2.17.2016

脳内次期クルマ候補

Mini
ポルシェ貯金の緊縮財政で、カネを使わぬようひたすら部屋にこもって般若心経を唱える日々である。しかしながら、煩悩を落とそうと読経の声が大きくなればなるほど、金満紳士に追突されるなどしてMini Convertibleが突然廃車となった時にどんな車にしようか、という妄想が豊かになっていく。つらいことである…。
ここにきて候補がいくつか増えた。


MAZDA ロードスター
車内に荷物置き場がない不便さを除けば理想的に見える。Mazdaの力作であるらしく、ステレオやらなにやらの細かい点まで専用設計でかゆところに手が届いている、ように見える。ひたすらにほめる提灯記事が多いが、辛口評論家でも基本的にはほめているのでさすがに4代も作り続けてきて完成度は高い様子。手動幌開閉というのもポイントが高い。電動は指一本で楽だが開け閉めにたらたらと時間がかかる。手動は練度が上がれば電動よりも開け閉めが早いだろうし、構造がシンプルでよい。電動ユニットが逝って交換200万円コースという不幸も起きない。また上級グレードだと幌材にインシュレーターが挟まれるため、音も幌車にしては静かだとか。基本的にのんびりと屋根をあけて走る車だと思うのだが、外見的に走り屋に見られてしまうのが痛いところ。初代から3代までは上品さがあった外見だが、4代目は勇ましいというか攻撃的というか悪役宇宙生物というか…。
兄弟車としてFiat124が近々出る。外見は124のほうがよい。


SUZUKI ジムニー
自動車として、ある方向性の完成形。安価、信頼と実績、虚飾なき質実剛健。洗車だのコーティングだの、一切手をかけずに済みそう。ぶつけたとかへこんだとか塗装はげが錆びたとか泥がついたとか鳥糞がついた等、何事にも気を使わなくて済む。行動範囲は4輪車首位級(ジムニーなら行けるというような場所に行くかどうかは別として)。一方、山のくねくね道ではロールが怖い、重心が高いから横転が怖い、という低車高車にない怖さもある。
ガタピシ言おうが内装がチープだろうがロードノイズがうるさかろうが、安いのだから文句をつけなくて済むのも美点。そういう割り切りは好きである。半端に高い車をウキウキと新車で買って内装からビビリ音がしてむかつく、というのは嫌いである。
おそらく燃費は悪い。10km/Lとか。街乗りで10km/L割れとか。このあたり、660cc制限というガラパゴス規格が悪さをしている。



脳内候補(脳内順位)
  1. Porsche Cayman(ケイマンでなくても997とか、ボクスターでもよい。カネが全然足りない。ポルシェをやめてポルシェ代で利回り株を買うと配当だけで毎年豪華な旅行ができる…。旅行を我慢して配当で配当株を買うとその配当で配当株を買うことができ、その配当株の配当でまた配当株を買うことができ、その配当以下略)
  2. Abarth 500(かわいい、スポーティ、テレスコなくてハンドル遠い)
  3. ロードスター (国産の信頼性&維持費、低車高、オープン、fun to drive、不便、Mini Convertibleほどの頭上開放感はない。BOSEオーディオシステムが気合の入った出来らしい。兄弟車Fiat124が同価格帯で出てきたら悩むところだがFiatの中間搾取代があるので100万円高だろう)
  4. BMW Mini F56世代(三代目。良い意味でも悪い意味でも快適で乗用車風になったとの評価。デザインは好みでない、オプションでハーマンカードンがついてよさげ)
  5. Fiat 500(かわいい、燃費よし、テレスコなくてハンドル遠い)
  6. BMW 118i or 116i(スタンダード、GOLFほどつまらなくはないはず)
  7. ジムニー (安価、四駆、漢)
  8. インプレッサ(安価、安全、四駆。洗車するほど愛着がわかないだろうから有限の人生から洗車に時間を奪われずに済む)
  9. アルトバン、マーチ等の認定中古(信頼できる範囲で最も安いやつ。この世はカネが全て)

脳内候補は増える一方であるが、Mini Convertibleはガタガタミシミシとあちこちがうるさいこととスピーカーが低質なこと以外はほとんど理想のクルマであるから、積極的に乗り換えたいと思えるのはポルシェくらいなもので、ほかの候補は突然廃車になってしまったらどうするか、という場合の候補でしかないが…。
ロードスターは眼中になかったが急に上位に入った。
以前はクルマに求めるものは燃費の良さ、価格の安さ、実用性、快適性で、運転する楽しみなんて一切考慮する必要はない、むしろ運転してつまらないほうがスピードがでなくて安全だというスタンスだったのだけれども、今となっては真逆である。それらの要素を犠牲にしてでもアドレナリン、テストステロン、セロトニン、エンドルフィンその他、脳内物質の分泌量が重要、楽しいことが重要、と宗旨替えしたので、乗り心地がよくて燃費がよくて静かなアクアやプリウスという方向ではなさそう。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

2 件のコメント:

  1. たまごあたま2016年2月17日 10:14

    お目が高いダンナさんに、ケータハムのセブンが手ぐすね引いてますゼ。

    返信削除
    返信
    1. 全くもってケータハム7いいですね。ガレージがありさえすれば筆頭候補です。160なら軽登録でいけますし。

      削除