1.10.2016

こつこつポルシェ貯金どころか株で大損こいた話

Porsche
自称ポルシェ貯金を始めてから1月ちょっと。出費の絞り具合を可視化するためにエクセルで記録を取り始めてからちょうど1ヵ月経った。
簡単な日記(であったはずがだんだんネッチョリと粘着質な内容になってきた)とこづかい帳を兼ねたようなものだが、エクセルシートを作ってから生活習慣には効果がてきめんであった。生活上やむを得ない固定費は別にして、ほとんど出費がない。この1ヵ月で3回出費があった。
  1. 432円
  2. 432円
  3. 432円
それぞれSBI証券へ入金する振込手数料である。この1ヵ月モノを買った、というケースは皆無である(と思ったら1件あったが、諸般の事情でこづかいからの出費ではなかった)。130円の缶ジュースを我慢する、とか、700円の温泉銭湯を我慢する、とか、890円のニット帽をあきらめて頭の寒さを我慢する、ということで出費を絞っているのだが、このSBIへの振込がまずかった…。


端的に言うと、SBI証券で株を買って損をした、ということである…。つらい…。アベノミクスで上がりきった天井で買って、チャイナボカン・クラッシュの底で売って損をした、ということである…。つらい…。含み損ではなく、実際にカネを失ったのである…。つらい…。
下がったところで買う、下がったところで買う、タネ銭がなくなったから新たにSBIに振り込む、下がったから買う、下がったから買う、タネ銭がなくなったから新たにSBIに振り込む、下がったから買う、下がったから買う、タネ銭がなくなったがさすがに1ヵ月の間に3回も追い銭をするのはおかしいと気づき、さらに年明けのゲロ安、爆下げを目の当たりにしてようやく現実を受け入れて「損切り」をしたのだった…。つらい…。
これでポルシェの主要オプションの一つ分くらいの損が出た…。つらい…。缶ジュースとかニット帽では到底追い付かないことである…。つらい…。

SBIにネット口座を作っていろいろと便利だな、今風だなと浮かれて「割安で配当利回りの高い銘柄」を10銘柄ほど買ったのだが、失敗であった。
  1. 素人目に割安に見えることと、本当に割安であることは別
  2. 配当は業績悪化で簡単に減配する。赤字転落・無配転落も日常茶飯事
  3. 短期間に大量に投入しては身動きが取れなくなる
  4. 市場というのはプロ中のプロ、高性能アルゴリズムとスクリプトが1/1000秒単位でしのぎを削っている"戦場"で四季報やみんかぶを見て判断する素人はすっこんでいるべき場所
  5. 良く知らない業種・銘柄を買うのは投資ではなくバクチ
と、年初からの爆下げ・ゲロ安で大損こいてから改めて知った。つらい…。高い授業料であった…。つらい…。今回のは何か方針があっての投資ではなく…単なるバクチであった…。つらい…。

そのようなわけで、某銀行株を残して他は全部ゲロ安の底値で売ったのだった…。つらい…。残った某銀行株についてはドルコスト平均法とナンピン買いのミックスで長期投資としたい。
中国の景気後退、原油増産によるシェール革命つぶし、シェールをつぶしたら自分の家の屋台骨が傾いたサウジ、シェール倒産ラッシュによる金融危機、新興国のずっこけ等、向こう数年は軟調だろうから、その間はキャピタル・ロスに目をつぶって少しずつ買い下がって株数を増やしていきたい。
そうすると資金が目減りしてポルシェが遠のいてしまうのだが…。つらい…。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

2 件のコメント:

  1. たまごあたま2016年1月11日 0:27

    損切りの理由が気になります…
    急に現金が必要になったの?

    自分もリスクヘッジのつもりで株をやってましたが
    むしろリスクを抱えていることに気がつきました。

    実のところトータルではかなり儲かったのですけど、
    一時期の辛い精神状態を思い出すと…ね。もう無理。

    返信削除
    返信
    1. 中国の減速、新興国のずっこけ、原油安で金融が痛む、ということからしばらく軟調だろう、「下がった」じゃなくて「これから下がる」と思うと、含み損がこれから大きくなっていくばかりだろうことから、まだ傷が浅いうちにやめとこうと。下げ止まって持ち上がるのが2年後なのか5年後なのかわからないですし。

      それと株価に一喜一憂してコンピュータの前に張り付いて、人生の残時間を削るのがばかばかしいので…。

      削除