5.14.2014

オープンウォータ日焼け止めクリームを買った

2014-05-14 (2)
Bike60min
チンタラ朝ローラー。本当にチンタラと60分。やらないよりはましとも言えず、一体何の意味があるのだろうか…。
オカズはTVドラマの「極悪がんぼ」を。マンガのドラマ化で、絵面を整えるために主人公が女性となっていた。Terminator 3が作られる、と聞いた時、絵面を整えるために新型ターミネーターは女性になるのじゃないか、と思ったことを思い出した。






2014-05-14
SAFE SEAが届いた。日焼け止め兼クラゲよけ。Langkawiはクラゲが多いよ説があるのと、ウェット禁止なので肌露出部分が多いのと、赤道直射日光丸出しなので、その対策に。クラゲに刺されて痛くてDNFです、という確率をいくらかは減らせるだろうから。
容量が50gなので、国際線の飛行機にも1㍑以下のジップロック袋に入れれば持ち込めるはず。(JAL純正解説はこちら
クラゲよけ&日焼け止めとしては有名な商品らしいが、Made in Israelと書いてあるのでポリティカルに相容れない場合もあるので注意。




2014-05-14
Bike35min
やらないよりまし…と願いつつ…。
  • Tempo 20min 219w Ave.HR149 Max.HR156
2本行う予定だったがメンタル切れ。暑くてきつい。ただ、Langkawiはこれどころの暑さでなく。




2014-05-14 (1)
ときどき誰かが思い出したように、私を仲間に入れなければと、かたちばかりの小さな仕草――わたしのほうを見やるとか、冗談が出たときにはほほ笑みかけるとか――をするのだが、誰も直接には話しかけてこないので、わたしはまもなく彼らの話につき合おうとするのをやめた。  充たされざる者



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10 件のコメント:

  1. 11日のコメントから引き続きぐちってしまい、かなりの恐縮ですが、ゆうさんの毎朝ローラー台+ランを見て励まされ、久々にミノウラのローラー台を出しました。
    さーべろP3でのツールド国東が散々たる有り様でガックリきてたので。

    ありがとうございました。

    毎年楽しみの、高知県で黒潮の海を泳ぐアクアスロンも、エントリーが始まりました。
    四国屈指の前夜祭とキレイな海を今年も楽しめるよう、また泳ごうと思います。今年はバイクも持って行こうかな?

    お陰で何とか練習出来そうです。ゆうさん言う通り、疲れてたみたい。この疲れに捕まらずやり過ごさないといけませんね。

    返信削除
    返信
    1. 平日はローラーでサーベロちゃんに慣れるのもよいかもしれませんね。ローラーはつまらないしつらいですけど…。
      高知って海キレイだったんですか〜。四万十川がキレイだってのは聞いたことがありますが。大分からだと船で行けるみたいでいいですね。多分関東からだと高知はすごく行きづらいのですよ(>_<)

      体調はいかがでしょうか?hiromiさんはかなり量をこなす方だと思うので、量が足りないより、やり過ぎの方が心配です。アレコレとものを読んだり、自分で実験して分かってきたのは、週に12時間もやれば十分で、14時間もやると多いのじゃないか、ということです。で、2,3週に1週は休養週を設ける、と。1日につき、2時間もやれば十分以上かな、と。競技水準が上がって体の強度も上がると、もう少しキャパシティは増えるみたいですが、一般的な競技水準だと週14時間でも多すぎる気がしています。もちろん、個人差はあると思いますが…。

      あ、愚痴でも何でも大歓迎ですから。私の悪口以外は(笑)

      削除
    2. ありがとうございます。どうしても週末ライダーなんで、ローラー台で慣れるってのは良いですねぇ。
      体調不良は、最悪期は脱したのかな?今週は原点回帰?(笑)で、近所の別大国道沿いを朝ランしています。ここ、海がキレイだったでしょ?

      一日2時間ですか!ナルホド~!基準にさせて頂きまする(≧∀≦)b

      ゆうさんの悪口?とんでもない(笑)
      ものごとを捉える視点、楽しみですよ~♪( ^o^)ノ

      削除
    3. 知ったような口をきいて申し訳ないです。釈迦に説法ではございますが、大事な時期ですから、くれぐれも無理はなさらぬよう…。

      別府大分間の海沿いの国道ですよね?あそこはですねえ、朝スイムに向かうときに通って海沿いだな、と分かったんですけど、何しろ朝早くて真っ暗でしたから!(笑) 海も真っ黒!貞子が這い出てきそうな真っ黒!キレイかどうかなんてさっぱり(泣)

      削除
    4. 朝スイム練習!あの時はお疲れさまでした!
      かぼすくんと並んで泳いでるのを見て、「この人、まだまだ速くなる!」と思いましたよ~!

      削除
  2. それと、ゆうさんの大坂京都動画を観てて思い出したのが、沢木耕太郎の「深夜特急ノート 旅する力」の一説です。「目で見ているのは、じつは自分の頭の中を見ているのだ」と、F・ブラウンの小説を引いて、要は風景は自分を映す鏡だと言ってるんですが。

    私にも忘れがたい旅の風景は、有り(笑)
    マレーシアで、マレー鉄道の小さな駅から路線バスに乗り換えてマラッカに行ったとき、帰りに再び駅前の小さな売店でコーヒーを飲みながら、夕暮れのジャングルに降り注ぐスコールを眺めていたことを、ゆうさんの動画を観てて思い出しました。

    一人旅の話で長くなりましたね。すいませんでした。

    返信削除
    返信
    1. あー、なるほどなるほど。観光で何かを見たり、撮影をする際は、すごく主観的です。「おー、龍安寺に来たぞぉ」って「龍安寺」って看板とかを撮ったりはしませんねえ。風景を見ているようで、自分の中を見ているのですかね。ますます深夜特急を読まねば!

      見知らぬ情景から喚起される感情って独特なので旅行っていいですよね!マレーの雨、見てみたい!

      削除
    2. そうですね!旅って本当に「見知らぬ情景から喚起される感情」が欲しくて欲しくて、行くものなのかも知れません。
      そういえば、私のメアドも心の底に忘れがたい街の場所の一つですよ(笑)
      あー!旅がしたーい!(>o<)

      削除
    3. ブルージュでしょうかね。建物やら街の雰囲気がとてもよいところらしいですね。「死の都」っていうオペラでしか見聞きしたことはないんですけど、今も風景を保っているみたいで素晴らしいです。

      削除
  3. アタリ!( ^o^)ノ
    ホイジンガの「中世の秋」を読んで、ブルゴーニュ公国を回ってみたかったの。

    ローデンバックの「死都ブルージュ」がオペラになってるのは知らなかった!どんなのだろ?Σ( ̄□ ̄)!

    こことゲントを歩いたりボートで運河を巡ったりした。中世そのままの建物や風景が目の前に迫って、自分の中に取り込んで街を歩くことが楽しかった。

    迷路のような小路の石畳の感触を覚えてる。旅の記憶って、私はそんな細部に宿るよ。

    返信削除