11.26.2014

フェアであろう


2014-11-25
雨が降っている。ジョグができないのだからローラーをすればいいのに、なかなか起きられるものではない。舌をこんにゃくゼリーみたいに噛んだり、小学校の持久走に飛び入り参加しようとして非難される夢を見た。レンズの夢も見た気がする。
雨だから、疲れを取りたいからとレストをしているこの数日の間にドン・カルロの予習が終わり、さらには龍が如く5をかなり進行させることができた、というより、5分か10分やってセーブをしてやめるつもりだったものが、大きな展開のパートに突入していまい、1時間ほどセーブポイントがなかったので、やむなく進めざるを得なかった。もう1年くらいやっていて、ようやく物語全体の90%くらいまで進んだだろうか。さっさと龍5を終わらせたい…。
なお、予習を終えて、ドン・カルロは地味ながら重層的で深みがあるため予習の欠かせない演目であると知った。誰もがフェアであろうとしながらも、現実は厳しく悲劇を迎える、というヨーロピアン・ペシミズムが美しい。観劇が楽しみ。




Swim2600m
就業後、プールへ。金正恩のような体型になってしまい、プールにつかると水がざぶんとフチからあふれてしまう…。つらい…。
  • アップ500m
  • キック300m,ドリル100m
  • パドル&プルブイ100m2:00サークル×12(90秒前後戻り)
  • ダウン等500m
メインセットはラスト1本は90秒切り。他は90秒前後。体感強度はきつめ。腕肩がきつく、心肺は一段の余裕あり。メニューの外見だけは全盛期に戻った。内容は論外だが…。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿