12.05.2014

ランナーの悩み

うんこはもれていない
Run57min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って二度寝。アラームが睡眠サイクルにとって悪い悪いタイミングだったこと、少しだけ疲労を感じたこと、そして寒かったことから起きることはできなかった。
Nike Flyknit Lunarで軽くジョグ。Sub4ペース。前回Run時に左外側くるぶし下あたりに違和感があって心配していたが、違和感は消えていた。
2014-12-04
いいですね、NOKTON Classic
数キロ走った頃のこと、通常のルートではトイレットペーパー付きのトイレまで残り4,5kmはある地点でうんこが出る予感がした。これは、外を走るランナーの避けられない悩みの一つである。トイレを起点とした周回コースや、トレッドミルならこういう悩みはないのだが、移動を兼ねていたり、自由ルートのRunでは…。
(イケメン)ほどのベテランともなるとその予兆を感じた瞬間に通常ルートを放棄してターゲットとなるトイレまでの最短ルートに変更する事ができる。この「予兆を感じた瞬間」が重要なのである。「腹が痛くなってきてから」とか「肛門ノックが始まってから」では手遅れである。手遅れとは、すなわち大惨事のことである。悲劇に涙した時、人は経験に学ぶ。
2014-12-04
いいですね、NOKTON Classic
走っている最中にうんこが出てしまうかもしれないという広範な悩みの少項目として、トイレまであと1kmとなった時のペース設定の悩みがある。これはうんこの硬軟具合、ノックの頻度&強度、個人差もあるだろうが、つまりは、残り1kmをキロ4半で行くのか、キロ6で行くのか、という悩みである。強度を上げればトイレに早く到着するが、腹筋が締まって刺激が強い。キロ6で刺激をしないよう走ればキロ4半より90秒長くかかる。私(イケメン)は今日、キロ6の低刺激を選択した。これはうんこが出てしまうかもしれぬという予兆の段階でコース変更ができたからである。コース変更の判断が1分遅れれば、キロ4半の脂汗コースとなっていただろう。あるいは、大惨事ですらあった。

対策
  1. 恥を忍んでコンビニでトイレを借りる。小銭かクレジットカードを持って買物をすると恥ずかしさが軽減される。
  2. スマホとスマホケースの間に紙幣を折りたたんで挟んでおくといざというときに役に立つ。
  3. トイレットペーパーを携帯する。ペーパーなしトイレが避難地点として利用できる。ど田舎ならいたるところに茂みがある。
  4. 般若心経を唱える。この世のことは全て実体がなく空無である。大惨事が起きたように思えてもそれは実体がなく空無である。色即是空 空即是色…



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿