6.15.2014

ポジティブなスタンスを取るべき

2014-06-12
昨日程度の負荷、量でも体調が悪くなる(最悪レベルでは全然ないが)、という非情な現実を見ると、LangkawiのDNS―DNSでもホテルもヒコーキも払い戻されないので観戦・観光には行くと思うが―を現実のこととして受け入れて、それを前提として2015年以降を次戦と考えてもっともポジティブなスタンスを取るべきではないか、というフェイズに入った感がある。Langkawiに費やしたカネはパーだ、今シーズンはパーだ、と嘆くことよりも―しばらくはそのようにしくしくと泣いて心理的な段落を設けるべきだが―12ヶ月以上の準備期間を得た、と言い換えることもできるわけで。なんであれ、明日病院で各種検査を受けたい。
スタートラインに立てただけでも勝者であるな、とバラモンキングの速報を追いながら、しみじみと思った。



午前10時、コートジボワール戦のキックオフと同じ時間に、某コンサートのチケットを取ろうとコンピュータに張り付いていた。皆ワールドカップを見ているだろうし、余裕のよっちゃんで取れると思っていたところ、ログインに手間取って―ログインなどはあらかじめ済ませておくべきを―1,2分出遅れ、希望日希望席は取れず。希望しない日、希望しない席は取れたが、希望した安い席の倍額となった。倍額でも安い席同様の4階天井桟敷。
日本代表も負けてしまった。現実は非情である。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿