6.10.2014

DHポジション修正へ

2014-06-09

恐怖が文化的・政治的武器として利用されている世界に対して、ニュアンスやディテールの欠如が良しとされている世界に対して、一生涯かけて努力し達成した偉業を軽んじる価値観に対してプロテストする―Pat Metheny

昨晩、気晴らしに龍が如く5を引っ張りだしてやってみたが、ピクリとも面白くないビリヤードをやらされて作業感に耐えられず5分でやめた。そしてThe Way Up Liveを見た。こちらはノンストップで最後まで引き込まれた。Pat Metheny先生は偉大だ。
Pat Metheny先生(とLyle Mays)が偉大だ、というのはギター演奏水準が高いとか、グラミー賞常連でエライとか、そういう意味ではなくて、音楽を通して何を描いてみせるか、という点で。個人的な印象として、Pat先生の音楽からは「この世のものとは思えない美しさ」とか「豊かな詩的イメージ」は感じないのだけれども、Pat先生的なサウンドというものが確立されていて、その安心感というか信頼感といったらない。いつ取り出しても安心して聞ける。
ジャズ界からはロック臭いと、ロック界からはジャズ臭いと、ポップス界からは歌が入ってねえと、ギター界からは囚人服がダサいと罵られがちであるが、そういう雑音とは関係なく集大成的に作ったのがThe Way Upであった。Live映像を見る前の、CDで聴いていた頃は、この70分ほどの、Patサウンドにあふれた巨大な曲は、スタジオ録音でのみ成立するものだろうな、ほとんどがコンピュータでの打ち込みなのだろうな、と思っていたが、巨大で複雑な曲を、そのまま実演しているという…。巨大な曲の構成、サイドマンの構成から考えて再演はまず不可能であろう。Pat先生ほどのトッププロであってもこのツアーのために相当な努力を要したようである。年単位で積み上げて出来たパフォーマンスである。オリンピックをターゲットにしてきたアスリートが到達する再現性のない高み、という感じ。
それにしてもファッションはダサい。お前それ、高校の時から着てるやつだろ的な20年モノのくたびれた私服みたいなのを着ている。意図的にああいったダサい服をオーダーして着ているのだろうか…。
The Way Up Live——星4.8つ。




2014-06-10
Bike30min
少し自称症状が良くなったかと思っていたらまた疲れが溜まってきていてひどくだるい。だるくなるほどの運動量、負荷はしていないはずで、このままでは本当にDNSである…。
それはそれとして少しローラー。サドルをTritoneにしてからフォームが変わったようでポジションにも違和感が出てきている。

  1. Arioneより股間(と玉)の圧迫が減ったためより前乗りになり、胴/ももの角度が大きくなった。前乗りになったのにハンドル/ひじパッドが同じ位置なので窮屈に感じる。
  2. ストレッチで柔軟性が増したのか、胴/もも角度が大きくなって楽になったのか、もう少しひじパッドを低くしてもよいのではないか、と感じる。

というわけで、自転車をこぐ体調でもないし、動画を撮りつつポジション調整を。どうもサドルが低すぎたようで、膝が曲がりすぎているような。サドルを5mm近く上げた。5mmだと体感できるレベルで違和感があるが、当面慣れるまではこのくらいで。そして3T Brezza II Riser Kitを外し、ひじパッド&エアロバーを1cm下げた。下げると空力が良くなるが、快適性も下がる。動画を見る限り空力が悪そうだし、下げても良いのではないかという感覚が以前からあったので、1cm下げてしばらく様子を見ることに。下げてからほんの少しこいでみたが、つらいという感覚はなかった。
しかし、ひじパッド位置は遠くなったわけではなく窮屈さは変わらないので、ハンドル自体を前方に出すため、1cm長いステムを注文した。さらにもう1cm長いものが必要かもしれぬが…。
Duraグリスは自転車民必携




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. この月曜に至って、かぼす師匠からPower Macxで強烈なダメ出しをくらいバイク関門突破は諦めた私ごときが言うのもですが、

    だいぶDHポジションを変えられたんですね。ステムの長さがゆうさんの身体に合うと良いんですが。
    自分もロードでステムを変えた途端、身体がすっぽり収まった経験を思い出しました。

    もう、ランカウイ照準ポジションでしょうから、ゆうさんの実力を充分に発揮出来る位置が決まることを願っています。

    あと、ゆうさん。ランの後に膝から下でアチコチが痛くなるようですが「自分の足に本当に合ったシューズ」でしょうか?

    「本当は合ってないシューズ」を履くと、足の方がシューズに合わせようと頑張って無理な負担がかかり、痛みが出ますよね。
    私も合わなかったり、くたびれたり上手く紐で締められなかったりしたシューズで痛みが出ます。
    あとフォームも昔捻挫してknee in toe outなので、上手に走らないと右足の膝から下とどこかに痛みが出ます。

    どれも、ゆうさん程の方なら全て承知のことでしょうが、いつも痛そうなので気になった次第です。

    返信削除
    返信
    1. hiromiさん、こんにちは。いよいよ、ですね。バイク、随分弱気に聞こえますけど(汗)


      サドルを変えたら股間が楽になったんですが、従前のサドルのフォームを引きずっていたみたいで、ここにきてようやく新サドルを活かせるようなフォームに移行できつつあります。その過程でハンドル&ひじパッド位置も変わってくるみたいで。


      私の足はwidthが細くて欧米足幅women'sを輸入するしかなくて選択肢が限られてるんです。これまで試した中では今の靴が一番いいです。サイズ、足型、履き心地ともピッタリです。だけど本当にこれが足&フォームに合っているのかどうかは分からないのですよね…。合っていると思いたい…。
      本当はアシックスを試したいのですが、アシックスは個人輸入がちょっとハードルあるんですよね(>_<)

      足が痛いのは、翌日には治っていることがほとんどで、数週間コースの故障になることは少ないとは思います。
      最近ではフォアフット、ミッドフットになってきていて踵を使わないので、そんなに靴と足の相性はないと思いますが、絶対大丈夫って確信はないです…。

      削除