1.19.2015

名古屋へいったよ日誌

2015-01-18
2015-01-18
関東の冬は他の季節に比べて大気が澄んでいることが多く、天気が良かったので富士山がよく見える可能性がある、と思い、三保の松原へ行くことにし、夜明け前に家を出た。静岡に向かう高速道路から富士山がよく見えたから空気の透明度は良いらしい。富士山近くを通っても、キレイに見えるのは5回に1回か、それよりも少ない。
2015-01-18
2015-01-18
道中GOLFちゃんがピコーンと鳴り、タイヤの空気圧が低下しているから空気をいれたまえ、と言ったから、ガソリンスタンドで空気を入れた。2.2気圧入れたが、その空気圧が正しいのかどうか知らない。そろそろ1年点検だからその際に見てもらおう。


2015-01-18
2015-01-18
2015-01-18
三保の松原着。松に天女の羽衣が引っかかっていて、田吾作が拾ったとか拾ったものは俺のものだの返すの返さないの返して欲しければ見返りをよこせのなんのという羽衣伝説の場所であり、能の「羽衣」愛好者にとっては聖地である。エレーヌ・ジュグラリスはこの地に憧れたが、ついには訪問できずこの世を去った、とインターネットに書いてあった。
言われなければただの松林に見えるが…。





海岸から眺める富士山。大変によく見えた。富士山が見えても雲がかかっていたりで、なかなかキレイには見えないようだが、この日は大当たりであった。

2015-01-18
海と松と富士山を一度に見ようとすると場所が限られるし、そうした場所からは必ずテトラポッドが見える。世界遺産がどうのと言う前に、みっともねー景観どうにかしたほうがいいんじゃないの?と素人考えが浮かぶが、このテトラポッドを含めたいろんな対策を講じてどうにか現状があるようで、ほうっておくと海岸の侵食は止められないようだ。治水が進んで河川からの土砂の供給が減ったとか、川の土砂をめちゃんこにすくって建築資材で使っちゃって今だけ俺だけ儲かりゃいいんだ後のことは知らね的な乱開発が原因となって海岸侵食が進み、既に海中に消え去った部分も多いし、もしテトラポッドが目障りだと撤去してしまったらすぐに海岸がなくなってしまうだろう、という話である。




2015-01-18








2015-01-18
2015-01-18
このまま静岡からさいたまへ帰っても良かったが、朝早くに出発したからまだ午前中だったし、興が乗ったので名古屋へ。名古屋には熱田神宮と名古屋城がある。
高速道路で名古屋へ。高速道路をボーッとしながら走るのが好きである。移動手段としてはハナクソだが、高速道路でボーッとする、という時間が好きである。
熱田神宮は初詣だろうか、大変な混雑で、駐車待ちの行列だった。しかたがないので少し離れたコイン駐車場から歩いて。名古屋だと都会なので地方性はない。灰色やレンガ色のビルが並んでいて、フォトショップ加工された美人女優の商業宣伝ポスターが貼ってある、日本全国津々浦々に広がるコピペ都市に見える。「おみゃあさん、うみゃぁ味噌カツ、くっとりゃあせんだぎゃぁ?」というような名古屋弁なども聞こえない。
しかしながら、誰がどう見てもヤのつく自由業の髪型・服装をなさった方々4名様が、誰がどう見てもピストルの入った重みのありそうな茶色のセカンドバッグをおのおの持っていらっしゃって、誰がどう見ても威風堂々たる歩き方をなさるその御集団4名様が、年季の入ったワゴンRに次々と乗り込んでいく場面を見た。これは地方性といえるだろう。モノホンはベンツやアルファードに乗るとは限らない。モノホンはワゴンRに4人乗ると知った。ワゴンRだからとバカにして煽ったりパッシングをしたりクラクションを鳴らしてはならないと知った。



2015-01-18

混雑する熱田神宮で参拝。重要三社というものがあるとすれば、伊勢神宮、出雲大社、熱田神宮だろうか。三種の神器・草薙の剣がご神体である。自称症状と独身がすっかり治るよう祈った。
これで重要三社―というものがあればだが―は全部回ったことになる。むふふ…。


2015-01-18
熱田神宮参拝も終え、そのまま帰っても良かったが、移動時間が短く済むようだったし、せっかくなので名古屋城へ。名古屋城は鉄筋コンクリートの再建ものだと聞いていたから期待はしていなかったが、楽しかった。鉄筋コンクリなのに敷地に入るだけで入場料がかかるので入るのにためらいがあったが、その価値があった。
2015-01-18
天守閣は鉄筋コンクリの再建モノだが、内部は6階建てか7階建ての名古屋城博物館になっており、最上階が展望室。京都の寺社のようにお高くとまっているくせに混雑して何も見えない、お高くとまっているくせに混雑で罵声が飛び交ってて風情もへったくれもない、というのではなく、見世物に徹しているのがよい。






2015-01-18
2015-01-18
2015-01-18
2015-01-18
名古屋城天守閣だけでもなかなか良いものだったが、現在本格的に木造再建中の本丸御殿が大変によかった。家康が作らせたらしいが、用途は将軍の御成専用御殿というのだから、いまでいうところの将軍専用ホテル(別宅)だろうか。内部の雰囲気もテカテカと蛍光灯で照らすのではなく、江戸時代の提灯照明風で薄暗い感じ。実際には蝋燭だともっと暗いだろうが、電球でもその雰囲気は出る。内装は将軍専用だけあって超絶豪華。キジやらトラやら松の狩野派襖絵などはため息ものである。2018年に全体の再建が完成するようなので、そのときには再訪したい。


2015-01-18
名古屋城はカラスが多い
龍が如く5で散々歩き回った名古屋繁華街へは、時間がなかったので行っていないのが悔やまれるが、一応これで日本五大都市(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)は全部行ったことになる。むふふ…。











にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. 本丸御殿、どえりゃー良かったきゃー?また来てちょーでゃー(^^)

    返信削除
    返信
    1. 名古屋の人も知らない人は知らないんじゃないですかね、本丸御殿の再建。完成したらまた行きます!

      削除