5.17.2014

チラシの裏にものを書くほど体力が残っていない

2014-05-17
風が強くふいていた。自転車に乗るのをやめた。
疲れていた。ごく軽くちろちろと自転車に乗るつもりだった。


2014-05-17
人様に対して「疲れている時は休むべきだ」と偉そうに講釈を垂れている。そのくせ、ひどく疲れている。


2014-05-17
沼影のプールへ行った。疲れていた。ほとんど泳がなかった。天井を見上げたり、泳がなかったりした。
疲れていた。することがなかった。行くところがなかった。路上でアイスを食べた。


2014-05-17
Sun BearのSapporoを聞きながら充たされざる者を読んだ。路面電車で風光明媚な場所へ行き、インタビュー記事の写真を撮る場面だった。
四分の一はSapporoを聞き、四分の一は充たされざる者を読み、四分の一は眠り、残りの四分の一で人生を悲観した。


2014-05-17
形作られたようにみえたものも、時が経つと色あせる。確立されたかのように見えた関係も、よそよそしくうわべだけ取り繕う。することもなく、行くところもなく、話すこともない。意味不明のポエムをつぶやくと、警官がこちらを向く。


2014-05-17
Sun Bear Concertsの最後の一枚——アンコール——をiTunesに入れた。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿