6.03.2014

ダンディズム

2014-06-02
ヤングセンター(鉄輪温泉)
Run54min
昨晩20時20分頃、早く寝て疲れを取ろう、さっさと寝てしまおうと、寝る準備として歯を磨きながらボーッと花も嵐も寅次郎を見ていた。舞台は大分だった。私も先日大分へ行ったのだった。あの頃は、泳いだり走ったりができたのだった。
かわいこちゃん役が田中裕子。このくらいの年代(1982)の作品になると、知っている俳優ばかりになってくる一方で、寅さんの役年齢も上がってきており、かわいこちゃんに惚れて振られる、という単純な役回りから胸に火を灯しつつも一歩二歩引いて、かわいこちゃんの幸せを願ってさらにもう一歩引く、というダンディズムに舵を切っていて、身につまされる。今回は沢田研二演じる純情素朴なイケメン青年役(まるで私である)を、かわいこちゃんにくっつける役回りであった。ラストで寅さんがとらやを去るときのセリフが胸に刺さる。私も年齢的に寅さんの方にシンパシーを感じるようになり…などと思いながらいつの間にか最後まで見てしまい22時頃、ようやく布団に入った。傑作。星4.6つ。
2014-06-02
別府
寅さんを見ながら、おかしいシーンで何度か笑った。数週間ぶりに笑った、と気づいた。そして少しストレスが緩和されたのを感じた。自分の加齢臭には自分では気づかないのと同じようにストレス爆心地に居るとストレスに被曝しているのかどうかがわからない。
朝、起きて、11km走った。体調は良くないが、悪いというほどでもなかった。




Swim1500m
疲労を溜めぬよう、フォーム意識泳を中心に。左ブレスがヘタクソだが、首の角度と唇の形を試行錯誤したら少し改善したような。



だったらおまえ、がんばれよ。こんな不器用な男だって一目惚れの女にさ、苦心の結果、明るく楽しい家庭を築いてるんだから。なあ?そこいきゃおまえ、まあまあのツラしてるんだしさあ。自信を持てよ――男はつらいよ 花も嵐も寅次郎――


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. わぁ!びっくりしたぁーΣ( ̄□ ̄)!
    そうだよ、ついこの間ゆうさんと歩いた、ヤングセンターのとこやん!蒸し湯から登り坂に出た所。そのまま上がって足湯に浸かって、地獄蒸しのサツマイモ食べたよね~♪(〃'▽'〃)スッゴく楽しかった♪湯けむりも湯治宿の間を抜けて坂を上がった、あそこからかなぁ?楽しそうな映画だね!近所だし、観たくなった♪(≧∀≦)

    また、のんびりてくてくしたいなぁ♪(〃'▽'〃)

    返信削除
    返信
    1. その節は本当にいろいろとお世話になりました。大変よい思い出になります。どうもありがとうございます。

      映画では湯平がメインの舞台でしたね。あとホーバーフェリー乗り場でホバークラフトが出てきましたよ!あれは珍しいですね。

      削除
  2. 水中撮影しらべてて、
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6zHIrlcLoW8
    拝見。プル後半の掌が上を向いて力逃してる感。もう少し長い時間、後ろ押せるとスピード上がるでしょう。横浜一度いってみます!

    返信削除
    返信
    1. ああ、これはハッタリ先生…こんなところにまでお出ましくださって恐縮でございます…。

      プッシュがもう一歩って感じでしょうか。気をつけて試行錯誤してみます、ありがとうございます!

      削除