2.02.2016

ヤマハからピアノ練に新アイテムがでましたね!


電子ピアノ
先週のピアノ練はYamaha Piano Diary換算で17時間15分ほどであった。貸ピアノ室へは金銭的な事情で行けず、すべて電子ピアノ。また、1月も80時間を超えていて過去最多の量であった。
しかし、質が悪い。好きでやっているのだから効率が悪いというのはまだしも、気分も低調であった。

現状
  1. Invention No.1
  2. Invention No.2
  3. Invention No.11
  4. Sinfonia No.4
  5. Sinfonia No.11
  6. ゴルトベルク アリア
  7. 平均律I No.1 Prelude
  8. 平均律I No.1 Fuga
  9. Mozart Piano Sonata K332 Adagio←譜読み中…
Mozartの譜読みが時間を食う割には大変低調で、進まない、美しく響かない、ヨタヨタしすぎる、慣れればそれなりに響くだろう予感が漂わない、というイヤな雰囲気で楽しくない。譜読みをあきらめてほかの曲、具体的にはSinfonia No.2とかNo.13あたりにするとたぶん楽しくなる。途中で投げ出すのもイヤだし、見込みがないものを続けてつまらないのもイヤだし、どうすべきか…。
それと、一日の練習量の上限は集中力や時間的制約から決まっていて、これまでに「自称・弾けるようになった曲」を1、2回練習するとなると、それだけで結構な時間がかかり、残された時間で新しい曲の譜読みとなる。曲が増えると1曲あたりに投下できる時間が希釈されて私のようにダンス暗譜しかできない人間からすると全体的に地盤沈下するほかない。
というわけでやはり理論暗譜に進みたいのだけれども、何が一番低調かというと、理論暗譜への道である。暗譜ができればそろばんの玉が頭の中でパチパチ動くように、頭の中で音符が音を出して身につき、地盤が固まると思うのだが…。つらい…。

PianoDiary向けというか、MIDIの対応機器としてBluetoothのものが出た。これまでは有線かつ旧型iOSコネクタで使い勝手が悪かったが無線でつながるようになった。Bluetoothは接続が切れるなどやや安定性に欠ける規格という印象があるが、じゃあこれまでの有線のやつは使い勝手が良かったかといえば、必ずしもそうでなく、30ピンアダプタ経由だと「接続されました」という状態に至るまでに何度も抜き差しさせられるなど。現在の有線のやつが壊れるまで買い替えることはないが、次はBluetoothのものにしたい。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿