5.30.2014

競技水準が異なる人様の様子を見て羨む

2014-05-29
自然と目が覚めてしまったら軽くローラーでもしようか、と寝たら、お仕事目覚ましまで眠れた。
かなり疲労は感じるが、前回実走翌日ほどのエネルギー枯渇感、倦怠感はないが、ダルいには違いない。どうも体調が悪くてトレーニングにならない。
TTで信号なし平地コースで必死こいて出した昨日の数字が、故障中でダンシングもできず市街地込みのコースを起き抜けでパワーも出ない早朝にロードでちょろっと走ったよ、という数字とが、同じようなものである、という現実を見、つらい。もし彼がTTであったら、故障中でなかったら、起き抜けでなかったら、能力は私と3段階違うことになる。競技水準が異なる人様の様子を見て羨むのは不毛ではあるけれども…。



2014-05-29
「暗闇のスキャナー(A Scanner Darkly)」というフィリップ・K・ディックの小説があり、アメリカ文学の重要作品とされる。何度か原作を読んでみたけれども、未だに読破できず心残りであったところ、その映画版がAmazonで投げ売りされていたので買った。そして映画版を見た。残念ながら原作を読んでいないと楽しめないタイプであった、というか、話の筋を一応は最後までなぞれただけで、親切に映像にしてもらっても理解できなかった。




2014-05-30
物欲その1が届いた。軽い。






愛用のBOSE M3がもう15年選手になろうとしている。いつ壊れてもおかしくないだろう。部屋の配置上、卓上スピーカーしか使わない。これで映画も見るし音楽も聴く。もし壊れてしまったら新しいものを買わなければならないのだけれども、オーディオに詳しくないし、あまり興味もないので調べる気力もない。
昔は、現金を握りしめて秋葉原の電器店に行き、現物を穴があくほど眺め、ボタンをいじくりまわし、別の電器店と価格を比較し、部屋にオーディオが入る近未来図を想像し、これから出会う音楽にわくわくし、これから広がるだろう音楽世界にうきうきし、未来の予感にルンルンし、勇気を出してハッピを着た電器店のおじさんに「このすごいコンポ(スピーカーとアンプとCDプレイヤーとダブルカセットプレイヤーのセット)をください!」と言ったものだが…。
今となっては、20世紀中頃の音楽ばかりを聴き、過去の追憶で厳しい現実を紛らせ、新しいスピーカーを検討するのも億劫で、更新するにしても納得のいかない税金を払うようなくたばった気分である。過ぎ去った昭和が美しく思い出される。





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. あ、いや、会長、その、すいません。見栄張りました。
    自分の場合は体調万事整ったとしても、せいぜいあと2km上げられるのが精一杯って感じで。。

    実際のところ僕から見れば、アイアンマンディスタンスの最中で獲得標高2,000mを超える180kmのバイクパートを、Ave30km/h以上で走ってしまう会長のバイク能力なんてまったくの異次元なわけで。

    しかしマレーシアの蒸し暑さは数字を見るだけで吐きそうになるぐらい、本当にキツそうですね・・・
    暑さへの対応力を高めるのって、単純に各種競技能力を底上げする以上に難しい感じがします。

    返信削除
    返信
    1. いやぁよいしょが実に気持ちいですねえ。えへへ( ´∀`)

      マレーシアはレースじゃなくてファンランペースでないと文字通り死亡しかねないと思います…。

      削除
  2. 12-23T?
    ランカウイ用ですか?

    それと、ランカウイでつつがなくゴールし、日本に再入国したければ、外国人専用の高級店で食べ、水分もペットか瓶などで用心してください。屋台は避けた方が良いでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. デュラエースと奮発しましたよ!18Tをよく使うので12-23Tですよ!

      海外の衛生事情はよくわからないのですが、腹をこわすらしいですね。基本的にはホテル食かそれ同等のレストラン、果物はバナナみたいな中身が外に出ていないやつ、飲み物はビン・カン・ペットですかね。
      日本でも「ポリバケツに入ったたこ焼きの小麦粉汁をモップの柄で混ぜ混ぜ」しているのを見てから屋台ものは避けてるんですが、海外の衛生はそれどころじゃないんでしょうね。

      削除