6.09.2015


人様の様子を盗み見ていると、トライアスロンから引退をしたり、運動習慣を失っていたりしている。私はトレーニングに明け暮れる生活に肉体的に疲れてしまい運動習慣を失った。そののち、精神的にもすっかり闘争心や向上心が失われ、今になっても運動をすることへの情熱が蘇らずに、あの、運動を始めるまえの虚しい日々を、生きているんだか死んでいるんだかわからない日々を、歳だけとって、中年の危機の苦痛分を上乗せして、過ごしている。

トライアスロン畑から肉体的精神的に少しずつ離れ、GTA熱も冷め、少しつながっていたと思っていた世間からも離れてしまい、世間に対してただただ申し訳ないと思いながら、生きているんだか死んでいるんだかわからない布団と会社だけを往復する日々を過ごしている。無能、実質無職、世間知らず、モノ知らず、マナー知らずを思い知らされる痛みを感じるときだけ現実感を得る。

どこかの待合室でヴィヴァルディの春が流れていた。春を聞きながら待ち時間を過ごし、夏になった。くたばりたくなった。



0 件のコメント:

コメントを投稿