブランド企業のエサに尻尾を振ってかぶりついて人生を浪費することよりピアノ教室に通って教育を受けたほうがいいのじゃないか、とも思うなど…。
また、年式浅い中古ケイマンと思っていたのだけれども、やはりPorsche本丸は911であるから、中古ケイマンと同じくらいの価格の年式古めの997が良いのじゃないか、などとより一層重度な思い込みも始まっている。そのくらいの年式古めの997になってくるとまだ左ハンドルが主流の時代で、右ハンドルが少なく、右MTはほぼ絶望的である。もう数年経つと徐々に右ハンドル―781は原則右ハンドルとなる、というように、左側通行の国は右ハンドルにすべきという流れが来ている―が増えてくるとは思うのだが…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.27.2016

走ると消耗品がすり減る

雪
1 「都市をオープンカーで走るとテストステロンが分泌される」という記事に従い、屋根を開けて浦和駅か大宮駅に行き過労ストレスを解消しようかと思ったが、ガソリン代、クラッチ&タイヤ消耗費を考えて、やめた。

2 Mozart Piano Sonata K332 Adagioの譜読みを始めている。Bachとは奏法というか、楽器の使い方がまるで違って、なじみがなく難儀している。英語学習のつもりで取り組んだらフランス語だった、という感じ。

3 イスにじっとりと座り、ヘッドホンをしてハレンチなDVDを鑑賞して、いよいよ映像が盛り上がってきたところで実はヘッドホンじゃなくてスピーカーから大音量が流れていて「これはいけない」と慌ててスピーカーをオフにしようときょろきょろとリモコンを探したところ、そこが自室じゃなくて公のスペースだった、行き交う人様の汚物を見るような視線が突き刺さった、ロマンスグレーの紳士に「君、そういうDVDは自室で見たまえ」と注意される夢を見た。

4 この世はカネがすべて。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.26.2016

音符の代わりのクレーマーの怒鳴り声

Mozart K332
先週のピアノ練時間はPianoDiary計測で17時間弱。やりすぎず、すくなすぎず、ちょうどよい量。手の痛みもない。
内容は特にこれといったことはなく、漫然と、惰性でこれまでの曲をヨタヨタと弾いていただけ。平均律No.1 Fugaの譜読みが終わって精神的にすりへった。ある日などは、夜練をせずにイスにずっぽりと座って暴れん坊将軍を連続して2話見るなど、充電という感じの週であった。
Fugaもいくらかスムーズになり、どうにか「ヨタヨタ」レベルで弾けるようになった。
1ヵ月前の日誌にはFugaは難易度が高くて弾けるようにならないだろう、と書いてあったが、わずか1月で「ヨタヨタ」レベルになった。当初歯が立たないと思ったものでも、1ヵ月も七転八倒しているうちにどうにかなることもある、という経験を得た。


現状
  1. Invention No.1
  2. Invention No.2
  3. Invention No.11
  4. Sinfonia No.4
  5. Sinfonia No.11
  6. ゴルトベルク アリア
  7. 平均律I No.1 Prelude
  8. 平均律I No.1 Fuga
  9. Mozart Piano Sonata K332 Adagio←譜読み中…


暗譜は停滞中。時間的精神的余裕がないと進まない。さて頭の中でおたまじゃくしを再生しましょうかね、と目を閉じてもクレーマーの怒鳴り声とか処理しきれない仕事群の重圧が脳内再生されてしまう。ただ、ダンス暗譜には限界があることを痛感しているので、長期的に考えて理論暗譜に進みたいところ。

次の譜読み曲はバッハから気分を変えてモーツァルトのピアノ・ソナタ K332の第二楽章を一応かじっている。楽譜(というか使えるお金)がないから楽譜アプリで代用している。iPadだと小さいし、仮にiPad Proサイズであっても楽譜は紙がよい。ヘンレ版がほしい…。カネがほしい…。

ノイズキャンセリングヘッドホン、電子ピアノ練に大変にオヌヌメ♥





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.23.2016

もしも廃車になったなら…次は…という話


Porsche
自称ポルシェ貯金などと威勢のいいことを垂れ流しているが、BMW 118i(or116i)がいいんじゃないか、と思い始めた。GOLFを買う際に116iが候補になったのだけれども、その時はクルマに対する自分の好みがわかっていなかったから、静かで滑らかで快適なGOLFにしたのだった。GOLFに乗って、私のクルマ嗜好はスポーツ寄り、快適さより楽しいこと重視であると知った…。


BMW 1シリーズの良い点
  • BMWなのでそこそこスポーティ。GOLFよりスポーティなはず
  • 日本車と同等の信頼性がある
  • 静かで快適。ディーラーの送迎で乗せてもらったら快適で5シリーズだか7シリーズの高級車かと思った。Miniより快適
  • でかくて扱いづらくなく、事故でぺしゃんこになって即死するほど小さくもなく、ちょうどいいサイズ
  • ポルシェの非日常感、おべんつの成金感、Miniのお遊び感、ディグニティのしがらみ感など、これといった派手さがなくてトヨタ車同様に目立たなくてよい
  • ポルシェに比べればはるかに安価。展示車か試乗車落ちなのか、走行浅い中古車の玉数が多い
  • 1台で全部こなせる


悪い点
  • ATのみ。ただ、BMWだからスポーティなATであろう。ヘタクソなMTよりスポーツATのほうが楽しい可能性がある。もっともニッサンみたいにピクリとも面白くないATかもしれないが…。これは山のくねくねを走ってみないとわからない。
  • 118iはリアデザインが嫌い。マイナーチェンジ前の116iは全体が流麗デザインで好みだが型落ち。欧州車は同じモデルでも年次改良があるので新しいほどよいのが一般的
  • 屋根があかない
  • 純正ナビ(というか総合コントロールパネル)が逝くと50万円コース、70万円コース、あるいは100万円コースという説がある。幌張替えより高い
  • これがいい!というわけではなくて消去法で浮かんでくる選択肢
  • 1台で全部こなせるので、これといった特徴はなく、それなら雪道も走れちゃうインプレッサでいいんじゃねーの?スバルなら頭一つ抜けて安全だし

もっとも、乗り換えを考えているわけではない。基本的にはMini Convertibleに長持ちしてもらうのが一番。たまに屋根を開ければそれはそれは楽しいクルマである。普段は屋根を閉めて走っているからうるさくて乗り心地が悪くて不愉快なガタピシ車で、つい不満が募りがちで次のクルマは…などと考えてしまう。事故で廃車になったら、とか、車上荒らしで幌を切られたりいたずらをされて幌車に嫌気がさしたら、という想像上のお話しで…。想像するだけならタダだし…。


脳内候補
  1. Porsche Cayman(カネが足りない。ポルシェをやめてポルシェ代で利回り株を買うと配当だけで毎年豪華な旅行ができる…)
  2. Fiat 500(テレスコなくてハンドル遠い)
  3. Abarth 500(同上)
  4. BMW 118i or 116i
  5. BMW Mini F56(三代目。良い意味でも悪い意味でも快適で乗用車風になったとの評価。デザインは好みでない)
  6. インプレッサ(安価、安全、四駆。洗車するほど愛着がわかないだろうから有限の人生から洗車に時間を奪われずに済む)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.22.2016

暗譜はじめ

暗譜
ダンス暗譜から理論暗譜へ向かうべく、楽譜をスマートホン、iPad等に入れて隙間時間に見るようにしている。最初に選んだ曲はInvention No.1。シンプルで快活。暗譜には全く不慣れで現在のペースだと簡易な暗譜をするだけでも数カ月かかりそう。
  • おたまじゃくし(音符)と頭のなかにある音
  • おたまじゃくしと脳内鍵盤
  • 脳内鍵盤と脳内音
  • ダンス暗譜の手のイメージとおたまじゃくしと脳内鍵盤
  • おたまじゃくしの配置画像イメージ
  • おたまじゃくしと音程(メロディ)と「ドレミファソラシド」
これらの多種多様な関係を脳内で結び付けたりこじつけたりドレミファソラシドで歌いながらおたまじゃくしやら鍵盤を脳内に浮かべたりして無理やりにでも脳に叩き込む、という感じで暗譜を試みている。正しいのかどうかは知らない。英単語をあれこれと多様なイメージを結び付けて覚えるような感覚に似ている、かもしれない。例えば英語であれば、文法を一通り理解し、英和辞書より英英辞書のほうが分かりやすい、英文を英英辞書で読める、となると「わけのわからないアルファベットの群れ」から「言語」として機能し始めて「軌道に乗った」段階と言えるだろう。理論暗譜もおそらく右も左もわからない初期段階では非常な苦労が要り、ある壁をこえると「軌道に乗る」のではないかと想像している。正しいかどうかは知らないが…。

欲しい…


ほしい…ほしい…



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.20.2016

中古Mini好調維持中も…

アイドリング安定
ピアノ練に時間を割くため、そして、ポルシェ貯金のため、あまりMini Convertibleに乗っていない。車に乗って出かければ時間とガソリンとタイヤとクラッチが減る。直近1ヵ月で走ったのは秩父・初詣を含めても500kmくらいなもの。

時間ができたらどこか景色のいいところを屋根を開けて走りたいな、と思っているのだが、ぽるs(略) のため高速道路代が払えないので一般道でどこか、と思うと、さいたまから景色を求めればどこへも遠すぎて、結局ガソリン代が高くつく。雪も降りしばらく山は凍結しているだろうから、次回ドライブは夜に首都高ぐるぐるか、あるいは銚子などの太平洋かな、と。

中古で買って半年たった。夏も冬も体験してだいたい不具合は出し切り、自分で使うメンテ用品もそろった。雨漏りは完治したようだし、冷却水も漏れていないようだし、1速に入りづらくてミッション逝ってる疑惑も勘違いの線が濃厚(低温時の暖気前はギアの入りが渋い?)だし、加速時に右後ろのほうでガッタガタとふざけた異音がしていたのは単に後席シートベルトバックルが内装に当たっていただけのようだし、アイドリングは800回転あたりでピタッと安定している。初めての中古車で買う前はいろいろな不安があった。購入前に「このくらい安定して動いてくれたら中古車でも万々歳だろうな」と夢想していた水準の好調を維持しているといってよい。
ただ、バックでクラッチつなげるとブルブルガタガタしすぎな気も…そして…7年落ちだからこれからポロポロと不具合が出てくる時期で…。

あまり車に乗らずにいても生活に不足がなく―乗らない分だけピアノ練の時間が捻出できる―、出かけないからカネがかからない、どこへも行かず、何も買わず、部屋でじっとしていてもピアノが無限に時間を吸い取ってくれるというか、ピアノに無限に時間を吸い取らせるような人生が若い頃からの望みであって、仮にMiniが事故等で廃車になったとしてもポルシェなんていらねーんじゃねーの、乗らねーんだから…アホらし…タイヤが4本ついてて動けばいいんだから、デミオとかインプレッサとか頑丈で維持費の安そうなのでいいんじゃねーの、という気がしてきた…。



  ワコーズ スーパーハードの耐久性は期待通りか、期待以上で大変よい。外装樹脂に施工して1ヵ月以上たち、雨、雪、洗車を行ったが、まだ黒々として撥水している。高価だがよく伸びるため一回の使用量が少なく複数回の施工ができる。もうARMORALLには戻れない。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

1.19.2016

暗譜と思っていたものが暗譜じゃなかった…つらい…

ネスプレッソ
先週のピアノ練習量はYAMAHA PianoDiary計測で17時間20分。多くはないが、少なくもない。週に14時間もやれば十分という気がする。やみくもな反復練習で指での暗記でしか譜読みができないため、またその際にも脱力が出来ておらず、手の甲が痛くなる。このやり方では遠からず故障するだろう。


現状
  1. Invention No.1
  2. Invention No.2
  3. Invention No.11
  4. Sinfonia No.4
  5. Sinfonia No.11
  6. ゴルトベルク アリア
  7. 平均律I No.1 Prelude
  8. 平均律I No.1 Fuga←NEW?
内容としては平均律I No.1 Fugaの譜読みで、一応、最後まで読み終えた。しかしながら、音楽になっておらず、達成感が全くない。これまでの一番の難曲でありながら達成感がないとはいくらなんでも想像できなかった…。ヨタヨタしすぎてスムーズじゃないから、とかそういうチャチなものじゃなくてもっと恐ろしいものの片鱗を見た気がした。
これは何か、根本的な問題を含んでいる、と痛感したのだが、どんな問題なのか、ということが曖昧でよくわからなかった。



悶々としながら暗譜とはなんぞや、とネット検索したところ、大変によい記事を見かけた。
  1. ダンス暗譜(素人・初心者)
  2. 音感暗譜(音楽教育を受けた人)
  3. 理論暗譜(大人or初心者でも努力で入れる領域)
詳しくはリンク先を見てもらうこととして、暗譜はおおざっぱに三つになる。ダンス暗譜というのが素人が行う、指で暗記させて演奏のまねごとをするもの。楽譜なぞ見ていない。音楽というより指の体操。
音感暗譜は絶対音感、音大、幼少期からのソルフェージュとかそのイメージ。詳しくは知らない。素人が必死こいて3カ月かけてヨタヨタレベルにまで弾けるようになった曲を、初見ですらっと弾いてしまう人がいるが、たぶんそのお仲間(初見弾きは暗譜とはまた少し違うかもしれないが)
理論暗譜はリンク先の記事によれば素人でも努力次第で足を踏み入れることも不可能でない領域のもの。ダンス暗譜からこちらに移行したい。


平均律I No.1 Fuga
私は「ダンス暗譜」そのもの。任意の箇所から曲を弾けない、つまづくと再開できない、何を弾いているか理解していない、体が覚えているだけ。
この弱点をいくらかでも克服できればダンス暗譜一本槍の現状よりもピアノ生活が充実するだろうことは明白であるので「理論暗譜」へ向かうべく、試行錯誤していきたいところ。あの手この手で音符と実際の音と鍵盤の位置の脳内リンクを強めていく作業であろうか。記事によれば最初の1曲を歯を食いしばって暗譜(≠ダンス暗譜)すれば、2曲目3曲目の暗譜は楽になっていく、とのことである。現状はゼロからのスタートなので、短期的にはストレスのたまる作業だろう…。

ちなみに平均律は難易度が高すぎた。つらい…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ