3.11.2014

3.11

Volkswagen Owner's Pass
Volkswagen Owner's Passという名前の会員券が届いた。ディーラーでの車検や整備で貯まるポイントに応じて景品がもらえる、とか、なんとかモーターショーのVWエリアでこの会員券を見せるとお茶を1杯恵んでもらえる、という他には特に何だというわけではない。詳細な整備履歴やコンピュータのエラーログなどが見れたらよいのに。
1000点たまるとクマのぬいぐるみがもらえるようなので、それが欲しい。


リハビリ
Run54min
リハビリ兼キロ6リカバリージョグ。
足の具合もだいぶ復調していて、疲労痛はあっても故障痛はない。このままいけば週末のさいたまシティハーフマラソンにも参加できそう。
Garmin110のソフトウェア・アップデートをして以降、GPS衛生検索時間が超絶短縮されたようで、実によい。以前は60秒とか90秒かかっていたが、今は10秒くらい。どういうアルゴリズム変更なのか知らないが、体感上はGPS精度も変わらない。これならランパートにも使える予感。Garmin110は軽量で付け心地がよくて310XTと比べると快適。
途中M神社に寄って左後脛骨筋腱炎と左鵞足炎がすっかり治ってLangkawiまで無事たどりつけるよう祈った。


Swim
軽く泳ぐつもりでプールに入るも、左肩の調子が良くない。おとといのパドルでオーバーユースなのか、水泳肩発症なのか。あるいは布団でネチョネチョとiPadをいじくっている時に、左肩を下にした、というのが今朝だったからその可能性もある。骨折以降、左肩を下にして横になると不調が出るような気がしないでもないから、左肩を下にして横になることはあまりしていなかったが…。
1500m前後泳いで切り上げた。仮に水泳肩発症だと3ヶ月から長期離脱コースである。








2013-12-01
3.11から3年経って、的な。関東では体感余震が減ったよね、とか、柏・三郷のホットスポット化で人が住めなくなるって話は一体どこへ、とか、東北旅行に行きたい行きたい行かねばと言っているくせに行ってないよね、とか、ただの2,3日が取れないよね、これだけのことが起こってもたったの2,3日が取れないんだよね、さいたまにへばりついていやいや働いていないといけないんだよね、ああ、青森へは行ったか、とか、いや青森は東北だけど微妙に重度の被災地でもないか、とか、今年はファンランで七ヶ浜のショートに出たいな、とか、温暖化対策で火力なんてやめて原発をバンバン動かせよ、さもないと地球がホカホカに暖まって地表から水がなくなるよ?それでもいいの?え?いやもう遅いの?海水温度があがっちゃって海底メタンが気体になっちゃって温暖化はもうとまらないって?え?ほんと?手遅れなの?それなら温暖化対策なんてしても意味ないじゃん、原発なんてやめちゃえよ、あんな精神衛生上悪いもんやめて火力でいいじゃん、メタンに比べたらCO2なんてかわいいもんでしょ、とか、もうおしまいなら酒飲んでディスコでパッパラ踊ってマリファナ吸った方がいいんじゃないの?もう破滅なんでしょ?え?まだ50年とか100年くらいはもっちゃうの?え?じゃあ、昭和生まれが全員老衰するくらいの未来はまだ地球も水の惑星なの?じゃあ品行方正に過ごさないといけないんだ、とか、復興が遅々として進まないというけれども、逆にバンバン復興しちゃうみたいな未来図も想像できないというか夢想すらできないよね、静かにくたばっていく落ち目の某国、いや、未来のユートピア的ノスタルジー的中華人民共和国極東省なんだからね、とか、思いがちである。しかし、被災当事者はそれはそれは悲嘆の極みで、その喪失からの回復は10年20年でも消えないだろうし、一生かかっても消えないだろう、とは思う。調子に乗って転んで骨を折ったくらいでもまだ自転車に乗るのがイヤである、という自分が体感できる気持ちとは比べることもできないくらい大きな悲嘆だろうから。偏差値の下落が止まらない、頭がカラッポで知られる3流私大の同級Kちゃんが神戸出身で、阪神大震災を経験していた。普段は快活で優しいKちゃんがどういう喪失をしたのかはついに知らなかったけれども、どれだけシリアスな影響をKちゃんに残したのか、ということはKちゃんの様子から分かった。
次は東京から名古屋という日本の心臓部、東海沖が、という話である。






にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. 3.11の映像がテレビで流された時の「異常事態発生?どうなっちゃうの?」という感じ。これって9.11と同じでした。人間って想像出来ない状況を見ると思考回路が停止するのではないでしょうか。焦燥感とか空虚な想いというのは事件後にジワジワと感じてくる。怪我人や死体という理解の範疇にあるものから実感されるものだと思いました。

    最近政府や地方自治体が次の地震は関東だとか、関西で発生したら数万人が死ぬと予想するという危機感だけを煽る報道が目につきます。どうも予算を取りたい連中がウヨウヨと後ろに見えてしまうのは穿った見方でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 当日は埼玉も相当揺れてこれは関東大震災だな、大変だなと思ったものです。すぐにそれが東北震源と知って想像を超えてしまい思考停止状態になりました。その後も情報が少なく、津波のような映像だったり、どこそこの街と連絡が取れない、とか断片的な情報しかなくて深夜になってようやく連絡が取れなかった街は実は壊滅していたとか、揺れじゃなくて津波でというように分かってきたものでした。挙句に原発ですからね。

      まさしくうようよしているのは予算取りなんでしょうね。もちろん、その予算で防災が充実はするんでしょうけど。東海沖は私が子供のころから来る来る!って言われてますけど、そろそろでしょうかね…。

      削除