8.26.2014

口直し

Akita
サドルを2mm上げた。体感できるかできないか微妙な上げ幅。Tritoneに変更してから股間の圧迫が減りArione Tri時代より前乗りができるようになった。前乗りができるようになるとBB股間角が大きくなりサドル高は上げねばならぬ。もう1mmか2mm上げることになるかもしれない。
サドル高を云々する以前に自称症状で汗ばむ程度以上には乗る事ができず、ぐったりとしている。


2014-08-26
ぐったりとしながら、6D+EF24-105mm F4Lを首から下げてみた。重い、でかい。唯一保有するLレンズで写りはよいのだけれども、今後これを首から下げて使う機会を想像できない。京都旅行には6D+EF40mmだったが、あのくらいの大きさが限界である。使う機会がなさそうなものを持ち続けるのも無駄に思える。
α7からペンタプリズム風の飾りを省いたフルサイズNEXの噂が出ていて、それが出ればCanonシステムを全処分して移行するかもしれない。α7だとそう軽くも小さくもないので移行する決心はつかない。
私の使い方だと、光学ファインダーは要らない。電子ファインダーはあってもよいが重くなるくらいならなくてもよい。チルト液晶はあってもよいが重くなるくらいならならなくてもよい。
ネコだのインテリアだの妻だの子供といった被写体がないからそもそもカメラなどいらないのかもしれない。全部Nexus5のひどいカメラでいいのかもしれない。そう思うと、つらい。



ノートルダム秋田
REGZA前のイスに座ってぐったりとしながら、Parsifalの第3幕前半を見た。愚者が聖者になって帰ってくるというか、王の帰還というか、"あの槍"を持って救い主がやってくるというか…。マグダラのマリアのように髪で足をぬぐっちゃうような感動的な展開。場面転換の音楽の前に、すでに泣いた。イタリア・オペラを観に行ってから帰宅したトーマス・マンが口直し(!)にこの3幕前半を聴き「やはりこれに限る」と言ったとか言わないとか。イタリアンの口直しにワーグナーという…。



80分走った。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿