12.16.2014

合コンでかわいこちゃんと仲良くなる

2014-12-06
1 Pat Metheny先生主催の茨城合コンでかわいこちゃんと仲良くなる夢を見た…。なにか、得も言われぬつらさ…。


Pat Metheny
2 Pat先生への愛が増している。一人よがりでもなく、こびるわけでもない、あの姿勢がたまらない。陽気なアメリカ人が汁っぽい果物にかぶりついてむさぼるように食べているような、幸せな表情でギターを弾きまくって、たまにピョンと少しジャンプするのがたまらない。
Pat先生のツアー・スケジュールや作品のリリース間隔を考えると、超絶多忙生活である。カネとか承認欲求のためではなく、シンプルに好きで音楽をやっているのだろう…。





Screenshot_2014-12-15-21-41-06
3 ただでさえ弱かったNexus5ちゃんの電池が、Android5.0にアップデートしてから輪をかけて弱くなった。ほとんどいじらなくても一日もつかもたないか、というところ。いじれば電池が減って、待機しているだけならあまり減らない、という一般的な状態ではなく、いじらなくても待機しているだけでバンバン減っていく、というのが現状である。これはAndroid5.0のバグであろう。
バッテリー消費状況を見ると"Android OS"と"Google Play開発者サービス"が狂ったように暴走してバッテリーのほとんどを消費している。5.0にする前はどちらも一桁%であった。
現在5.0.1が配られ始めたらしいが、それ以前に5.0の配布が一時中断してるよ説もある。ともかく5.0はバグ含みである様子。



2014-12-09
2014-12-09
4あなたへ」を見た。私は高倉健の業績をよく知らないのだが、大俳優とされる。その遺作。昔の任侠映画などで戦後昭和世代の魂に深く刻み込まれた人であるらしいが、私は黄色いハンカチや鉄道員くらいしか知らない。というわけで、思い出補正や昭和補正が効かないまま「あなたへ」を見ることとなった…。結論としては、駄作。
「妻の死後、妻から手紙が届いた。一通は故郷での散骨を願うもので、もう一通は故郷の郵便局留である…散骨のため、そして二通目を受け取るため妻の故郷へ陸路旅立つ高倉健」という興味をひくプロットであったが…。
富山だか石川だかの無個性のど田舎から車中泊仕様エルグランドで長崎・平戸まで行く、その道中様々な場所、人に出会っていく、という話である。話だけ聞くと楽しそうだが移動感があまりない。妻との思い出やら道中の名所やらが散りばめられているが、点と点で距離感も移動感もない。高倉健の拘束費用が捻出できなかったのか、各所でのロケが妙に薄い。また俳優陣が超絶豪華な割に、目玉シーンとなるべき情景が妙に嘘くさい。たけしと人生観をしみじみと語る場面などはカラーグレーディングが嘘っぽい上に背景合成ではないかと…。もっと安価な俳優陣にしてロケ代や高倉健の日程拘束費に使ったほうがよいのではないか、など、画面上の安っぽさだけでなく、物語の核心となる妻からの二通目の手紙に関しては、ほとんど意味不明の域である。説明もなく肝心な物語の終結に向かって尻つぼみ、おまけにセコいCGである。「曖昧ながら美しい余韻」とか「これはアートだ!映画文法の解体だ!」とか「鑑賞者それぞれの心のなかに結末はあるのです」と言ったものじゃなく、単に説明不足の意味不明である。もちろん、説明不足を楽しむタイプの映画では全然ないのに、である。とはいえ、観光地巡りとして見ればひどくつまらないわけではないし、キレイ事を並べて顧客からカネをむしるだけむしって、いざという時に難癖をつけてカネを払わない生保会社がスポンサーになるような2時間TVドラマならそれなりの満足感はあるだろう程度の出来は確保している。映画としては低水準であるが…。
エルグランド内でカセットコンロを使って野菜炒めか何かを作っているシーンがあったが、あんなふざけたシーンもないだろう。生ごみ処理が大変だし、一酸化炭素が危ないし、油膜で窓がギラギラして運転できなくなる。劇中、オートキャンプ場が出てくるのだから車内でなくそこでやるべきシーン。
星1.5つ。


2014-11-27
5 パワータップを買おうかと思っていたけれども、体調がまた悪くなってきた。何ごとも色あせて味けない。パワー計どころではなくなってきたので先送り。
体調チェックで30分だけ最低強度のローラーをした。大河ドラマではやっと石田三成が成敗される段階に入った。みっちゃんは調子こいていたのではやく三条河原で晒し首にされてほしい。次回京都に行ったら六条河原から三条河原を散歩したい。







トレーニングは、欲ばって長い時間を何とかこなすよりも、慎重にセーブしながら行ったほうが、効果が挙がります。―――トライアスリート・トレーニング・バイブル―――





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿