11.16.2015

ネスプレッソ&棚

ネスプレッソ
グストを買ってネスカフェのコーヒーマシンが良いものであることを知った。家にはほとんどいないことから会社において毎日使っている。

グストが良かったことから、休日や夜のデカフェに家でもコーヒーマシンが欲しいな、と思うに至り、ネスプレッソを買った。ミルクは使わないので一番安いイニシアという機種。

ネスカフェのコーヒーマシンには3系統(たぶん)ある
  1. ネスプレッソ…カプセル方式。高い、うまい、いろんな味がある
  2. グスト…カプセル方式。ネスプレッソよりは安め、うまい、味の種類は少なめ
  3. バリスタ…インスタントコーヒー、安い、味はしらんが、素がインスタント
カプセルは、挽いたコーヒー豆をカプセルに詰めて密封して、そこにマシンでお湯を通してじょぼじょぼとカップにそそぐ方式。豆を挽いたり、搾りかすを掃除したりする手間をカプセルに閉じ込め、簡便さを持ちながらも味にも配慮したもの。
おおよそのコストであるが、ブラックで飲む場合、ネスプレッソは1杯80円前後、グストは50円強。
バリスタはそもそも豆じゃなくて粉というか粒というか、お湯に溶かすインスタントコーヒーで大変低コスト(5円なのか10円なのか20円なのか知らないが…)ながら、これは別の飲み物。

印象としてはネスプレッソはエスプレッソ寄り、グストはドリップ寄りに感じる。どちらもコーヒーの香りと味を楽しむタイプで、でかいマグカップでがぶがぶと飲むアメリカンタイプではない。


IKEA RAST 棚
マシンを置く台がなく、ぼろっちい道具箱の上において代用していたが見た目が汚いので棚を買うことにした。台くらいはDIYできるようになればいろいろと応用がきいていいな、と思うが、DIYするよりIKEAで買ったほうが安そうだったので、IKEAで台を買った…。世の中、すべてカネである。

IKEA RAST
IKEA RAST
DIYするなら板はもちろん、穴あけドリルやらやすりやら工具が要る。IKEAで棚を買うより工具代のほう高い。工具は一度買えばずっと使えるが、これまで生きてきて穴あけドリルを持っていないということは、穴あけドリルを必要としない生き方なのである。この先生きのこったとしても、何度穴あけドリルを使う機会があろう?
というわけで1500円の棚。組み立て説明書はこの上なく簡素。

ネスプレッソ
棚には本を収納できて良い。目的の半分は本の収納でもあった。
コーヒーマシンもちょうどよい具合に置けた。これで快適コーヒー生活が送れる。








にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿