2.14.2016

アイドリングが不安定…?

BMW MINI ガソリン添加剤 フューエルクリーナー
駐車場でエンジンを切るまえに異音はないかと耳をすませたり、タコメーターを眺めていたところ、アイドリングがわずかに不安定になっていた。そもそもこんなものなのか、不安定の入口にあるのかわからない。原因は多岐にわたるようなので症状が悪化したら整備にださねばなるまい。


動画。アイドリングでややタコメーターが上下する。

  • 燃料の質が悪い。ガソリンスタンドを変えてみること
  • ハイオクにはきちっとハイオクを入れること。オクタン価がどうのといってレギュラーを少し混ぜてケチらないこと
  • 吸気のフィルターだかセンサーだか何とか装置やらのどこかが不調
  • エンジン内にいろいろな汚れがたまっているから添加剤等で洗うこと
  • ガソリン噴射装置?が汚れているor不調
  • ガソリン噴射ポンプ(ハイプレッシャーフューエルポンプ。Mini R56世代の持病とされる。人様のひどい症例はこちら)が逝きかけている
  • スパークプラグの寿命or不調
5本買ったガソリン添加剤がまだ2本残っているのと、前回給油時にハイオクとの差額をケチって10Lほどレギュラーを混ぜた(オクタン価が96くらいに保てれば問題ない、はず…)記憶もあるので、とりあえず、添加剤とハイオクを入れて(オクタン価を上げて)様子見。
古い車なのでぽつぽつと不具合は出てくるのは当然だよ、欧州車は部品交換しながら性能を維持していくものだよ、と覚悟はしていたが、いざ症状が出てくると楽しいものでもうれしいものでもない。
ここまで書いてきて、新車で買ったGOLFもタコメーターがこんな動きをしていたのを思い出した。アイドリングとは、こんなものかもしれない。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿