10.02.2015

jog
半年以上前の足首の捻挫がほとんど癒えて、夏の暑さも過ぎた。走りやすい季節になったから走るようになった。晴れていれば週に4回、1回につき1時間をキロ7でジョギングしている。現状ではこの負荷が体調悪化しない範囲の上限だろう。GarminもRun Keeperもやめた。2千円で買ったシチズンの低所得者向け時計で走っている。これで十分だ。

味噌ラーメン
ジャスコの低所得者向けの40円の袋ラーメンを食べた。このところ、気分が塞ぐでもなければ憂鬱でもなければ、もちろん陽気でもなく、どの気分感情にも定着しない漂流感に満たされている。悲しくもなく、嬉しくもなく、目に見えている世界が少し遠い。



公園
公園にイスを置いて、QuietComfort25でノイズを消し、コーヒーを飲んだ。
新・平家物語
新・平家物語を読んでいる。清盛がすっかり年をとり、福原に居ることが多い。福原京も1000年前に滅んだ。後に神戸となったが、福原という地名は消えた。近代になってかつての福原近くに、福原という地名がつけられた一画が生まれた。現代の福原はソープランド街になった、とインターネットに書いてあった。
新・平家物語
新・平家物語は長編である。ようやく36%まで来た。諸行無常。盛者必衰。唯如春夜夢。偏同風前塵。

ラフマニノフ
電車で見たもの聞いたもの、インターネットに書いてあったこと、見聞きするもののほとんどが目耳を素通りしている。素通りさせながら、過去の記憶を懐かしく、鮮やかに反芻している。今起きていることに興味が持てない。多分、これから起こることにも。仕事で成功してカネを儲けてもうれしくないだろうし、無職転落で屋根を失っても悲しくないだろう。いや、実際にそうなればうれしいだろうし、悲しいだろうが、どちらにしても興味が持てない。
ラフマニノフを聞いた。手持ちのCDだが、誰の演奏なのか、知らない。

タルコフスキー 鏡
タルコフスキー大先生の「鏡(HDマスター)」を見た。打ちのめされた。記憶と願望と幻想と憧憬。地球人類史にもし何か誇れるものがあるとすれば、それはこの世に詩人を輩出したことだろう。

Tarkovsky Polaroids Instant Light
巨大な才能に打ちのめされ、ついで、タルコフスキー大先生の「Instant Light」をめくった。カメラマンが芸術写真集を作ろうとして苦心惨憺作ったものではなく、タルコフスキー大先生のポラロイド写真を並べたら世紀の芸術写真集になってしまった、というシロモノ。やはり打ちのめされた。才能も偉大すぎると鑑賞者の希望を殺す。

さいたま!
しょぼいやつほどでかいことを言う。何ヶ月か、クレーマー以外の人間と話をしていない。正直に言うと、孤独を感じている。孤独を感じながら周りをみると皆スマホをいじっている。スマホをいじっている姿は美しくないと思う。
しょぼいやつほどでかいことを言う。スマホをいじっている姿は美しくないなどと。

新宿
そのスマホで、たまにSNSで人様とやりとりをすることがある。人様から見ればなんということのない、短い、ささいなやり取りであるが、そこに人様でいうところの心温まるセックスのような喜びを感じている。

NNTT ラインの黄金
新国立劇場のラインの黄金、初日に行った。2階通路が立ち入り制限されていた。4階席4列目という最後列・低所得席だったから、何が起きているのかはわからなかったが、会場雰囲気から推測するに、国家元首クラスのVIPが公演を見に来ているようだった。皇太子ご夫妻が臨席していたと後で知った。

NNTT
歌手・演奏ともによかった。新制作というか海外プロジェクト移植というか、4年かけてリングをやるという。ともかく新しいリングだから力が入っているのだろう。いつだったか、ひどい手抜きトゥーランドットを見たことがある。このプロジェクトはそうではないらしく。
よい公演だったが、興味が持てなかった。ミーメにもアルベリヒにもヴォータンのような登場人物の情動にも、オーケストラによるワーグナー大先生の音楽にも、スウェーデンだったかフィンランドだったかの演出にも。
終演後、1階から出口に向かいながら、立ち入り制限されていた2階を見上げた。コワモテのSPにつづいて皇太子ご夫妻が2階通路にお出ましになるのを見て、VIPが誰だったのか、知った。


0 件のコメント:

コメントを投稿