12.27.2015

平均律が難しすぎるよ(´・ω・`)

Untitled
私には社交というものがほとんどないから今年は忘年会が0回だった。人様の様子を見ていると週に忘年会を10回こなす過密スケジュールであったりする。
本来であれば安楽亭に行って焼肉をつつきながら一人忘年会とするはずなのだけれども、ポルシェ貯金中であり、ジャスコ袋めん換算で30食分―ランチで。夜なら100食分―の贅沢な食事はできない。もっとも運動習慣を失って食欲もないから安楽亭に行く気も起きない。
安楽亭に行ける程度に食欲を増すための運動量ですら体調に悪影響があるため、また、ピアノ練に時間を費やしているため、ほとんど運動をしていない。
ネスプレッソ
体調や趣味の変化でトライアスロンから離れていること、トライアスロンが縁で知り合った人が少なからずいたこと、トライアスロンが縁で知り合った人は皆いい人であったこと、社会的に有能な人であったこと、そのつながりで北海道旅行をした際にジンギスカン店で羊肉を一緒につついたことがあったことなどを思い出した。その有能そうな、一緒に羊肉をつついた人が最近になって夢に出てきて、何やら有能そうにビジネスのスキームを披露していた。すると一癖も二癖もありそうな(役柄の)三浦友和に猛烈に重箱の隅をほじくられてスキーム披露がガタガタになる、という展開となった。内心の底の底のほうでは、有能そうな人間がガタガタになるということに密かに喜びを感じているのだろうと暗い気持ちになった。
Fuga
そうした変化に悲しみをおぼえつつ、変化を受け入れつつ、平均律I No.1 Fugaの譜読みをしている。しかしながら、Sinfoniaからは難易度が上がり厳しい状況である。難易度が高いから進行ペースが遅い、難所に次ぐ難所でヨタヨタしすぎて響きや流れとして立ち上がってこない、立ち上がってこないから何を弾いているのかわからない、どういう流れなのかつかめない、どういう流れなのかつかめないから何をしているのかわからない、わからないからなお進まない、というどんづまりである。加えて「そういう無茶な動きはやめてくれ」という指のジャンプを要求する音符の配列になっており、厳しい。ここで一回Sinfoniaを数曲挟んでから再度平均律へ、ということも考えるが、今は我慢の時であろう。片手単独ではどうにか弾けるということは、指の運動性能が追い付かないわけではないので、両手で合わせるとヨタヨタのガタガタになるのをじっくり改善していけば…。
平均律がどんづまりなので、いろいろに暗い気持ちになるのだろうが、上達を感じないどんづまり感はSwim練に似ている。我慢していればスッと壁を越える瞬間があるはずなので、しばらくはFugaで。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿