4.03.2015

独立


Inventionの声部をきちんと把握するため、右手左手を単独で弾いてみたところ、ヨタヨタと引っかかる。両手で弾いたほうがスムーズである。やはり思っていたとおり、左右の声部を独立して把握していなかった。右手と左手の独立した声部を、同時に弾いて音楽にしているのではなくて、右手と左手をセットで同時に動かす体操として覚えているに過ぎなかった、と知った。
加えて、指がうまく動かない、というだけでなく、頭のなかでさえ声部が再現できていないので、頭にある声部を指が再現しているのではなくて、勝手に動いた指が鍵盤を押してヘッドホンから音が出るのを漫然と聞いているに過ぎなかった、と知った。つらい…。

0 件のコメント:

コメントを投稿