11.30.2013

新たな欲望「タイム短縮」

Ave4:41
Run67min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きたが、二度寝。寝起きが悪くて眠かったのに、暗い朝にしては珍しく気力がみなぎっていてローラーをしたかった、というのが不吉で気味悪く、やめておいた。
代わりにラン。左足首内側に違和感があって、それが連動してるのか何なのか、全体的にもイマイチ。故障の予兆だろうか。キロ4:45位で、というイメージ通りの数字に落ち着いた。
SDIM1328
出発前にHigh5社のエナジーバーを食べた。在庫はこれで最後であった。ようやく買い溜めておいたバラモンキング補給食を全消費した。
円安で補給食が割高になり、今後はカロリー補給をどうしたらよいか。





2013-11-13
ロングを完走し大目標を達成し、次にIRONMANなりロングなりを完走しても二番煎じだろうな、腹が減っているからうなぎがうまいのであって満腹でうなぎを食べても油っこくて気持ち悪いだけだな、もう満腹だろう、という思いがあって、バラモンキング後しばらくは虚脱・抜け殻状態であった。しかしながらLangkawiにエントリする前後からは新たな欲望が出てきた。新たな欲望というのはシンプルで「タイム短縮」である(Langkawiは超絶・酷暑であるから、バラモンキングと比べるとタイムは落ちるだろうけれども)
競技志向の強い人には当たり前のことかもしれないが、私はそこまで競技志向が強くないので(エクササイズ志向の人から見たら"競技志向が非常に強い"に分類されるだろうが)、タイム短縮はつらいのでちょっと…そんなことより温泉でのんびりしたり、鼻をほじりながらDVDでも見る方が幸せでしょ…と思っていたが、そういう欲望がむくむくとわいてきたのでその方向へ。
  • 増量したい。今の172.5cm 57kgの体はトライアスロン的にはおそらく細い。ヒルクライムでもマラソンでもなくトライアスロンである。バイクパートではもっとパワーが要る。
  • ペダリング効率化。30のパワーをひねり出せる人が50%のペダリング効率であるとき、23しか出せない人でも65%のペダリング効率を持てば互角ではないか?
トライアスロンにはBikeとRunに時間・体力を投資するとタイム短縮効果が大きいだろう、と目星を付け情報収集・機材収集をしている。ペダリング向上は必須であるからとPioneerのペダリングモニターGARMIN Vectorを調べたら、値札に目玉が飛び出たので、見なかったことにした。片足ペダリング、ファストペダルなど、昔ながらの方法で…。河川敷にGarmin Vectorセットが落ちていたら拾いたい。
また、情報収集をし自分の中でそれらの情報を消化していくと、マラソンでは正解でもトライアスロンでは正解でないことがある、と分かってきた。走るんだからマラソンもランパートも一緒だろう、という認識が改まりつつある。
増量については、食事量、間食、プロテイン頻度を増やして様子を見ているところ。情報を得ずに自己流を続けていれば増量しようなどとは絶対に思わなかった。増量といっても肥満になりたいわけではなくて、筋肉量を増やしたい、という意味で。




Swim1500m
間が空きすぎないようアリバイ作りでプール。
調子も悪く、収穫もなく。




その事実に慣れることはむずかしい。想像力が欠如しているせいかもしれないが、それを思い描ける想像力を欲しいとは思わん。—On the Beach

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.29.2013

Rockいきたい

Tokyo
Tokyo Skytree
2013-11-28
2013-11-28
ROCKZA
Asakusa
2013-11-28
River
  1. RX100は便利なスナップ機。名機。Canonでないのが惜しい。
  2. 人形焼きを4つ食べた。雷門、鳥、五重塔、雷門だった。
  3. 浅草での写真を一枚一枚現像するのが面倒だったから調整を全部コピペ適用した。Flickrアップロード後に気付いたが、写真の印象は"劣化Instagram"であった。Instagramとか組合の先生の影響からいかに離れるかが人生の課題なので、残念なことであった。
  4. 組合の先生に殴られる夢を今でも見る。30年経っても、暴力は脳の深いところにこびりついている。
  5. 心拍バンドがくさい。
  6. ぼくちゃんは大変まじめなので、ロック座に入ったことがありません。また一人で入る勇気もありません。接待王・会員Cは「俺はこの方面にはめっぽう強い」と自慢していたので、引率してもらいたいです。
  7. 浅草演芸ホールや浅草寺山門はタイガー & ドラゴンでよく出てきた。実物を見れて嬉しかった。演芸ホールチケットが案外と高かった。庶民の娯楽だからもっと安いのかと思っていたが。今は、庶民の娯楽でなく無形文化・伝統芸術であろうか?



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.28.2013

キロ6半のLSDは有益?無意味?むしろ有害?

2013-11-28
ツル・オブ・ハキダメ・タワー・フロム・シカハマ・ブリッヂ 
Run187min(Ave6:37 HR99)
自転車に乗るつもりで起きたが、気が乗らず。気が乗らない時は自転車乗らない方がよい気がするので、やめ。気が乗らないときに自転車に乗って、転んで頭を打って死ぬとつまらない。スマホをいじっているダンプもいるし。
かわりにRunのLSDを。ある程度信頼している教則本によれば中上級者でもキロ6半からキロ7のペースでないとLSDとは呼べない、のんびり180分やれ、ウルトラでないなら240分以上はやめろ、と書いてある。
「ちょっと走れるようになって調子づいてる中級者ほど『そんなかったるいペースで走れるかよwwwちょろくちゃ意味ねーよwww無駄に疲れて有害だろwww』と草を生やす傾向にあるが、その手の輩は中途半端な記録で伸び悩むことになる。薄汚い木賃アパートの基礎に鉄筋は建たない。」とも書いてある(気がした)
そのように書いてあってもキロ6半でのLSDが理学的根拠に基づいた説なのか怪しいところである。
とはいえ、著者だって適当な思いつきでそう書いたわけではないだろうし、このまま自己流を通したとしてもフルだとせいぜいSub3.5で一生を終えるだろう。ジョグペースで30km走をしても180分はかからないから、少なくとも180分走をすることに意味はある気がする。長い時間足を動かし続ける練習は必要であろう、ということで、浅草寺までの180分LSDである。ワンウェイだと交通費はかかるが、近所の周回コースを3時間も回ったら頭が狂ってそれ以上に医療費がかかる。
2013-11-28
キロ6半より速くならないよう、のんびり、ゆっくり。このペースでも20kmを超えてくるとくたびれてくる。足各所も痛くなってくる。心肺的には全く刺激にならないが、3時間続けるのは筋持久力によいのかもしれない。187分で浅草着。Ave6:37、HR99。
2013-11-28
補給。回る寿司、人形焼き、せんべい、人形焼き。筋肉の絶対量を増やしたいので向こう数ヶ月は増量したい。バクバク食べることにしているが、今のところ体重は増えない。
付近の寺や神社を巡り、Langkawiまですっかり無事に過ごせるよう祈った。




2013-11-28
Bike60min
Bike強化をしたいのだから、自転車に乗らないわけにもいかない。短時間でテンポ走のつもりで始めたが…。
  1. 204w HR146 Cad93
  2. 215w HR150 Cad96
  3. 224w HR155 Cad100
なりゆきで、リカバリーを挟んで10分を3本。1本目はテンポと言えなくもないが、2、3本目は高強度の域に…。これは疲労が溜まるから週に2度で十分という強度で、今日はそれよりも低い負荷でつなぎ、というつもりであったが、それを守れず…。



自分の息子に釣りを教えるのはさぞ楽しいことだろう。—On the Beach


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.27.2013

220wがきつい

2013-11-26
週に13,4時間くらいこなしたいトレーニング量だが疲労の兼ね合いでその量まではなかなか増えていかない。それより少ない量であっても体がリカバリーしてくれない。量だけをマスターベーション的に増やすはできるがLangkawiの酷暑IRONMANを考えた時、体に負荷をかけて基本的な性能を上げておかねば話にならない。行ってもろくに泳げないだろうからとプールに行くこともせず寅さんをぐったりと眺めてから、布団に入り、fallout後のぐったりとした小説を読み進め、寝た。IRONMAN 70.3で優勝し、Hawaii Slotを獲得する夢を見た。チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きると、夢が消え、ぐったりとした現実に戻された。私は今日も松屋に行くだろう。



2013-11-27
Bike65min
ネットストーカー先のエライ人のインターバルメニューを盗用し、ワット数は私の能力に合わせてみた。ケイデンスは90超で。
  • アップ
  • 220w 10min
  • レスト 5min
  • 220w 10min
  • レスト 5min
  • 220w 10min
  • ダウン 10min
やってみたところ、220wがきつい。1本目はこなせたが、2本目からは210前後。寝ざめではなく、昼や夜で心身ともに絶好調な時ならこなせるかもしれない、といった感じ。
自転車能力が数字で表れてしまうから恐ろしい。しかし数字で表れてしまうからこそ意味があるな、とも。普通のローラーの場合、他者との比較は難しいから自己流で「ま、こんなもんだろ」という負荷で回して満足していた。しかし、パワーを計れると「たったの220wでヒイヒイ言って、2本目からは諦めてしまう」という現状が明らかになって、嗚呼、これは…というような。
今回、iOSアプリのLiveTrainingでインターバルメニューを作ってその通りにやったが、素晴らしいアプリだ、とは思えず。ローラー中の視覚的表示は良いし、パワーとケイデンスが設定より落ちたら警告が鳴ってよいのだが、終了後のログがイマイチ。レストを含めた全体のMaxやAveが記録されているだけで、1本目、2本目、3本目のアベレージパワーは分からない。それぞれのパワー、ケイデンス、心拍のアベレージを知りたいのだが…。それぞれのログを取りたい時は、手動でスタート・ストップをすることになりそう(Lap機能もない?)。今回のメニューなら10分のログを手動で3つ作る感じ。
ちなみにCTS教材で使うHAPO値は全力8分間(リカバリー10分挟んだ2本)のAveであり、私の場合は230w程度ではないか、という感触。まだ体調が整わず未計測。


2013-11-27
ローラーを終えると、空は晴れと曇りの中間だった。


2013-11-25
Sinfonia No.9をごく少々。4小節目の譜読みに入ったが、急に複雑に思えた。3つのうち中間の声部が、右手から左手に移ったように読めた。

2013-11-26
小物を買った。NOKTON Classic導入でEF-Mが一つ増えリアキャップが一つ足らなくなった。それとNOKTON Classicにクローズアップレンズの3番を。



2013-11-26
IRONMANのためBikeを上げたい。現状のままでは量(質もだが…)が足りない。環境的にローラー時間を増やしていくほかない。ローラーは部屋にしかないから、生活パターンを改めて部屋に居る時間をもっとローラーに転用しなければならない。削れそうな時間を考えると、コンピュータをいじっている時間だけだろう。コンピュータをいじるにもいろいろ種類があるが、ネット・ヲッチは部屋でなくてもできるから削ってもよさそうに思える。


Swim2000m
チンタラ。
久しぶりに長めの距離、1000mを連続で。調子は悪かったけれども、長めを泳げたのはよかった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.26.2013

突然結婚できるわけでもない

2013-11-14
ネット・ストーカー先である、自転車界のエライ人のブログをチェックし、ローラーメニューを見た。病み上がりだか二日酔いだか疲労中だかで絶不調であったようだが、そのメニューとワット数を見ると「頑張れば絶対に無理とまでは言えない」と思えたから、LiveTrainingにそっくりマネしてメニューを作成した。もちろん、エライ人のパワー計と私の疑似的パワー計は違うから、ワット数は参考にならない、というか、常識的に考えてエライ人がたとえゲレゲレ状態だったとはいえ、そのワット数を私が出せるわけはないのだが…ワット数は別にして、まずはそのメニューをマネするところから始めたい、と朝トレ用目覚ましをセットし、二度寝。多少疲れていることもあり、今日はレストでもよい。やればよいというものでもない。

2013-11-14
人は願望にもとづいて世界を解釈し、失敗する。よく訓練されていると週に2度3度と負荷をかけて、週に4度5度と緩くつなげることもできるが、よく訓練されていないと週に1度負荷をかけたら2週は緩くつながねばならぬ。IRONMANを目指すにあたって名著A名著Bを再読すべきか。

2013-11-14
おきなわマラソンのため、飛行機、宿、レンタカーの手配をした。アカウントだ会員登録だなんだで面倒だった。レースとしてのマラソンに興味を失った。故障を避けたいこともあり、観光に余力を残したいこともあり、ファンランになろう。今回の沖縄行きでは、ちゅら海水族館に行きたい。水族館のなんとかというオーシャンビューのレストランでランチをしたい。NOKTON classic一本で行きたい。万座毛から海を見たい。今になって、おきなわマラソンにエントリーした、という記憶がないことに気付いたが、エントリしたのだろう。記憶がどんどん抜けおちていく。

2013-11-14
ロングでもマラソンでもそうだが、ひとたび達成してしまうと何ということもない。人生がバラ色に変わるわけでもないし、突然結婚できるわけでもない。何も変わらないどころか、いつかはロングを、いつかはフルマラソンを完走するぞ、という輝かしいターゲットが失われるだけ、悪化さえする。何かを目指している人から、ただの独身中年男性に格下げとなる。誰かに自慢しても超絶・うわの空で「へえ、すごいね」でおしまいである。トライアスロン界やマラソン界の同人で褒め合っても、どこにでもある退屈な話だよ的うわの空で面白くない。

2013-11-14
自転車能力を上げないと話にならない。生活パターンを改めローラー時間を捻出しないと自転車能力は上がらない。ローラーをしようとしまいと鼻毛は伸びるので、鼻毛カッターで処理をした。



「大佐は結婚してるの?」「わからん。していて当然の年齢ではあるがね」━On the Beach



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.25.2013

自己流と教則本のはざまで(角を矯めて牛を殺す?)

2013-11-25
Bike30min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って二度寝。Aと結婚する夢を見た。二度寝も半端に終わり、30分だけローラーをした。
起きぬけのせいか、昨晩━平均200wくらいで30分━の疲れだろうか、160wや170wがきつい。150wくらいでちょうど良いくらい。数字で能力が出てしまうのは恐ろしい。まだHAPO(Highest Average Power Output)を計る体調が整わない。LiveTrainingでは心拍数によって1から5の5段階に区分けされているけども、これは人様が良く使っているL3とかL4といった強度区分であろうか?これは最大心拍数から区分けされているようなのだけれども、自分の最大心拍数を知らない。220から年齢を引くと最大心拍数というが、そんな高い数字は出したことがない。それとCTS教材とパワートレーニングではHAPOとFTP、Steady StateとかClimbing RepeatsとかL3とかL4といった強度指標の互換性がないからどうしようか、と。CTS教材の方がシンプルでバカでも分かりやすい気はするが、自転車民的にはパワートレーニングが主流であろうか…。
オカズはキムタクの「安堂ロイド」であった。安っぽさに見ていて怒りがこみ上げてくるような気もするし、タダだしオカズにはちょうど良い気もする、といったドラマであった。



2013-11-25
Run58min
トライアスロンであるから、3種をバランスよくトレーニングしなければならぬ。BikeにしてもRunにしても教則本を読むと、1種をメイン種目として扱っているから、メニュー的にとてもこなせるものには見えない。例えばRun教則本では「週末は土曜にLSD180分、日曜にロング走をやりましょう」など。
それと中上級者でもLSDのペースはゆっくりキロ6半から7分かけましょう、それが出来ない輩はある程度までいってもそれ以上は伸びませんよ的なことが書いてあり、ふぅむ、という感じで。まず、私はLSD(180分)をやっていない。そしてキロ6半から7分というペースで走れない。のんびりといってもついついキロ6くらいには上がってしまう。このあたりをどう解釈すべきか。自己流とか気の赴くままとか気軽が一番よいとか角を矯めて牛を殺すなど、いろいろに教則本を無視する方向に考えることもできるが…などと音楽を聞きながらキロ6リカバリーで58分。途中K神社によってLangkawiまですっかり無事に過ごせるよう祈った。


SDIM1220
Swim1500m
軽くプール。調子は良くなかった。もっと時間をかけてアップをし、体がほぐれないと泳げるものも泳げなくなる、気がする。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

11.24.2013

パワー計はじめ

2013-11-23
Power(watt)を見るとBike能力が丸裸である、というか、能力向上に向けての便利な指標というか、ともかく、風向きや斜度の影響少なくバチっと数字で表れてしまう。レース時にパワー計を付けると重量増だからマイナスだよ説もあれば、パワー管理できる利点で重量増を吸収できるよ説もあるが、トレーニング時にはワット数は最も信頼性の高い数字だから大変有用だ、というのは特に異論がなく主流であろう。
それではパワーを取り入れてみるかと思いつつも金銭的にクランク型やらペダル型やらハブ型のパワー計を買うことは出来ないのでしばらく放置していたが、ミノウラ社の比較的新しい固定ローラー機種とiPhoneを組み合わせてパワーを計ることができる、と知ったので導入した。
2013-11-20
導入したのはLR760Wahoo Key for iPhoneLiveTraining(iOSアプリ)の三つである(詳しくはミノウラ社のページへ)。任意のコースをインポートしてシミュレーションが云々という対退屈要素もある様子。
これでパワーを計れるようになったので、CTS教材でパワートレーニングをして来るべきIRONMANに向けてBike強化をするか、という段である。まだ体調が整わずHighest Average Power Output(トレーニングの基準値。大ざっぱに言うと全力8分間で出せる平均パワー。計測がものすごくきつい)計測ができていないのだけれども。
どのくらいのパワーが出るものかとタラタラ試し乗りをしたところ、200wのきついこと…。HAPOは240wくらい行けば御の字かな、いや、それはムリか…といったところ。やせ形で軽量級であるから、パワー数値が低いのはやむを得ないのだけれども、Langkawiはアップダウンが緩めだし、そもそも200wでヒイヒイ言うのは厳しい現状であるな、と。
LiveTrainingの使い勝手はよくなさそう。Lap機能がないかもしれない。私の場合、パワー出力をリアルタイム表示するだけ、という使い方になりそうだが、それで十分といえば十分。インターバルメニューをあらかじめ作成しておけばLapに似たデータが取れるようだけれども、それはもう少しメニューに慣れてから考えたい。
iPhone5以降はLightningアダプタを



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ