3.20.2015

写真を飾る

2015-03-19
私用でなくIKEAに行くことがあったから、ついでに自分用の買物をした。この一ヶ月で5回か6回IKEAへ行った…。
買ったのは枕、枕カバー、額、電池。枕は高さがあって固めの1500円くらいのやつ。お試しで。体に合えばそれで良いし、合わなくても安価なのでダメージは少ない。
2015-03-19
額はNYTTJAという名前のもので、写真をいれて壁に飾るため。この世には写真を飾るという習慣があると知った。額もひとつにつき100円だったので4つを買った。お試しで。
買った額に入れる写真スペースは10cm15cmで縦横比2:3でちょうどである(スマホ写真は3:4が多く、一眼等は2:3が主流)。作りは値段どおりに安っぽいので大切に10年20年使う額ではない。写真を出し入れする裏側の作りは単純至極で、単純過ぎて最初はどう裏パネルを外せばいいか悩んでしまったが、裏の留め金は「おりゃ」っとひん曲げて裏パネルを外すのが正解である。写真を額に入れたら再度「おりゃ」っと留め金を戻すのである。数回「おりゃ」っとやると留め金は破断するだろう。やはり大切に使う額ではくて使い捨て型。
写真をプリンタで印刷してもいいのだが、専用紙が要るし、まずはお試しであるからキタムラでプリントしてもらった。10cm15cmだとハガキの大きさでピッタリ。ただ、枠が写真の周辺部5mmほどを隠すようにかかる。ややクロップされることになる。一眼系だとアスペクト比も2:3なので加工いらずで楽ちん。一枚につき38円。所要時間は10分20分。自前でやるよりキタムラでやったほうがいいかもしれない。あるいは、美術館などでイケてる絵葉書を買ってきてそのまま飾ったほうが…。
2014-05-03
実際に飾ってみてわかったこととして、ディスプレイで見るのとプリントして見るのとでは見栄えが全然違うということ。
プリントする場合に良さそうなのは露出を明るめにすること。黒はディスプレイでは締まって良く見えるが、プリントでは黒が黒いと黒いだけで写真としての意味が無い。それはなにかを意味する写真じゃなくて、黒でしかない。
というわけでヒストグラムで言えば上の写真は左の方に大きな山があるのだが、真ん中や右に山が来るような写真が望ましい。トーンカーブもS字ではなく逆S字が望ましいかもしれない。プリントに適した現像は、試行錯誤をする必要がある。



加えて、モノクロのほうが良いかもしれぬ、とも思っている。海の写真がキレイだからとプリントして飾ってみたところ、これがチカチカギトギトと青々しく主張してやかましい。目障りで邪魔である。部屋に飾る場合、いつでも目につくのであるからもっと地味な方がよい。
というわけで、低コントラストのモノクロがよさそうである、というところまでわかった。







2 件のコメント:

  1. たまごあたま2015年3月20日 20:46

    まさか…LEICA M Monochromお買い上げ?!

    返信削除
    返信
    1. えっ…?河川敷に落ちていれば拾いますが…。

      削除