11.30.2015

次期ピアノ選定


現在使っている電子ピアノは8年前に買ったヤマハの安いやつで今で言うところのARIUSの型落ちなわけですよ。8年前に買った6万円くらいで買った電子ピアノが今も不調なく稼働していてこれは大変に長持ちするなあ、安い買い物だなあ、と思っているわけですよ。しかし、そう遠くない将来、というか、もう老齢ですから明日にでも壊れてもおかしくない時期でもあるわけですよ。ボディの合板が腐って崩れるなんてことはあと100年くらいはなさそうですが、電源周りなどの電装部分はいつくたばってもおかしくない、そう思うのです。

ですから、ピアノ練の情熱が衰えない今、現有の老齢電子ピアノがくたばったら練習できなくなるわけで、くたばらないうちの買い替えは考えないものの、くたばった時の対応は考えておかねばならないわけですよ。くたばってから検討するのじゃなくてあらかじめどの機種を、くらいは。練習できないのは1日でも短いほうがいいですからね。電気製品の老齢ですから、修理の線はありません。生楽器じゃないのですから。

そうして老齢の電子ピアノをかかえたおじさんはすっかり弱気になってヤマハのサイトを見に行くわけですよ。ARIUSでいいのじゃないですかね、小型で邪魔にならないですし、そう思ってはいるのですが、一応、情熱が衰えない目でヤマハのサイトを見てみるわけですよ。するとARIUSの3倍から10倍くらいの値札のついたクラビノーバがうじゃうじゃと載ってるわけですよ。松竹梅商法ですよ。
一見するとARIUSと何が違うのかわからないのです。使っている材質が圧縮合板じゃなくて無垢板、プラスチック鍵盤じゃなくて木造鍵盤、象牙鍵盤、黒水牛鍵盤、そういう違いですかね、と素人ながらに考えるわけですよ。あるいは電子部分が高機能になってて音色が若干キレイとか、メトロノームの設定が柔軟とか、リバーブの設定が詳細にできるとか、BluetoothやらWi-Fiでコンピュータにつながるとか、電子メールが受信できるとか、液晶画面に楽譜や歌詞が表示されるとか、そういう使いもしない機能が充実しているのですかね、いらないですよそんなもの、と酸っぱいブドウ理論に寄り添うように素人ながらに考えるわけですよ。

余計な機能は一切使わないですし、鍵盤の材質はプラスチックでよいですし、音色も型落ちARIUSで十分に満足しているので次もARIUSかなと思うわけですが「スムースリリース」という機能を見ると、これはぜひとも欲しいものでした(それとよくわからないですが「キーオフサンプリング」も)。鍵盤から指を離す時の速度によって音が変化するという本物のピアノの特性を電子的に模した仕組みです。ARIUSはゆっくり鍵盤を離してもすばやく離しても音は同じ減衰の仕方をします。もっとも、私のレベルではこの機能が必要になるような表現力がないわけですからあってもなくてもいいのですが、そういう機能があると知ったら欲しくなるわけです。お前には必要ない、その性能を使う場面がない、そう言われれば言葉に詰まってつぶらな瞳に涙をためるしかないのですが…。
ただ、クラビノーバはでかくて重たいのでそれはちょっとイヤだなあ、とも思うわけで。ARIUSならおじさんが「よいしょ」と移動することもできますが、クラビノーバはARIUSの倍とは言いませんが、そのくらい重いのです。クラビノーバで「よいしょ」などと頑張ったら腰が逝って整形外科通いは避けられません。
軽量で省スペースなARIUSにするか、でかくて重いクラビノーバにするかは、使用中の型落ちARIUSがくたばった時のピアノ練への情熱量によって考えればよいですね。今の情熱量だと今すぐにでもクラビノーバに買い替えたいくらいですが、ポルシェ貯金中でもありますし、短期的な情熱で買い物をすると痛い目に合うというのはトライアスロン時代によく学んだことでもありますから…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

11.29.2015

「トスカ」を観にいった

新宿アルタ前
新国立劇場に「トスカ」を観にいった。

新宿 GMOクリック証券
あるラーメン店に寄るため新宿から歩いて行った。

パチンコ ジャンボ
ジャンボ。

俺の空 新宿
ラーメン店「俺の空」へ。券売機にごにょごにょと小さい字が並んでいて「つけ麺にすると大盛はタダである」と読み取れたため、本来は普通のラーメンにするつもりであったところをつけ麺にした。この日は大変寒く、麺を締める水道水も冷たかったのだろう、麺が大変に冷たくなっていた。寒い日なのだから欲張らずに普通のラーメンにすべきであった。つけ汁は魚介味だった。


西新宿
新宿をとぼとぼと初台のほうへ歩いて行った…。寒い…。住宅がほとんどなく、生活感のない街である。

NNTT

新国立劇場
今回上演されたトスカは、歌手、演奏、演出のどれも手堅く満足感が高かった。まず肝心のカヴァラドッシ、トスカ、スカルピアの三者に穴がない。カヴァラドッシが弱いとそんなボンクラはさっさと射殺してしまえと思ってしまうし、トスカが弱いと頭のネジの緩い女に見えて、そいつとは関わんないほうがいいんじゃねーの?と思ってしまうし、スカルピアが弱いと話が成立しない。「トスカ」という演目はスカルピアのおぞましさが屋台骨である。敬虔なテ・デウム中にリビドーを丸出しにするスカルピアの迫力があってこその「トスカ」である。暴れん坊将軍では悪代官に一番の演技力が必要とされるのと同じである。
「トスカ」という演目はいいもので、全体に隙がない。1幕の冒頭にいきなりカヴァラドッシのアリアで度肝を抜かれ、その後はドラマがうまく展開されていき、退屈しそうになる前に次の見どころがやってくる。1幕の終盤には上述テ・デウム。2幕はスカルピアのネッチョリとした情欲とトスカの動揺と混乱、そして蜂起。トスカの心情に合わせてオーケストラも大変煽情的。3幕は運命を予感させる幕開けからカヴァラドッシの超絶アリア、希望と解放がにおってきたところで急転直下、鮮やかな幕切れまでコンパクトにまとまっている。
幕間におじさんとおばさんの話を盗み聞いたところ今回の舞台装置は新国立劇場が自前で作ったもので、今後もどんどん使っていく方針だ、という話であった。演出は原作通りのオーソドックスなもので、アートかぶれした人たちからはこき下ろされるものであった。時はナポレオン時代だし場所はローマだし、トスカは歌姫だし、カヴァラドッシは画家だし、スカルピアは特高警察という、原作そのまま。わかりやすいが「アート」な刺激はない。

演出、録音、歌手、演奏に穴のないディクス。ヌッチ最高!オヌヌメ!






上様がお供もなく、このようなところに来られるはずがござらん。この者は上様の名を騙る狼藉者だ!構わん!斬り捨てい!―――暴れん坊将軍―――



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

11.28.2015

コーティング除去(ワイパー ビビり)


Mini Convertibleを中古車で買った時点でフロントガラスに撥水加工がしてあって「ああ、撥水するのね」くらいに思っていた。サイドとリアは撥水したほうがよいけれどもフロントについては撥水しないほうが好みであるが、とくに撥水が嫌いというほどでもないし、そのうち加工も落ちるだろうと思い、放置していたところ、撥水加工が中途半端に落ち始めたのか、ワイパーがビビり始めて不快になってきた。一回のワイプで「ずどどどど」と5回も6回もビビることもあり、うるさいだけではなくモーターにも悪そうだな、というわけで改善することにした。
  1. ワイパーブレード、ワイパーゴム交換かな…
  2. ブレードなんてそう劣化するものじゃないでしょ…中古車だからどんなワイパーゴム使ってるかわかんないからゴムだけ純正へ…
  3. いやゴムだって劣化をあんまり感じないぞ…ワイパーゴムにビビリ防止剤でも塗り込んでみようか…
  4. いやいや、撥水加工が諸悪の根源だ!根こそぎ引っぺがしてしまえ!
ワイパーブレード、ゴム交換だと6千円コースであろうし、撥水加工が原因の場合、全然改善しない可能性もある。
ビビり防止剤は1000円コースだが、定期的に防止剤を塗らないといけないし、撥水加工が回復するわけでもないし、一時しのぎに思える。
というわけで4番の撥水加工を除去する根治式にした。フロントの撥水加工は夜の雨で見づらく好きでないし、比較的安価な1000円コースである。

キイロビン120
加工除去に使用したのはキイロビン120である。酸化セリウムとか何とかという聞いたことのない研磨剤である。油膜取りとして長寿製品らしいが、最近では撥水コーティングの事前処理としてガラスをきれいにする際に使われる様子。
酸化セリウムはガラスよりは柔らかい研磨剤なので、これ自体でガラスを傷つけることはない、という話であるが、チタン粉だとかダイヤモンドカッター粉だとか砂だとか自動車ガラス以上に硬いものがガラスに付着している状態でこするとガラスに傷がついてしまうので、キイロビン施工の前にガラスを念入りに洗い流す必要がある。

説明書のとおりに付属スポンジに液をつけて「なでる」と「こする」の中間くらいの力で施工すると確かに撥水加工が取れた。特に苦労もなく。水に濡らしながらこするとこすったところが撥水しなくなるのでわかりやすい。
キイロビンの液がボディに付着してそれでこすってしまうともちろんボディコーティングと塗装が逝くので注意。

施工後、ワイパーを動かしてみると「ずどどどど」とビビることはないが、ワイパーが一番低い位置、というか、使わないときの位置付近では無音でもない。「ずど」っと1回鳴ることがある。冬でゴムが硬くなっているのか、そもそもゴムが劣化しているのか、非純正だったのか、そもそもそんなものなのか。「ずど」っと音がしても困るものでもないのでしばらく様子見。次回ディーラーに行った時にはブレードとゴムの両方を交換してもらおう。



洗車前 ブレーキダスト
同時に洗車もした。Miniはブレーキダストがひどい。1月経たずにホイールが黒くなって洗車時期となる。
洗車後
それでも無料でない限りは低ダストパッドに替えるつもりはない。汚れがひどければきれいになった感が出てよいとも言える。
熱でコーティングが劣化しているのだろうか、ボンネットの撥水が弱くなってきている。コーティング施工から4ヵ月である。1年に1回施工してくださいというコーティングだったが、果たしてあと8ヵ月もつのだろうか…。





シュモクザメみたいな形をしたホイール洗い棒がオヌヌメ!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

11.27.2015

頑張ると手が痛くなる


Sinfonia No.4
ピアノ練の意欲は衰えていないのだけれども、腱だか筋膜だか腱の鞘だかに違和感が出ていて練習は控えめにしている。故障についてはトライアスロン時代に学んだことが多いという自負がありながらもやはりオーバーワーク気味になる。

  1. 故障の芽を初期のうちに摘まないで育ててしまうと、症状が悪化し練習できない時間が長くなり長期的には芽を初期で摘んだ場合より到達度が低くなる。
  2. 違和感を抱えたまま練習をすると、痛みや違和感をかばったフォームの反復強化となり、有害。
  3. 筋の強化は比較的早いが、腱の強化は年単位。
  4. 一方で、痛みをこらえて練習をしている自分の姿にうっとりできる、自己満足度が上がる、昭和根性脳が幸福を感じる、漠然とした達成感が得られる、という作用もある。

4番目があるから心の中にいろいろな葛藤が生じる。

今は右手が痛いが、Sinfonia No.4の譜読みを進めていると左手にも無茶な箇所が出てきた。左5でファを押さえながら左1でオクターブ上のファを押す。ここまでは良い。左5をそのままホールドしながら左2(と推定)で7度上のミを押す、というのを初めて見たときはおじさんびっくりしてしまいましたよ…。小指と人差し指で7度って何かの間違いですかね…足の指でも使えということですかね…と。かなり無茶な弾き方―指を広げるというより人差し指の根元を折り曲げるような形―にはなるが、かろうじてその7度を弾けるようではあるが、この弾き方はたぶん不正解であろう。
などと独学で無茶なことをやっていると左手も痛くなる気がしている。そういうわけで、トライアスロン時代に使っていた低周波治療器を引っ張り出す時が来ている。まゆつば商品ではあるけれども、整形外科の電気治療みたいなものであろうから気休めに。

Goldberg
Sinfonia No.4は手への負荷が高くて故障気味であるから、Goldbergの譜読みをちょろちょろと。
こちらは解説というか運指の指定も控えめで且つあんまりその指定もしっくりこない運指で自分で開拓していく色合いが強い。
「左5でそんなひくいところのソを押さえながら左1で10度上のシを押さえろってことですかねwwwそんなグローブみたいなでかい手じゃないっすよwww」と思ったのだけれども、そのシはどうも右手で押さえる様子。というようなところを解説がないので自分で探さないといけない。




「幼少から常に、義経の飢えていたもの。それはただ、人の真実の愛だった。若きがゆえに、一時は馬上の勇名や、位階冠帯に、人中の晴れを競い、これが人間至上のものと、思わぬ日もないではなかったが、その誤りなることを、兄頼朝が身をもって教えてくれた。なあ静」「・・・・・・はい」―――新・平家物語―――




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

11.25.2015

ポルシェ貯金再開

分不相応
どうせいつかはくたばってしまうのだから一度はポルシェ(オプションをほとんどつけない素のケイマンがよい)に乗りたいな、というか、所有したいな、という気持ちが消えず、これはポルシェを所有しないと治らない病なので、いつかは所有せねば、と思い込みつつある。あくまでも衝動や思い込みの類であって必要に迫られているわけではないから、そのうちに自然治癒するとは思うが…。
ポルシェを買うのか買わないのか、無職転落するのかしないのか、社会情勢がどうなるのか、将来のことはわからない。が、ポルシェならばとにもかくにもカネがなければ始まらないので、ポルシェ貯金を再開させることにした。スターバックスのコーヒーに300円か400円を使うかどうか悩んだとき、ポルシェ貯金のためと思って我慢すればそれもまた楽しみのひとつになる。これが目的なしに漠然と悩む場合はただの貧乏性である。どうせ貧乏性なら楽しいほうがいい。
もっとも、貯金をしないとポルシェに手が届かないような人間、その貯金があれば5年か6年か7年か8年をぶらぶらして過ごせる生活水準―家賃100万円のマンションで出張フレンチに3万円のワインをがぶがぶ飲んでいる水準の人だと1、2ヵ月分であろうか?―の人間にははじめから乗る資格がないという気もしているし、給料袋の厚みから考えると中古のMiniでもかなりの分不相応である。この世はカネがすべて。何ごともカネがものをいう世界に住んでいるので、竹やぶに入って2億円を拾いたい…。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

11.24.2015

週間練習量&貸ピアノ室で気分転換

県民の保養地池袋
県民の保養地池袋
県民の保養地池袋
ピアノ練の気分転換として県民の保養地・池袋の貸ピアノ室へ行った。



YAMAHA
ヤマハのアップライトピアノ。鍵盤の低音のほう三分の一くらいから音色が変わる気がするが、通常弦と巻き弦の境目なのだろうか。また、音の強弱をコントロールしにくい。弱く弾いていたつもりでもちょっとした力加減で不意にフォルテッシモに聞こえたりする。私の5万円だか6万円だった最廉価電子ピアノは、低音から高音までとてもきれいに、シームレスに、粒ぞろいの音が出る。私にとってどちらがいいのかわからないが、アップライトとはいえアコースティックのほうが本物に近いのは間違いない。

Sinfonia No.4の譜読みを進めているが、右手に無茶な動きを要求されるため、右手が痛くなる。右手の負担を軽くするためにほかの曲を練習すればいいのだが、性格なのか、Sinfonia No.4だけに時間を使いたくなる。効率やセオリーには反するだろうが、好きなようにやればよい。ただ、腱鞘炎は怖い。


一幸舎
とんこつラーメン大手、博多一幸舎が池袋に出店したと聞き、食べに行った。いちゃいちゃ恋愛エステ店ラブプラスを挟んだところ、ほとんど隣といってよいところに博多天神がある。殴りこみ出店に見えるが…。近隣に一蘭と風龍もある。少し離れるが一風堂もある。とんこつ激戦区である。

とんこつ 一幸舎
各有名店と比較すると福岡で食べるラーメンにやや近い感じだが、それでも福岡のラーメンとは違う。有名店のとんこつに慣れた、というか、洗脳された、というか、調教された状態で福岡のラーメンを食べると素朴で淡泊に感じる。カリフォルニア・バーベキュー・ベーコン・ストロベリーソース寿司に慣れた状態だと本場の白身魚の寿司など味がしないのと同じ現象であろうか…。
卵の入ったラーメンに替え玉をひとつ頼むと1000円である。高価である。


また諸般の事情で時間をつぶす必要があり、県民の保養地の電器店であれこれを見て回った。
新しいiPhoneやiPadは動作が軽快でうらやましかった。私の初代iPad miniやiPad(第4世代)はすっかり型落ちで何をするにも動作が遅い。タイピングは入力してから表示されるまで秒単位の遅延がある。しかし、いいなと思っても欲しいとまでは思わず。
また外出用にBose QuietComfort20がよさそうで欲しいところであったがQuietComfort 25を買ったばかりなので見送り。




ピアノ
先週の練習量はPianoDiaryでは14.5時間。それに貸ピアノ室での1時間で、合計15.5時間。
量はこなしているが、はかどってはいない。Sinfonia No.4の譜読みが後半に差し掛かったところである。Sinfonia No.4は手の筋や腱に負荷がかかる動きを強いられるので故障が気になる。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

11.23.2015

那須はよいとこ

レインボー
那須・鹿の湯へ行った。高速道路代をケチって国道4号で。

車検のコバック
4号線を北上しながら脈絡なく唐突に「天国や地獄やあの世や来世が存在せず、くたばったら虚無、あるいは、電力の通っていないコンピュータのように脳の働きが完全に停止して、ただの死体になっておしまいである、という無神論の世界観でこの世の余生が耐えられるものか、あの世でとうちゃんかーちゃんにーちゃんと再開してまたあの頃のけんかと笑いの日々を送れると信じずにこの余生が耐えられるのか」と思った。



草
草むらに1億円が落ちていれば車庫付きの家とポルシェが買える。1億円欲しい。しかし、家とポルシェだけでは生きていけないから生活費としてもう1億円欲しい。3億円欲しいとまでは言わない。2億円でよい。草むらか竹やぶか河川敷で2億円拾いたい。この世はカネがすべてである。

広げよう ゆとりと視野と 車間距離

くも
どこを見ても背高箱型車。日本ではステーションワゴンはすたれたようだ。箱型はゴミ捨てやIKEAに行ったときに便利だ。

不安
一人でいると、忙しくしていないと、良くないほうへ良くないほうへ考えが傾いていき、不安になる。一定の安閑な状況にあると、不安なほうへ、ストレスなほうへ、現状を悲観するほうへ思考が傾いていくのはおそらくヒトのDNAに組み込まれた、不安ストレスがより少ない場所を探求する生存欲求、生存競争の一作用であろう。

那須
鹿の湯への道中、那須の別荘地を通った。ブナ林が美しくこんなところにひっそりと住みたいと思った。スプロール市街地に生まれ育つと、海か山があるところがよいと思う。美しく見える一方で、海はフナムシ、山は毛虫にヤマビル、冬は雪と暖房費、季節を問わない地元民の排他攻撃。それらに市街地育ちには耐えられないとインターネットに書いてあったけれども…。

鹿の湯
鹿の湯着。内部は木造で風情がある。シャンプー石鹸使用不可。和彫りの人がいたから入れ墨は可かもしれない。鍵のかかるロッカーは小型かつ有料。湯船が6つあり、41℃から48℃まである。奥のほうにある高温湯船には鹿の湯シリアス勢が陣取って独特の雰囲気が漂っており、うかつなことをすると注意される、と、奥塩原の風呂で一緒になったおじさんに聞いたが、確かに奥のほうの湯船には近寄りがたかった。もっとも、42℃で熱いと感じるので奥のほうには行くこともないのだが…。

鹿の湯

ぬれ落ち葉
那須御用邸がすぐそばにあると、後で知った。那須、塩原周辺は景色が大変に良く、これからは季節ごとに通いたい。


餃子 正嗣
復路で正嗣のギョーザ。
白バイ
白バイがものすごい勢いで走っていったから事件か事故かと思ったら、スピード違反の取り締まりだった様子。三菱車に乗ったおじさんが取り締まられていた。国道4号は実態として準・高速道路なので法定速度以上で流れている。流れより少し速く走れば免停は免れない。取り締まりもはかどるだろう。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ