5.09.2014

【EOS 6D】大阪・京都動画【EF40mm】


GW明けは、大阪と京都で撮ってきた動画をネチョネチョといじくりまわしていた。
出発前は写真を撮ろうとか、動画を撮ろうとかは、特に何も考えていなかった。が、終わってみれば写真はほとんど撮らず、動画ばかりとなった。せっかく素材が集まったので、つなぎあわせていつものワンパターンで細切れ動画を作ってみた。写真と動画では撮影時の脳の使い方が違うようで、両方を撮影する、というほどの能力も情熱もなかった。
GWの本来の目的は、ボーッと木陰でKindleをいじりながら充たされざる者を読んだり、ボーッとプールに行ってはだらだらと細切れにチンタラ泳いだり、ボーッと温泉銭湯に入っては「げはーっ」などと声を出して体をダボダボに溶かしたり、ボーッと松屋に入っては豚焼肉定食をペチョペチョと食べたり、ボーッとカプセルホテルで寝っ転がって何もせず何も考えないでさいたまの日常生活を忘れて過ごすことであったが「疲れてるけど、動画を撮るためにちょっと出かけるか」など、結局は多忙となってしまった…。
iMovie'11かMac miniのどちらが悪いのか知らないけれども、6D動画をiMovieに読み込むことからしてまともに進まなかった。細切れ動画をたくさん撮り、合計で1時間強になったようで、そのうち長さが1分を超えるようなファイルは読み込みが完了せずiMovieが強制終了してしまう等。そういうファイルは使うところだけを6D側であらかじめカットして短くして読み込ませた。読み込ませるのも10秒のファイルに数分かかるなど、読み込み終了までに結局24時間を要した。
一旦読み込ませてからの編集はそれほど苦はなかった。何度か細切れ動画を作ってきて、作業にある程度慣れた。
今回は、というか今回も、だが、YouTubeで配っている著作権フリー(?)のお気に入りのBGMを使った。この音楽がお気に入りであるから、この曲の長さ(4分強)に合わせて動画を切り貼りした。どうでもよいシーンが採用され、観光名所がボツとなるなど、なぜそうしたのかは自分でもよくわからないが、私の能力からすればそれなりに形にはなった。当初、ただつなぎあわせたところ、本当にただのつなぎあわせにしかならなず、ひどいものだったので京都終盤の風や緑をクライマクスと設定してあとは都市的イメージや移動イメージで挟む感じにした。おおむね旅行の時系列にそってはいるが、絵面を整えるために別の場所のシーンを引っ張ってきて挟み込んだりはしている。例えば、後半のおみくじが風に揺れるシーンは清水寺周辺ではない。
似たような構図ばかりなのは、能力が低いからである。それとVelbon CUBE(お手軽三脚)の性能上、撮りたいけれども撮れない、と撮影を諦めたことはあった。今思えば、カメラ背面(液晶面)を地面において真上を撮る、などのアングルは三脚がなくても出来たな、とは思う。
機材はCanon 6DEF40mmで、Velbon CUBEとの結合にはクイックシューで。こうすると三脚の脱着が瞬時にできて何かと便利である、というか、もはやクイックシューなしには出先で三脚は使えない。Velbon CUBEはコンパクトカメラ使用を想定している三脚であるが、6DとEF40mmの軽量コンビならどうにかなった。
撮影はマニュアルモードがほとんど。6Dの動画は、おそらく「オート」と「マニュアル」の2つである。絞り優先とかシャッター優先はない。できれば絞りは開放で使いたいのが素人のお定まりなので、絞り開放にするにはマニュアルとなる。ISOをオートにし、シャッタースピードはその時の光の具合の応じて適当に。するとマニュアルとはいえ、光量がだいたい一定の場面ならピントを合わせるくらいで済む。ピントもマニュアルが多かった。ライブビューのコントラストAFは信用ならないし、トロいので、マニュアルのほうが…という…。
40mmという画角は使いやすかった。EF40mmは特に特徴もないので、描写が楽しいだろうNOKTON classic 40mm F1.4を使いたい、と恐ろしい考えが浮かんだが、これはまずい。カメラボディもレンズアダプターも全部新調しなければならない。河川敷に落ちていれば拾いたい…。



というわけで、YouTube動画。
スマートホンやタブレットでは表示されないかも。YouTubeページはこちら



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8 件のコメント:

  1. 風景の切り取り方もアングルも、素晴らしい才能ですね!NHKでもここまでの映像はなかなか…( ̄◇ ̄;)

    返信削除
  2. 画像が綺麗。見事な美意識、羞恥心、訴求感もあり。画像がシュールになるのは性格か?

    素晴らしいです。楽しませてもらいました。

    返信削除
    返信
    1. あつめしさん、ありがとうございます。機材がよいので、それなりに見えますね。

      削除
  3. 旅に求めるスタイルが、なんだか沢木耕太郎の「深夜特急」を思い起こします。
    マラソンやトライアスロンを始める前は、これを鞄に詰めてアジア・ヨーロッパを一人旅してて、なんだか懐かしく思い出しましたよ(笑)
    今夜はランカウイがテレビで紹介されますね。マレーシアで行きそびれたのもあり、観ようと思います。

    返信削除
    返信
    1. hiromiさん、ありがとうございます。さっそく録画予約をしておきました(笑)
      名著らしいですね、深夜特急。まだ読んだことがないので今度読んでみます。一人旅の話をゆっくり聞いてみたいっす。

      削除
    2. それとほんとはバリとかサイパンのリゾート行きたいっす。ひとりでは行きづらいっす><

      削除
  4. 冒頭の大阪の荒廃感は普段なにげなく見過ごしている地元民からば、大変新鮮で、や京都の観光地も斜め視点で単なるお上りさんでないクール感がなんとも素晴らしいんです。

    返信削除
    返信
    1. Masaさん、ありがとうございます。動画編集は静止画とは全然ちがうもので、面白いものですね。ちょっと撮影とか作業が大変ではありますが。
      来日中だそうですね。ぜひブイブイいわしちゃって日本式HENTAI文化を楽しんでください。

      削除