12.31.2015

年末日誌

空気入れ
ガソリンを入れたついでにタイヤに空気を入れた。前回入れたときから2ヵ月経っていないくらいだが、空気圧が結構下がっていた。自前の空気入れでなくガソリンスタンドのもので使い慣れていないものだから正確なことはわからないが、前回は2.3barにしたものが、1.9barとか2.0barになっていた(ように見えた)。空気が抜けたのか、気温低下で空気の体積が減っただけなのか、あるいは単に空気入れの使いかたがよくわかっていないのか。
乗っていると空気圧の低下は全く気付かなかった。また、新たに2.3barにしても変化は一切感じなかった。これまでに試した空気圧では2.4barにすると固く感じる(気がする)から2.3barあたりが乗り心地と燃費のバランスが最適と思われる。
ガソリンスタンドは洗車待ちで行列ができていた。年末である。

ネスプレッソ
今年は体調面からトライアスロンから遠ざかって、ピアノに接近した年であった。その移行の過程(と過労)で苦しんだ。苦しみばかりではいけないので楽しみ―「いつかはオープンカー」―を得るべくMini Convetibleを買い、幌車の楽しみ(と難点)を知った。ピアノ練はこれまでと比較すると熱量が高い。ローラーやスイム練で得た忍耐力が役に立っているのだろうか。

family
「将来どのように暮らしていくか」という若年時代の景色の広がりが消え、中年になった。「どのようなエンディングに着地すべきか」という、景色が狭まって収束していく段階にある。社会的地位を得たり立身出世したいと思わないこと、もっと良い生活をしたいもっとうまいものを食べたいもっとカネが欲しいと思わないこと(ポルシェは欲しいが…)、仕事や職業に人生の意義を感じたいと思わないこと、また、人生は一度きりであること、やり直しはきかないこと、「次回で挽回」ができないこと、ダンプにミンチにされたり頭の狂ったやつに野球バットで脳天を破裂させられたりSBI証券の損益の数字を見て心臓発作をおこして突然くたばらないとも限らないことなどから、人生で大切に思っているものを優先させるべきで、その文脈で、ピアノを弾いて過ごしたい、と改めて思う吉宗であった。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿