3.12.2014

STAP細胞の雲行きがあやしくてつらい


2014-02-26
オートバックスで買ったサンシェードの吸盤が弱い。はがれやすい。そして窓の大きさに対して若干寸法が足らない。安かったから文句は言えないが…。同じくオートバックスで買ったもう一つ大きいサイズのサンシェードもあるが、そちらはやや大きすぎる。大きすぎるが、ピラー等にねじ込むように使えば窓全体を覆えるからそちらの方がいいのかもしれない。また、VW純正(日本国内企画品)も存在するが、高い、耐久性に難なり、と評判はよくない。
サンシェードなんて使うのも、今のうちだけであろう。そのうちに、サンシェードなど使わなくなり、青空駐車場の直射日光下に停めてほったらかし、鳥糞直撃でも見て見ぬふり、HIJETと変わらぬ扱い、になるのだろう。
それでも今のうちだけでもサンシェードをつけたりはずしたりしてGOLFおじさんとして楽しむことが大切である。将来に何度もある、というよりもそういう機会はこの先ほとんどない、という方が正しいだろうし、住所不定無職に転落するのも時間の問題だし、頭の狂ったやつに刺されるかもしれないし、自転車に乗るということはダンプにミンチにされることとほどんど同義だし。
「ザギンでグーフーを食べて散財するなら将来のために貯めておきましょう」という金言があるが、その「将来」というのもどれだけ安定して存在するのか的疑問があって。




2014-03-12
世紀の大発見であること間違いなしのSTAP細胞の雲行きがあやしくてつらい。
卒論に引用記載なしに盛大コピペだ、こりゃ博士号取り消しだな、とか、今回のNature論文に画像の流用があるとか、ユニットリーダーが雲隠れしてるとか、祖母からもらったという割烹着は実は伊勢丹で買った等、段々と手のひら返し的に罵られはじめている。
一番肝心なところはSTAP細胞がモノホンかどうか、というところであり、STAP細胞が実在していれば細かい話はどうでもよい。
  1. 論文の書き方の行儀が悪かっただけで内容はモノホン
  2. STAP細胞は存在しない。もともとマウス胎児に存在していた万能細胞をSTAP細胞ができたと勘違いして発表した
  3. STAP細胞は存在しない。インサイダー取引目的やスポットライト症候群等の捏造
1番であってほしい、と、卒論もゼミもせずに3流私大を卒業し、論文書きの作法も知らない私(イケメン)は思う。





時間がないわ 愛する時間が 思い出もない 思い出す値打ちも——On the Beach——




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. STAP細胞どうなるのでしょうねぇ。
    iPS細胞の山中教授だって「すごい発見」と驚いたほどの研究だったはずなのに…。
    それにしてもマスコミの手のひらを返すような報道にはうんざり。

    返信削除
  2. 今のメディアの論調だと手のひら返しがはじまってますね。STAP細胞が本物でありさえすれば細かい話なんてどうでもいいんですけどね。
    ただのES細胞をSTAPと偽装して特許料回避みたいなうわさ話がインターネットに書いてあってヤーな感じです。

    返信削除