10.21.2014

プライオリティ


2014-10-20 さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会
銀座 地価がめちゃんこ高く、タイル一枚分で田舎の山が買える
先日のことになるが「さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会」のシーズン終了打ち上げを、銀座で行った。
会員C会員Yも充実したシーズンとなったようでよかった。会長(イケメン)は残念な一年であったが…会員の充実を祝うことができることだけでも幸せである。
「ドミノ・ピザはピザにあらず、サイゼリヤはイタリアンにあらず、それらにニコニコしている者は人にあらず」と、酒池肉林王Cが言っていた。ドミノ・ピザがピザでなかったこと、サイゼリヤがイタリアンでなかったこと、それらにニコニコしている私(会長)が人でなかったことを知り、何もかもがショックだった。
林檎神社が光り輝いていた。



2014-10-20
銀座の牛丼店・松屋はこのようにシャレている  バスも外国風である
このところ、撮影に出かけたり、あれやこれやで忙しい。自由になる時間でやっておきたいことがたくさんあるが、なかなか時間が取れない。寝に帰って朝起きたらすぐ出かける、というハナクソみたいな日本式生活をやめたいところであっても好むと好まざるとにかかわらずやめられない。
  1. トライアスリート・トレーニング・バイブル
  2. ドン・カルロ予習
  3. カラーコレクションハンドブック
  4. 悲しき熱帯
  5. 部屋のモノ減らし、処分、断捨離
  6. 龍が如く5
  7. GTA: SA
  8. GTA5
これらを進めていきたいのだが、まるで進まない。1と3は紙で大きな本だから持ち運んで細切れに読むことができないし、3は全力集中しなければ読めないシリアス本だし、4は部屋に居ないとできないし、2,5,6,7も部屋で腰を落ち着けないとできない。ドン・カルロは全く馴染みがない作品なので、一からの予習となる。4についてはやはりCanon EFシステムの全処分を考えている。6DにEFレンズ4本の処分である。私の持っているカメラ機材では最も性能が高いが、使用頻度が最も低い、というかゼロに近い。使用頻度がほとんどゼロなのだから無くても構わないはずなのだが、売るには抵抗がある。手放すこと自体を恐れているのだろうか…。これをバサリと切れれば、明鏡止水の心持ちになってほかの諸々の処分も進むのではないか…。




2014-10-16
BMPCCは私には使いこなせないだろうが、むくむくとレンズ欲だけは湧き上がる。断捨離を進めたい、と言ったそばからむくむくと物欲がわく。恐ろしいことである。
思考能力が低いため、プライオリティを付けないと頭のなかが混乱してしまう。
  1. Lumix G X Vario 12-35mm f2.8
  2. Leica DG SUMMILUX 15mm f1.7
  3. M.Zuiko ED 9-18mm f4.0-5.6
  4. Lumix G Vario 14-140mm f3.5-5.6
  5. SLR Magic 12mm T1.6
  6. Leica DG NOCTICRON 42.5mm f1.2
  7. Leica DG SUMMILUX 25mm f1.4
と、ざっとこのくらい。少なくとも12-35mmはBMPCCの実質メインレンズであるから欲しいのだが…。現有の14-45mmと14mm単でも十分な気がするし、そもそもBMPCCは使いこなせないからタンスの肥やしになるだろうから、全部いらない気もする。
それと、14mm単は軽くてよいから、14mm単にボディを生やしたい気がしてくるのが恐ろしい。余った自転車パーツからフレームが生えてくるような現象であろうか…。






にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿