1.12.2016

われ大損こいてうずくまり


SONY RX100
大損こいてしまって夜はひとり部屋の隅に体育座りをしてはらはらと泣いて過ごしているのだが、悪いことばかりではない。
カメラ売買による出血が止まったことである。この1年くらいで買ったものといえばEOS Mのマウント変換アダプターくらいなもので、しかもこのアダプターは重宝しており、満足度が高い。


現有カメラは3台。
  1. SONY RX100
  2. Canon EOS M
  3. Canon EOS M2
RX100は1万枚を超え、EOS Mは9800枚ほど、EOS M2は3000に届かないくらい、という撮影枚数である。本来であれば主力ともいえるEOS M2の撮影枚数が伸びていないが、RX100とEOS Mは1万枚で個人的には元を取ったと言える水準である。
現在の構成に不足を感じておらず、機材を増やす予定もなく、安泰である。
現有機材が壊れたときにどうするか考えると、EOS M系は中古のボディを買って現状を維持する感じ。
RX100も同様に中古を買うか、G9 X等の別のコンデジに変えるか、あるいはスマホで代用するだろう。というか、久々にカメラ価格を覗いてみるとEOS Mのダブルレンズキットよりコンデジのほうが高いというのもおかしな話に見えるが、iPadよりiPhoneのほうが高い例もあるし、競合製品の存在とか代替手段の数、それなしでは過ごせない体にしてから価格をつりあげてむしり取る等で価格が決定されるのだろう。でかくて高性能だから高い、小さいから安いという、昭和的価値観では計り知れない。
何しろ私は株主だからな、ま、御手洗君、頑張って儲けてくれたまえ。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿