1.31.2015

通過儀礼


IMG_20150131_085646
心拍計は不安定だった。実際の平均心拍はもう少し低い
Run60min
(雪)上がりジョグ。少々地面が凍っていた。濡れた路面に朝日に反射してまぶしかった他は、特になんだということもなく60分。



26世紀青年あの夏、いちばん静かな海。MUDなどの映画を見た。MUDは快作、ほかは良作、といったところ。北野フィルムは人によって好き嫌いがあり、さらに北野フィルムを好きな人でも作品によって好き嫌いがあって評価は別れるが、私が見た限りでは良作ではあるけれども目が飛び出るほどの傑作には思えず。ただし、私(イケメン)監督・ばんざい!を高く評価しているタイプの人間であることも言っておかねばならぬだろう。


26世紀青年
星3.2つ。賢い人間は子供を作るのを躊躇する一方で、バカがバカと子供をたくさん作って人類がどんどんバカになった26世紀を舞台としたコメディである。Idiocracyという原題の通り、プロレスラーにしてポルノ男優が大統領であり、スターバックスはアダルトサービス店であり、ゲータレードを畑に撒くので食物が育たない、というような小道具から街から世界観の全て、1から10まで作り物の世界でその労力、アイデアには感動するものの、話の内容としては平凡。


あの夏、いちばん静かな海。
星3.4つ。北野フィルム。1991年作品、時代はバブル景気最盛期である。ボディコン、ワンレン、アッシー、メッシー、ミツグ君、タクシーを呼び止めるのに百万円束をちらつかせる、ミラーボールがチカチカし、朝に8,000万円で買った土地が夕方には2億円で売れる、という時代背景があってのこの静かでミニマルな映画であるからその衝撃は計り知れなかった、と思われる。若者が失望の末に大挙して富士樹海で溶けている21世紀の今になってみるとその辺りの新味は感じられないが、やはり北野フィルム的な叙情が漂っている。通常の映画であれば当然あるべき説明、ディテール、感情描写などが一切省略されているところ、そして省略されながらも成立しているところなど、さすがである。人によっては北野フィルムで一番の出来と言うだろう。


MUD
星3.8つ。マシュー・マコノヒー。この俳優はコンタクト、インターステラーなど私好みの作品によく出ている。
スタンド・バイ・ミーとパーフェクト・ワールドを混ぜたような内容で特に新味や斬新なところはないが、しみじみとよい。子供から大人へと変わっていくと同じ街の景色も違って見える、まさにその瞬間を切り取った感があって、見ているといろいろと思うところがあってよい。快作だけれども、傑作の域には届かない感がある。
ミシシッピだかアーカンソーだかの、なんということのないアメリカの田舎町と風景がたまらなく美しい。作中の女性観が歪んでいるように見えるが、アメリカでは女性の汚い部分を知るのが少年から大人への通過儀礼なのかもしれない。



GTA5
GTA5を再開したが、おそらくプロ脚本家をたくさん雇っているのだろう、映画とくらべても脚本の出来がよい。また娯楽体験としては映画より上である。
映画というフォーマットでは先人たちがたいていやり尽くした感があって、新しい映画を見ても絵が新しくなっているだけで白人男性が殴りあったり、美男美女がベッドでプロレスをしたり、銃を撃ったり、犯人を追い詰めたり、何かが爆発するような、いつかどこかで見た映像コピペの寄せ集めである。どこかでみた旧作コピペ寄せ集めの新作群と斬新なキューブリックの図である。オペラが映画に駆逐されたように、映画もいつまでも安泰ではない気がするが、ゲームか何かによって駆逐されるとも思えず、見る客がいる限りはロボットが出てきたりベッドでプロレスをしたり男性が殴りあうようなコピペ映画が作られ続けていくのだろうか…。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿