6.01.2014

願望でなくセオリーに従って

いつになったら疲労が抜けるのだろう…泣
Bike45min & Run51min
もう数ヶ月単位で疲労が抜けない。このままではLangkawiはDNSにならざるを得ず、対処をせねばならぬ。トレーニングの量を減らし、負荷を下げる、というのがセオリー。しばらくはLSD以下で短時間でつなぎ、回復を待つ他ない。
というわけで、LSD以下の負荷でちょろちょろと様子見ローラー。体調は良くなく、エネルギーが湧き上がる感じもないが、ひどい倦怠感があるというほど悪くもない。最初から最後までインナーロー。
ルリコンを塗ってジョグへ。Sub4ペースでチンタラと。やはり体調は良くなく、ペースを上げたくもならず、かといってひどい倦怠感があるわけでもなく。楽ではない。



疲労感があり、日常生活も運動中もつまらない。人生を楽しく過ごすためにトライアスロンをしているのであって、疲労感や倦怠感に苦しむためにやっているわけではない。ダンプにミンチにされたりタイヤをハスってクラッシュしたりバトルで溺死するリスクを受け入れて得るのがこのつまらない倦怠感である、というのは全く愚かである。これならツタヤでスパイダーマンのDVDを借りてきて部屋で股間をかきながらボーッと見ていたほうがCost-PerformanceもQuality of Lifeも高く、安全である。
せめて「ああ、気分がいいなあ」とか「苦しかったけれども楽しかった」と思えるくらいでなければならぬ。現状では、ミンチになるかもしれないのに不快で、つまらない。









それから急に声をひそめて、彼女は言った。「いまお待ちの男性は、お気の毒にほんとうにみじめで孤独な方なの。何分かそうした愚痴を聞いてさしあげればいいだけ、それだけですのよ。長くはかかりません。早目にお帰りになっていただきますわ。――充たされざる者――



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. う〜む負のスパイラルに落ちているような…。
    とりあえずスパイダーマンのDVDを観ながら股間をかきましょう。
    問題はそれからですwww
    1. リスクの多いルートのバイクトレをやめる
    2. 行って楽しいルートをさがす
    3. 過去のIromnanのDVDを観てモチベーションUP!
    腰痛で何をやっても「辛い、痛い」ボクからみるとイケメンさんは全然大丈夫。
    あとはモチベーションをアゲることが必要なのかな?

    返信削除
    返信
    1. 体もそうですが精神面でも疲れているようです。日常生活に組み込まれちゃうと気づきにくいものですね。

      自転車ルートはなかなか良い所が少ないんですよねえ、これが。埼玉の自転車乗り定番コースでも十分に危ないっていう…。ただ、都内の東のほうの都心よりはましですかね。

      Akiraさん、腰の調子悪いようで…腰は結構長引くみたいで大変ですね…。

      削除
  2. どこでもいいから美しい海岸線を海鮮グルメ&温泉ライド~♪(゚∀゚ゞ)
    「あー!自転車って楽しい!(≧∀≦)」から、再スタート♪(*^▽^*)

    返信削除
    返信
    1. そうですよねえ、楽しくないといけませんね!

      ちなみに埼玉は海ないっすから。海岸は1cmも存在しないっすから(泣)

      削除