3.05.2014

ぼくちゃんの好みだからいいの!



なにやら左膝に鵞足炎の軽度症状が出てきてもうたくさん、うんざり、と。特に心当たりがないが、リハビリジョグで発症であろうか、いや、あの程度で故障発生だともうね、ちょっとね、と思いつつ、のぼうの城を見た。星3.5つ。
舞台はなんと安土桃山時代の埼玉。埼玉には歴史が存在しないと思っていたけれども、そうでもなかった。私は歴史に疎いが、特に戦国時代前後に疎く、石田光成と明智小五郎の区別もつかないし、安土桃山時代がどの時代と時代の間にあるのかも定かでなかった。戦国の後、江戸の前、という時代であるとWikipediaを見て知った。
話の筋は埼玉北部にある忍城の防衛戦である。このお城は現在の行田にあった(いまは何もないが…)。荒川CR上流民にはおなじみの、大芦橋と熊谷の間にある行田である。豊臣系の2万の大軍勢を相手に、大半が農民の3000人で城を防衛していく、小さい規模ながら工夫とお殿様の人望で粘りに粘ってなかなか落城しないよ、という話である。埼玉であるから興味もあり、面白かった。コメディ色を打ち出している感があって、そこは失敗している、とか、学芸会のようなアクションがひどい、とか、馬の数が確保できなかったの?という邦画的弱点はあった。2012年公開だが、本来は2011年公開予定だった様子。利根川の水攻め表現(津波に似ている)があるので延期になったとか。好き嫌いは少ない方だが、姫役の女優は嫌い。セロリが嫌いとか、虫が嫌い、という理由のない感じで嫌い。恨みはない。

鵞足炎は内転筋やハムのストレッチが効くというので、そうしている。そういえば、内転筋のストレッチはやっていないわけではないが、若干おそろかになっていたな、とも思う。ストレッチ個所が多すぎて把握できない。どこかが故障すると、そこを重点的にケアするが、故障が和らぐと、自然とそこがおろそかになっていく、ということの繰り返し。今後は紙に書き出して壁に貼っておく、ネットをネチョネチョといじくる意味のない時間をストレッチにあてたい。加齢で体の柔軟性と回復力が落ちていることだし…。




Bike60min
朝だったので負荷も気分もあがらずチンタラ。体が暖まるに従って、右肩上がりにパワーは上げはした。
オカズは大河ドラマ「軍師官兵衛」を。信長より秀吉の方がずっと老けてるけどいいの?とか、鶴太郎の鼻が赤いけどふざけてるの?とか、中谷美紀がちょっと年取りすぎにみえるけどぼくちゃんの好みだからいいの!と思った。
途中やや鵞足炎にピリッとした違和感があり、気になった、というかうんざりした。

プーリーからキュルキュル音が出ていたのでこれでもかとルーブドライをぶっかけたら音がおさまった。こういう注油方法はご法度なのだろうけれども、プーリーのメンテ方法を知らないので…。このリアディレイラーは3年4年経つ。こまめなメンテ能力とやる気がないので、交換してもよいかもしれない。




私は用や予定や社交がない人間であるが、夜は珍しく所用で外出。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿