5.15.2014

彩湖 40kmTT風

2014-05-15
Run10km
雨があがり、路面が乾いてきたことから、自転車に乗るべく彩湖へ。
彩湖へ着くや否や、雨が降り始めた。体も疲れていないわけではないし、やる気がみなぎってわけでもないから「今日はやめておくか」と、別プランを考えだすも「カネをつかいたくない」ということもあってしばらく雨を眺めながら、iPhoneをネチョネチョといじくって充たされざる者(傑作の予感がいたします…2014/5/15現在、Kindle版は若干割引率が大きくなっております…)を読むなどをした。結局のところ、カネを使わぬよう、人と会話せずに済むよう、部屋でぢっとして気を滅入らせぬよう過ごそうとすると「どこか静かでタダの駐車場にクルマを止めて、ポツポツと雨音を聞きながら本を読」んで過ごすことが、私(イケメン)の望むものだった。自転車に乗れないと嘆いていたが、自転車に乗ることよりも、これを望んでいたのではないか?「嗚呼、此れが私の望む物であったか」などと感嘆しつつ「充たされざる者」が30%まで進行した頃、雨があがった。
2014-05-15
路面はひどく濡れて、水が溜まっている。自転車に乗り、ブリック、というつもりであったが、自転車どころではない。仕方がないのでRunを単独で行い、彩湖周回コースの路面の物見に。
体が重め。Sub4ペースで入って、しばらくすると体が動きだしてキロ4半ほどに。1周でやめてしまおうかとも思ったけれども、1周でやめてしまうと無意味というか、せめて10kmくらいはこなさないと…LangkawiがDNSにならざるを得ないので…。しぶしぶ2周強。ラストラップはキロ4まで上がった。路面が半乾きになりつつあって、自転車に乗っても水を跳ね上げることはなさそうに見えた。




2014-05-15
Bike40km
路面も乾きつつあった。自転車に乗ってもびしょ濡れにはならないだろう。エナジーバーを摂り、GOLFちゃん(かわいい)からR3SLちゃん(かわいい)を出し、周回コースへ。雨あがりで人出が少なく、特に減速は要らなかった。
久々のR3SL(ロード)で違和感があるものの、しばらく乗ると慣れた。風向きにもよるが、平地で34km/h前後。コーナーや坂でAveを落とす感じ。トライアスロン中堅なら平地で30km台後半、強豪なら40km/h超であろうから、なんだかこれは全然話にならないなあ、という落胆と、自転車に乗っていないのだからこの程度しか走れないのは当然だなあ、という納得感と。Langkawiが遠くなる…。
周回コースである。落車・骨折地点を8回通った。特にトラウマはなかった。コーナーで石に乗り上げるとか、砂で滑るとか、チェーンが切れるとか、集団走でタイヤが接触する、ということがなければ、コーナーで減速さえすれば転ぶこともそうはないだろう。
40kmでメンタル切れ。Ave.32.7km/hだった。体感ではTempo上限付近。ローラーと実走ではいろいろと違うので比較はしづらいが。



Run2km
負荷高めで2時間をこなしたので帰る支度をした。が、少しブリックをしておくか、ということで、2kmだけ。短距離の場合、ポンポンとキロ4が出るようにはなった。しかし、長距離をこなしておらず、耐久力がない。「短距離短時間でいいからスピード出すか」と言って満足感を得るのは、目指す競技的には間違っている気がする。Langkawiが遠くなる…。
  • 4:08
  • 3:44






Maria! Say it loud and there's music playing, Say it soft and it's almost like praying. Maria, I'll never stop saying Maria! ——West Side Story——




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿