4.30.2013

パンク

2013-04-30 Continental Hometrainer
ローラー30min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。
リカバリーローラーを1時間、という予定で回し始めたが30分ほどで後輪がパンク。ロードに乗るようになって初パンク。
こういうトラブルはつまらない。いやいやチューブ、タイヤ交換。ローラー用タイヤの予備があってよかった。チューブの穴はリムかタイヤのサイド面か、というような位置だったが、穴の原因になるようなものは発見できず。このタイヤ、チューブは2年以上使っている。経年劣化だろうか?
クリンチャー交換はひさしぶりで手順を思い出すのに時間がかかった。ローラータイヤは装着難という印象があったが、Continental Hometrainerはレバーを使ったら苦労せず装着できた。




2013-04-30 Newton Distance 累計7km
Run15min
ニュートン靴の履きならし。キロ5くらい。ふくらはぎが疲れているほかは問題は出ず。それでもやはり普通の靴より負担は大きめ。この靴で累計7km走った。ソールはまだ汚れているだけで削れていない。この靴では散歩したり松屋に行ったりしないので削れかたを観察すると参考になりそう。
途中Y神社に寄って自称症状がすっかりなおるよう祈った。





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.29.2013

ゲヘヘ…ゲヘ…イヒヒ…イヒヒヒヒ…イヒヒヒヒ…

2013-04-29 ぼくちゃんの…松下奈緒ちゃん…げへへ…
ゲヘヘ…ゲヘ…イヒヒ…イヒヒヒヒ…イヒヒヒヒ…
ローラー60min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。
「八重の桜」をオカズにローラー。
30分アップをしてから5分負荷3分レストを3本。もう少しこれに慣れたら本数や負荷時間を増やしていきたい。右膝上の大腿四頭筋腱炎は少し緩和していた。


Newton Distance
Run10min
Newton Distanceを履いて足慣らし。前回はふくらはぎや足裏が危なかった。
今日も走りだしはふくらはぎが筋肉痛のようで快調でなく。単に疲れが抜けていないのかもしれない。キロ5くらいで2kmちょっと。特に異常は出ず。まだ距離を伸ばせそうだったが、慣れるまでは少しずつ。累計30km~50kmは慣らしが要る、という。
途中Y神社に寄って自称症状と大腿四頭筋腱炎がすっかりなおるよう祈った。



2013.4.29
Run66min
おとといに負荷をかけたので今日はジョグ。Nike Free Runで。
やはり着地には踵も使っている様子。踵からドスンと着地する、という感じでもなく、前足部も踵も使うフラット着地じゃないか、と思うが、良くわからない。機会があれば撮影したいところ。とはいえ、踵着地だから、フォアフットだから、ミッドフットだから良い悪い、ということでもないので自然に走るのが一番のような。
走りだすとどうしてもジョグが維持できず半端にペースを上げてしまう。キロ4:45弱くらい。Free Runだと楽でないペース。終盤は足の持久力ぎれ。
途中K神社に寄って自称症状と大腿四頭筋腱炎がすっかりなおるよう祈った。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.28.2013

Bora Oneちゃんのステッカーをはがしたいが…


Bora Oneちゃんのロゴステッカーを剥がしたい。一説によるとすべてのステッカー(前輪後輪それぞれ4枚、合計8枚)を剥がすと20gくらいになる、という。見た目以外のデメリットなしでリム部分の20gの軽量化は大きい。
ドライヤーで熱してのりを溶かして剥がす方法や、糊クリーナーみたいな薬品で剥がす方法があるようだが、半日がかりの仕事になるという。20g軽くしたいが面倒なのでやる気がせず。薬品選択を間違えるとエライことになりそうだし…。



Swim2000m
調子の悪いことが何回か続いて、少しレストを入れてから、数日ぶりにプール。今日も不調。息は苦しい、腰が落ちる、足が落ちる、向かい水流に感じる、腕肩が固い、体が蛇行する、等。
収拾がつかない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.27.2013

1984 & 3:40


2013-04-26
想像以上に軽量 Adizero Adios(Adizero Japan)と同じ重量
ローラー60min
一九八四年を読み終え「これは…愛じゃないか…真の愛じゃないか…これはすごい…まれにみる傑作だぞ…肝心なのは…こういう話を全体主義への嫌悪・恐怖として表面的な受容しないことだぞ…これは愛だった…もし人生というものが…真の愛を求める道程ならば…これは…人生の…『解』…だぞ…」などとつぶやくスノッブとしての夜と、B width 26.5cmのNewton Distanceを電子秤に乗せ209と書いてある数字を見ながらニタニタする自称トライアスリートとしての夜と、「おや『効果なし』と出たぞ、スリプルIIをスリプルIIで上書きできないのか、なるほど」などとXboxコントローラを握りしめてつぶやく真性ネトゲ中毒者としての夜と、壁紙の剥がれた天上の下で歯磨きをしながらDiana Krallを聴いて布団に入る前の時間を送るさいたまシティボーイとしての夜を過ごし、コンピュータをスリープさせ、REGZAを消し、IKEAで買った照明を消し、結婚願望を消し、希望を消し、期待を消し、ズボンを脱ぎ、水を飲み、自分のにおいのする布団に入り、Kindle Paperwhiteで次の本を数ページ読み始め、目を閉じ、寝た。0時と2時と4時に目が覚め、また寝た。チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴る少し前に自然と起きた。
ローラー。つまらなくも面白くもなく、ひどく安っぽいアクションシーンが時折挟まれるNHK時代劇がオカズ。5分負荷、3分レストを3本。右膝上大腿四頭筋腱炎がまだ治っていなかった。5分負荷は案外と楽にこなせた、というか負荷と呼べない程度の負荷だった、というような。負荷時の心拍は最高で155程度。


2013-04-27
Run10min
Newton Distanceを初使用。最初は1kmくらいから始めて徐々に足を慣らしていきたまえ、累計30km、50km走って慣れてきたと思ったら少しずつ距離を伸ばしたまえ、というような説明書きを読んだ気がするからその通りに。Newtonは普通に走るとソールの出っ張りで着地せざるを得ないような構造で、踵はほとんど接地しない。これがふくらはぎや足裏に負担となった。特に足裏はピリッというかビキッというかブチッというか、足底筋故障のような痛みが出たから停止。危ない危ない…。靴のせいか、単なる体調のせいかはわからないが、説明書きの通り慣れるまでは普通に走ってはいけない靴であろう。そして普通の靴で走る時に、着地では踵も使っている、ヒールコンタクト成分も入っている、ということも分かった。
途中Y神社によって自称症状と大腿四頭筋腱炎がすっかりなおるよう祈った。



2013.4.27
Run73min
メインシューズ候補筆頭Lunaracerで。この靴で累計100kmくらいは走っただろうか。だいぶ足になじんできた、気がする。クッションがあり超軽量(ソーティより少し重い。比較でソーティが出てくるような軽さ)と完璧に思えるが…なぜこの靴は知名度が低いのだろう?
足が疲れているような、体が疲れているような。キロ4:45イーブン。ビキッとなった足裏は普通の靴で走るには特に異常は出なかった。
終盤に1ラップだけ高負荷。1km3:40だった。心拍は168まで上がったのを見た。ラップ最後ではもう1拍か2拍か3拍は高かったかもしれない。平坦路、Ave4:35、AveHR136だった。
途中K神社によって自称症状と大腿四頭筋腱炎がすっかりなおるよう祈った。

"1984"は、時間とお金を割いて読む価値がある。傑作。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.26.2013

Newton Distance

2013-02-14 Newton Distance
買って棚にしまって放置してあるNewton Distanceちゃん(Width B 26.5cm 実測片足209g)。いつまでも大切にしまっておいても仕方が無いのでそろそろ使ってみようか、と思い始めた。最近のソールの減り具合を見ると、踵が派手には減らないことから純然たるヒールコンタクトではなくなってきた様子。フォアフット、ミッドフット志向に積極的ではないけれども、自然に走るとそういうフォームになってきた。踵着地をすると「ドスン」という衝撃が膝やらモモに来る、気がするから、それをかばうように股間から前足部までの全体のバネで衝撃を和らげるような今のフォームになってきたのかなあ、と思う。走り始めた頃の靴は踵外側が派手に削れていたものだが。ニュートンはオカルトというイメージがないわけじゃないけれども、印象でモノを言ってはいけないし、使ってみないことには分からないし、いろんな靴を履いて初めて感じること、気づくこともあるだろうから。特殊な靴であるから、最初は1kmとか短距離から始めて、靴に慣れていきなさい、というような説明書きがあったから、気をつけねば、というようなことを、また新しい靴が一足届いてしまって思うイケメンであった。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.25.2013

有害

2013-04-25
Run30min
自転車に乗る予定で、準備もしていたけれども、起きるとえらく疲れており、倦怠感。モノを食べしばらく悶々とするも乗る気が起こらず、風も強いので自転車はキャンセル。
代わりに近所をリカバリージョグ。キロ7くらいで30分。走っていてもダルい。この感覚は自称オーバートレーニング症候群の一歩手前であるような…単なる蓄積疲労のような…。
M神社に寄り自称症状がすっかりなおるよう祈った。



Swim1000m
リカバリースイム&風呂でモミモミのためジムへ。
絶不調。ここまで調子が悪いのはめったにない。これまででワースト3に確実に入る。50mラップにつき5秒遅い。信じられない遅さ。
この調子だとやってもムダ。有害。適当に流しておしまい。


2013-04-25
ローラー30min
休もうか、少し回そうか、自称症状か、そうでないか、2時間くらい悩んで、30分だけごく軽く。自転車用の足の具合はよかった。




Garmin110の調子が悪い。画面表示がすべて消えて電源が落ち、反応しなくなる、ということが3度ほど起こった。
Lightボタンを長押し(20秒とかそのくらいの長押し)すると電源が入るような、たまたま復活しただけのような。これまで電源が落ちたタイミングはUSBにつないだ直後。走っているときには不具合は起こしていないので、しばらく様子見。
Garmin110は軽くて付け心地がよいからこれが決戦用と思っているが、ハズレ個体を引いたようだ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.24.2013

積み増しはよくないが

2013-04-24
ローラー30min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。眠い眠い。
疲労感があり、やる気があまりない。しかし、今日休むと自転車に4日乗らないことになる。
イスに座った状態で安静心拍が42と、若干高め。単なる誤差かもしれないし、疲労が数字に出ているのかもしれない。先週にロング走とロングライドをしたのが響いている様子。
60分くらいチンタラ回してお茶を濁すつもりが、30分でやめた。足の回りかた、右膝上の具合は悪くなかったが、こういうことではどうもいけない。

2013.4.24
Run107min
今週はスケジュール的にロング走が出来ない。ローラーをやめてしまって時間があいたので、少し長めにイーブン走。
疲れを積み増してはいけない。かといってキロ6ジョグでもいけないからターゲットはキロ4:45イーブン。靴はLunaracer。
体は軽いような、足が疲れているような。前半はキロ4:45にペースを落とす意識が要り、後半は4:45を維持するよう頑張る意識が要った。
Ave4:45弱で107分。平均心拍は131と高くないが、足はずっしりと疲れ、一部の筋肉は痛みも伴った。

疲れの積み増しを避けたいと思いつつも平日に2時間超。自転車もランもスイムもしないと話にならないのに、3種をこなそうとすると疲労積み増しになってしまう。このあたりのマネジメントが難しいところ。
マネジメント、という言葉は魔法の言葉で、人を罵る時、大抵使える万能性がある。
それはマネジメントレベルが低いね等。
他に「幼稚」というのも便利な言葉である。「そういう考え方は幼稚だよ?等。
こういう物言いは、ただ単に罵っているだけでなく、話者の立場、視点、知性が上にある、お前は下、ということもさらりとアピールする。一言でダブルパンチしているので大変美しい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.23.2013

大変な傑作の予感


かれらは自分たちがどれほどひどい理不尽なことを要求されているのかを十分に理解せず、また、現実に何が起こっているのかに気づくほど社会の出来事に強い関心を持ってもいないからだ。理解力を欠いていることによって、かれらは正気でいられる。



少数派であっても、いやたった一人の少数派であってさえ、そのことで狂人ということにはならない。一方に真実があり、他方に出鱈目がある。もし全世界を敵に回しても真実を手放さないのなら、その人間は狂っていないのだ。



女はそこでことばを切り、胸をさすってげっぷをした。「ごめんよ」女は言った。「どうも調子が悪くてね」女は身体を屈めると、床の上にとめどなく嘔吐した。

一九八四年が佳境である。陰気で息がつまる。大変な傑作の予感。





Swim2600m
体感の調子はよくない。が、パドル&プルブイで250mを2本やったところ、45秒弱のラップだった。体感の割には悪くない数字。
その後、パドルを外したら大崩れ。体感より50mにつき3秒遅い。調子の悪さにやけくそになって負荷をかけたらやっと100mで85秒など。
「負荷をかけたつもり」では実際には負荷がかかっておらず、やけくそにスプリントするくらいの心持ちでないと「負荷をかける」ことはできないのだなあ、と思った。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.22.2013

走っただけ

2013-04-22
Run60min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。
少しだけ右膝上が痛い。膝上が痛いということはサドルが低いのかもしれない。体感でもわずかに低いのじゃないかと思っていたからサドルを3mm上げてローラー。
回してみると右膝上の調子が万全ではなさそうなので10分ほどで中止。無理をしても仕方ない。
かわりにRunを。靴はLunaracerで。キロ4:45イーブンで60分をしてみようか、と。
足が疲れているのか-疲れが抜けていないのか-スピードが出ず。意識してペースを作らないと足が進まない感じ。平均するとキロ4半だった。最近では60分走ならキロ5を切るのが普通になってきて基礎部分が固まりつつある様子。これで3度か4度Lunaracerを履いた。足がなじんできたのか、アッパーが足に合わせて型崩れしたのか、いくらか快適になってきた、気がした。Adizero Japanより軽くてクッションがあるからLunaracerをメインとしたいのだけれども、まだまだ様子見段階。
22度くらいでホカホカです!と天気予報が言っていた気がしたから半そで半ズボンで走ったら寒かった。
途中Y神社に寄って自称症状がすっかりなおるよう祈った。



今日はなんだか夕方に疲れてきてプールに行かず。1時間走っただけ。この調子で上積みもないだろうから、怪我せずバラモンキングに出場できたとしても、制限時間を気にしながらの完走ができれば御の字だろうな、と、宮古島をみて思った。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.21.2013

DHポジションだと首が痛い

2013-04-20 Giro Air Attack
昨日初めてGiro Air Attackをかぶってロングライドをした。サイズ的にはややホールド感不足を感じるものの実用範囲内。前方部分(つば?)が若干張りだしているのでDHポジション時に視界を遮らないわけじゃない。これはどのヘルメットでもそうかもしれないが…。まあ、ともかく実用範囲内ではある。空気抵抗が少ないかどうかは体感できなかったが、風切り音が少なくなった気はするので空力的にはノーマルヘルメットより有利じゃないか、と。モストロより重いけど。
100kmくらいで首の後ろが疲れて痛くなり首を持ち上げているのがつらくなった。
今日には筋肉痛。首の筋力不足なのだろうか。モストロより100gくらい重たいからそのせいだろうか。この分だとさらに100g重たいエアロヘルメットはロングではムリ。もう少し首の筋トレを増やし、ロングライドをこなして様子見。

参考記事:Giro Air Attackがやってきましたよ!



Swim2000m
アップ兼リカバリー兼ロングで1500m一本。その後ダウン500m。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.20.2013

「さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会」の走行会


Bike160km
今日「さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会」の走行会を行った。

参加者は会長(大変なイケメン)と会員Cである。


ビッグ・ブラザーは絶対に誤りを犯すことがなく、全能である。あらゆる成功、あらゆる業績、あらゆる勝利、あらゆる科学的発見、あらゆる知識、あらゆる叡智、あらゆる幸福、あらゆる美徳は、彼の統率力とインスピレーションから直接引き出されたと言われている。
——一九八四年より——


秋ヶ瀬公園
朝に秋ヶ瀬で待ち合わせをし、物見山へ出発。朝であるから、会長も会員Cもまだ元気である。元気よく—後先考えず—物見山までまっしぐら。
物見山駐車場 会長と会員C
左:会長    右:会員C
物見山を一周して便所前にて記念撮影。まだ元気である。会員Cは登坂で会長に—意図的に—やや遅れて見せるなどをし、会長の自尊心をくすぐることを忘れない。会員Cは接待が実にうまい。さすがである。

会長としては物見山をもう数周して早めに切りあげ早めに帰り、吉野家の100円引きでヌクヌクと暖まってニコニコするのがよいと思っていたが、どういうわけか会員Cはやる気がみなぎっている。定峰峠に行くからよろしく、などと想定外のことを言い出した。会員Cは待ち合わせ場所まで会長より25km多く走っている。復路も含めれば50kmも多くなり、確実に200km超である。

そういうわけで途中まで白石ルートをとり、西平信号で右折し松郷峠を経由して定峰峠へ。
松郷でも会員Cは登坂で会長にわざわざ遅れて見せるなど細かい芸をし、会長を喜ばせる。さすがである。


会員Cの至芸
会員Cの至芸:「遅れてみせる」
落合信号で左折をし、定峰峠へ。ここは長い登坂。会長はいい格好をしようと張り切ってしまったため、ここまでで実はヘロって来ていた。そうした会長の姿を察して会員Cはそれ以上にヘロって見せる、汗だくになって見せるなど、熟達した接待芸である。さすがである。この社交力が私にもあれば今とは違った人生を送っていたかもしれない…などと思った。
定峰峠
定峰峠着。休憩。復路は白石峠経由で。
白石峠での会員Cの名人芸
会員Cの名人芸
定峰峠から白石峠までの登坂でも会員Cはヘロったフリで会長に遅れて見せるなど、手抜きのない芸が心地よい。至芸である。さすがである。そうでもしないと会長がすねてしまう、ということもあるからかもしれないが…会員Cの心遣いが会長の荒んだ心を潤す。
白石峠から下り。このあたりから会長は、体が冷えたり補給が足らなかったりでハンガーノックの入り口に。復路途中のローソンでたまらず補給。補給したと言っても、足らなかったが…。補給はもっと摂らないと…。

その後、物見山、荒川CRと復路を進む。向かい風のような、ヘロヘロのような、ともかく半グロッキー。想像以上に疲れた。ちなみに、平坦路では余裕がありそうな会員Cであった。会長はグロッキーであったが…。
グロッキーであるほかは無事に秋ヶ瀬まで。ここで会員Cとお別れ。雨が降りそうだったので挨拶もそこそこに。会員Cはここからが遠いが大丈夫であろうか…。まあ、余裕がありそうだったから大丈夫なのだろう…。
(後で知ったが、会員Cはエクステンションバルブのトラブルで自走不能、輪行となったらしい…)

会員Cの名人芸と、それなりに距離を稼げたことに満足しつつも、グロッキー過ぎではないか、という不安とともに、さいたまの市街地を抜け帰宅。



会員Cのサイト:http://triathlonxlife.blog.fc2.com/ 会員Cによる記事
参考記事:さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.19.2013

おろそか


良く寝た。ローラーをしなかったから自転車トレがおろそかになっている。自転車にたくさん乗って距離への耐性をつけないと大変なのに…。


すね毛をそった。


新ナニワ金融道を読んだ。ナニワ金融道の続編。作者は死んだはずだが、その弟子グループが書いている様子。作風は原作者と全く同じで、欲とカネ。



Swim2200m
軽くプール。普段は100mばかり。久々に700mを入れてみたら、持久力が落ちてた。今後は距離泳を混ぜねば。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4.18.2013

ロング走をした

Ave4:53
Run30km
やだなあ、と思いつつもロング走。靴はNike Lunaracerで。めちゃんこ軽い。クッションも十分。
エナジーバーを一本食べ、ジェルを3本持って出発。ペースはなりゆき。
5kmくらいまではだるかったが、その後はどうにか平常に。体が暖まるとキロ5弱で安定。10km、16km、22kmでジェル。水分はちょくちょく公園の水道で。
故障なく30km終了。Ave4:53で水道補給と自称症状がすっかりなおるよう祈る時は時計を止めた。Elevation Gainは75mほどでほぼフラット。坂を混ぜたいが、坂がない。平地30kmの割には余力はそれほどなく。だいぶ暑くなってきたせいもあるのかもしれない。
Lunaracerに慣れていないのか、なじんでいないのか、足が合わないのか、こすれてマメになりそうな箇所が発生した。もう少し使ってみてマメが大丈夫そうならこれが決戦靴か。LunaracerのソールにFree Runのアッパーを組み合わせてくれればいいのに。
Lunaracer
Nike Lunaracer


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ