10.17.2014

未来のことを考えると無職まっしぐらな予感に不安になる

2014-10-15
Waveは快適な音がする
眠りが浅いような、普通のような、7時間弱寝て起きた。昨日、短時間ながら強度を上げたため倦怠感がでるのではないか、と不安に思っていたが、幸いにも自称オーバートレーニング症候群の症状はなく、調子が良い朝である。量をこなすなら強度を落とし、強度を上げるなら量を減らす、ということを徹底して自称症状から回復をしていきたい。
目覚ましがなる前に起きてしまい、再び眠れる感じもなかったから布団の中でPat Metheny Groupを聞きながら、カラーコレクションハンドブックを読んだ。初期Pat Metheny Groupの底抜けのさわやかさ、カラーコレクション本の有用さ、自称症状からの回復の予感に、気分の良い朝だった。




2014-10-17
Nikonは邪教 Canonは正教
引き続きBMPCCをいじっている。SIGMA DPと同じように、バッテリーがすぐに無くなる。これまでも追加しておりバッテリーは3つ持っていたが、それでも不足するので、またひとつ買った。今回はBlackmagic Design社純正のものでなく、Nikonのもの。このEN-EL20とBlackmagic純正が互換する。サードパーティのとても安価な互換バッテリーもあるが、今のところそれに手を出すつもりはない。またSDカードも64GB、1枚(ProResHQで40分強)では足りない気がするが、高速カードは高価なのでポンと追加はできない。私の使い方だとバッテリー1つにつき、10分の動画は撮れない、あるいは撮れるか、という具合。実際に撮影しているのは1回につき10秒とか20秒が多いが、フォーカス、絞り、露出、水平出しにもたついている間に電池が減っていく。
2014-10-17
純正品下部に"FOR EN-EL20"とある
これでバッテリーは4つになった。Nikonの方はBlackmagic純正のものよりやや長持ちする、という説があるが、体感としては変わらぬ、という説もある。撮影中バッテリーが切れる時、ハッキリとした予兆がない。まだいけるかな、と思った矢先にプツッと切れることもある。もうダメかと思ってから粘ることは…あまりない。ダメそうなときはもうダメである。Nikonの方が少し長持ちだよ説が本当なら「あと10秒粘ってくれたらよかったのに!」という場面を救ってくれるかもしれない。
ボルトやアンペアやワットアワーの数字が両者で違う。電気の知識がないのでその違いの意味はわからない。
価格はNikonの方が倍額に近い、というか、追加バッテリーとしてはBlackmagicの値付けが良心的。追加バッテリー商法をする必要がないのだろう。安価なバッテリーもBMPCCも何もかもが、DaVinci Resolveシステムへの撒き餌である。



Swim2000m
  • アップ500m
  • フィンガーパドル&プルブイ500m
  • 100m2:00サークル×5(プルブイ混ぜ)
  • ダウン等500m
強度低め。100mサークルでも戻りはせいぜい1:40弱。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿