3.31.2013

ボディポジション改善のめどがたたず

2013-03-31 Ave28.4
ローラー90min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。朝は眠くて起きるのがつらい。
カロリーはドリンクとエナジーバーをひとつ。
おかずはカラマーゾフの兄弟、ジョジョアニメ等。カラ兄が最終回。原作と違ったラスト、というか、題材が多少原作をかすめているな、という程度で全然カラ兄ではない。スメルジャコフの告白シーンでブルックナーのラッパが鳴りまくってなかなかのクライマクスを形成するなどTVドラマとしては悪くないが…。ゾシマ長老がミーチャにひざまずく重要なシーンなどは削除である。いや、ゾシマ長老自体が削除である。だいたいアリョーシャが居ても居なくてもいいような脇役とはなんなのだろう?
1時間漫然と回してから3分負荷、2分レストを3本。最後に30秒高負荷。ヒイヒイ言う割には心拍は160ちょっと。





2013.3.31
Run60min
小雨だったのでリカバリージョグ。靴はNike Free Run、ロング走のダメージが抜けてきたが、普通には走れない。
チンタラと60分。やはりフォームがヒールコンタクトではなくなってきた、という体感がある。踵着地をするには「踵着地をするぞ」という意識が必要なので。自然に走ることが大切なのでどこで着地しているかはどうでもいいことだが。
チンタラと60分。ずっとランニングシューズのことを考えていた。Nike Lunaracerは踵部分が弱くてすぐに裂ける、と書いてあったぞ、軽量化の弊害か、とか、それでも早く試したいぞ、とか、Adizero Adiosでもう少し走りこんでトラブルが出ないか-どうも甲側に違和感が出るような、気のせいのような。もう少し靴ひもを緩めて走ってみたい-確かめたいぞ、トラブルが無ければ十分メインシューズ候補筆頭だぞ、とか、あっ!買ってしまったW890ちゃんはどうしよう、とか。
途中K神社に寄り、自称症状がすっかりなおるよう祈った。



Swim2300m
プール。メインはパドル(プルブイなし)でクロール。負荷を控えめにしてフォームを意識。特に腰を高く保つよう、尻に水面を感じるよう。
スイムが遅いのは腕肩の筋力が弱いからじゃなくてボディポジションが悪いせい。そこを改善しないとダメだが、相変わらず伏し浮きができず、改善のめどはたたず。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.30.2013

寄る年波にはかてず


Bike150kmをこなせたしRun35kmもこなせて、ひと段落したのと同時にダメージが溜まっているだろうから、レストをたくさん入れている。ふくらはぎが筋肉痛のような、筋肉痛以上の痛みのような、でもケガではないような、ともかく、ダメージはある。いったん疲れとダメージを抜いて再スタートしたいところ。



iOS版のFF5を買ってニコニコして火力船を手に入れるところまで来たが、もう飽きつつある。やはり、寄る年波にはかてず、何事も気力も好奇心も続かない。年を取ると「本を読む」とか「映画を見る」とか「旅行をする」とか「酒を飲む-私は飲酒習慣を失ったが-」とか「カメラをいじる」というシニア・スタンダードに収れんしていく。はやく馬籠に行きたい。




ヒステリー人格だの解雇だのDVだの倒産だの闇金だの全焼だのアルツハイマーだの事故死だの半壊だの植物状態といったアンチ・朝ドラ的朝ドラだったが、そういった苦難を受け入れて進んでいこう、進めないかもしれないがそれでも前を向こう、というような最終回を迎えて終わった。いろいろと苦難がつづくけれども、首を吊らずに生きていこう、そうせざるを得ない、という世相反映か。


2013-03-25 パドル
2000mほどプール。パドル&プルブイを中心に。このところでパドルを通常の大きさに変更。こちらの方がスタンダードだし、腕への負荷が強い。SPEEDOの小型パドルは携帯性がよくて肩ひじにやさしくてよいのだが、負荷はイマイチ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.29.2013

ボンクラとして

FF5 iOS iPad mini
iOS版のFF5が出たから買った。FF5は名作の誉れ高いが、1度うっすらとやっただけでほとんど印象がない。
いい年こいて攻略サイトを見ながら普通にストーリーをなぞっても面白くないだろうから、少し遊びを混ぜて進めることにした。
  1. 主人公のぼるくんはボンクラとして育成。戦力とは考えず珍ジョブを渡り歩かせたい。取りあえずシーフ。殴っても弱いので基本的に「ぬすむ」で運用。ポーション代が浮く。
  2. 次になんとかという国の王女様であるレナ。高貴なお方であるから普通なら後列に回して補助役、回復役、魔法役として「ああ、かわいいなあ」というところだが、今回は剣を持って力いっぱい殴ったり殴られたりする肉弾の主力として。ナイト、モンク。
  3. 記憶喪失、ひげじじいのガラフ。魔法役主力として。ケアルがないと話にならないので白魔。
  4. 海賊の首領、ファリス。ボンクラ2号として。主力は2名でよい、というかそのくらいの縛りがあった方が楽しかろう。青魔にしてみたところ、戦力にならないことはないが基本的に無能で大変満足。
FF5 iOS iPad mini
想像通り、のぼるくんとファリスがボンクラで早速全滅。
iOS版はなかなかよい。仮想キーでの移動がやりづらいほかは、及第点というより、むしろ優秀。雑魚戦などはオートにしておけば入力不要で早送りになる。無駄な間がなくてよい。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.28.2013

ロング走がまずまず

35km Ave5:10
Run180min
自転車に乗るとRunがおろそかになる。今週は自転車を休んでRunを。
足甲やふくらはぎや膝に若干不安があるような、気のせいのような。

自称・疲労骨折疑い(冤罪)やらふくらはぎ痛やらで久しぶりの長距離。今日は35kmまで距離を伸ばしたいところ。久しぶりなので、途中でへばる不安はあるが…。エナジーバーを普段より多い2本摂ってから葛西臨海公園を目指して出発。エナジージェルも3本持参。
Adizero Adios
靴はAdizero Adios(Adizero Japan)。キロ5:20がターゲットペース。Adizero Japanは、決戦一発用とか、ゲブレセラシエとか、あっという間にソールが減る、という評判もあるが減り方は普通の靴と変わらない。決戦用とかシリアスな靴という印象があるけれども、履いてみると普通の靴。ふかふかのジョグシューズとは感じないけれども。

エルザタワー
ツル・オブ・ハキダメ・タワー・フロム・シカハマ・ブリッジ
まずは埼玉を抜け-と言っても案外と広くて1時間半近くかかるのだが-荒川CRへ。煙っていて視界が悪かった。

CRをひたすら河口方面へ。今日は補給、給水を多めにして、どう感じるかチェック。普段のロング走はヘロヘロになるが、それは補給給水不足ではないか…と。
10km、18km、26kmでジェル。CRにある水道で数回給水。

河口はともかく遠い。昔は自転車で河口に行くとそれだけでものすごい達成感があった。今日は足で走っている。トライアスロンを、と思い始めた頃はとにかく膝に不安があって5km走るのもおおごとだった。

補給が効いたのか、30kmくらいまでは案外と楽。それを超えるとだいぶくたびれたが、心拍ドリフトはそれほど起こらず、最後までLSD心拍を保てた。目的地までは届かず35km終了。Aveは5:10と、ターゲットより良い。後で気づいたがラストラップが一番速かった。補給のあるなしでだいぶ違う、と知った。
おきなわマラソンやバラモンキングと違ってElevation Gainはわずかに88mとド平坦。



桜
満開
終盤に足の甲がおや?という感じがあって、ゴムの靴ひも(Lock Laces)が悪さをしているような、全然関係なくて単純に故障の前兆のような。
葛西臨海公園
ダウンついでに歩いて葛西臨海公園へ。海。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.27.2013

デュラペダルを買いましたよ!(PD-9000)



つい先日アルテグラペダルを買ってニコニコした記憶があるが、あれは幻覚だったのだろうか?



"人間は、見たいものだけしか見えないようにできているんだ"
---虐殺器官---



バラモンキングは山岳コース。重量がモノをいう。軽ければ軽いほどよいが、強度を犠牲に極限まで削ったヒルクライム一発用のブレーキアーチみたいな軽量化はいけない。また、腹の肉を取った方が効率がよい、とか、本体の出力を上げる努力をすべき、とか、低能者にはオーバースペック、などと機材の重量に関係のない事柄を持ち出して話をすりかえるような幼稚で、民主党のマネごとをするほどに堕落してもいけない。山岳コースなら、シンプルに、機材の重量を考えるべきなのだ。機材の話をしているのに、腹の肉の話を、どうして引っ張り出す必要があろう?



ペダルあたりはデメリットなしで軽量化が可能であろう、グレードが上がればベアリング抵抗もわずかに低くなろう、などと、うわごとを言っていたところ、DURA-ACEのペダルが届いた。つい先日アルテグラペダルを買ってニコニコした記憶があるが、あれは幻覚だったのだろうか?


2013-03-26 Dura-Ace PD-9000
というわけで早速重量測定…。ペアで248gである。以前付いていたアルテグラの金属ペダルが319gであるから、70g以上の軽量化となる。軽量に加えて、回転系も若干良い、という話である。
また先日、アルテグラのカーボンペダルは257gであるような幻覚を見た気がするから、Dura-Aceの方が10gほど軽い。




"スターバックスに行き、アマゾンで買い物をし、見たいものだけを見て暮らす"
---虐殺器官---




Dura-Aceペダルは一見18,000円位に見える。ペダルごときに2万円近くも払うなんてなんとバカバカしいことなんだ、と思えるが、いやそうではない、という体感、実感がある。
つい先日アルテグラペダルを買ってニコニコした幻覚によれば、アルテグラカーボンは11,000円位である。そして18,000円から11,000円を引いてみると、7,000円である。なぜ引き算をするのかは分からないが、自転車脳がそのように計算せよ、とささやくのだ。従って、体感、実感から言うと、これは7,000円である。体感上、Dura-Aceペダルは7,000円だったのだ!
これは理屈の話ではない。そういうものにとらわれてはいけない。「え?合計29,000円じゃないの?」というような、幼稚な思考にとらわれてはいけない。理屈で走るのではない。様々な現象が入り乱れる混沌の海から這いだし、魑魅魍魎が跋扈する世をこの先生きのこるには、最終的には研ぎ澄まされた体感によるのだ!


2013-03-26 PD-9000
そして、Dura-Aceペダルをつけてローラーをしてみた。ペダルの違いは全く分からなかった。

2013-03-26 青クリート
付属品は青クリート。固定の赤、緩めの黄の中間的存在だとか。動く量だけじゃなく、動く場所というか動き方-「回転支点」とインターネットに書いてあった-が微妙に黄とは違うらしい。取りあえず黄で不満がないので現状維持。

2013-03-27  8mm六角棒レンチ
それと、着脱はペダルレンチじゃなくて8mm六角棒レンチであるから、トルクのかかりやすい大きめの8mm棒レンチを買った。




"人々は見たいものしか見ない"
---虐殺器官---





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.26.2013

バラモンキング装備選定(ヘルメット)


バラモンキングのヘルメット選定で悩んでいる。


以前に、Catlike社のエアロヘルメットを通販で買った。改めてかぶってみると頭の横がきつい。欧米頭に合わせたヘルメットをアジア頭がかぶるとこうなる、という典型例…。我慢できないことはないが、長時間かぶる気にならない。平地のショートならこれでもいけそうだが、ロングでは使いたくない。ただでさえ不安なのだから、出来るだけ不安要素を減らしたい。というわけで、これはバラモンキングに採用せず。

仮にCatlike Chronoがジャストフィットだったら使うのか?というと、それも悩んでいる。
なぜなら、バラモンキングは平地というより山岳コースという印象だから。


2013-03-24
山岳といえば重量測定…。普段使っているノーマルヘルメット、OGKのモストロ。サイズはS/Mで、実測187g。ヘルメットの中でも軽量級。



2013-03-24
続いてCatlike Chronoは416gである…。その差229gである。モストロは特に軽いからその差も大きい…。


山岳なら重量がモノを言う。上り坂のエアロヘルメットはただの重りではないか。下りは怖いからとどうせブレーキをかけるのだからエアロヘルメットの意味がないし…。平地なら話は別だが…。


少なくともChronoはサイズが合わないから使わない。重いし。
そういうわけで、準エアロヘルメットのGiro Air AttackのLサイズを発注した。Chronoより軽くて、モストロより少しエアロ。
Air Attackの具合が良ければそれでよいし、それがダメならOGKのエアロヘルメットを検討。OGKならアジア系の頭に合うだろうし、東京に行けば試着もできそうだし。


嗚呼、うれし楽しや、ヘルメット沼…。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.25.2013

カーボンペダルを買いましたよ!(Shimano PD-6700-C)

2013-03-24
バラモンキング・バイクコースは2000mも上らされる。さいたま民の感覚だと2000mというのはずっと山岳地帯を走っている感じで、未知体験になる。白石峠なら3本とか4本で、物見山周回なら30周くらい、というDNSの理由を探したくなるコース。
ただ、インナーローでも足りないようなきつい上りが30分というような登坂じゃなくて細かいアップダウンが多い様子。下りの勢いで上れちゃう、というようなところもたくさんあるだろうから、白石峠4本と聞いて想像するほど過酷なものでもなさそう。

バラモンキングは登坂コースであるから軽量化の意義が大きかろう、最近は自転車パーツも買っていないし、たまにはエサを与えてニコニコする必要があろう、というわけで、カーボンペダルを買った。

Shimano PD-6700-C Ultegraで、11000円ほど。P3についているペダルが同じくUltegraグレードだが、金属製でカーボンに比べると重たい。カーボンに交換するとペアで40gほど軽量化できる。

2013-03-24 PD-6700-C
まずはカーボンペダルの重量測定…。ペア実測で257g(と258gの中間)である。取り付けはペダルレンチでなく、8mmの六角レンチ。かなりトルクをかけて締める必要があるので、ハンディ工具では厳しい。それなりの8mm六角レンチを別途調達する必要がある。

2013-03-24 PD-6700
付いていたペダルPD6700(金属)を外して重量測定…。ペア実測で319gである。その差60g以上。
たいしたデメリットなく60g以上の軽量化は大きい。

気を良くしていると…Dura-Aceちゃんに目移りし始めて…。





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.24.2013

スローパンク?バルブ?

2013-03-24 Bora One & Continental GP4000
うすうす感じてはいたのだが、Bora Oneちゃんに巻いたContinental GP4000(後輪)の空気が抜けやすい。一晩で半気圧か1気圧抜ける。チューブに微細な穴があるスローパンクなのか、バルブ付近のシーラントがうまくいっていないのか分からないが、ともかく抜ける。抜けるのを計算してちょっと多めに空気を入れておけば問題はないのだけれども、気分がよくない。
Continental GP4000は乗り心地も良いし、シーラントを入れられるし、コンチコンペより少し軽いし、特に悪い点も感じないので決戦用と決めたが、決戦前に一度張り替えか。テープで本張りする前にきちんとチェックしておけばよかった…。






Swim少々
昨日のロングライドで疲れている。ちゃぽんと水に入ってぱちゃぱちゃする程度。





参考記事:コンチコンペとGP4000比較

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.23.2013

定峰峠へ行ってきた


Bike152km(Ave28.3km)
起きて体もメンタルも調子が良かったら自転車に乗ろう、と思っていた。起きるとやる気がしない。体はそんなに疲れていないが、メンタルがダメ。休みたい。が、そうも言ってられないのでしぶしぶ…。
定峰峠往復の予定。余裕があれば慈光寺に寄りたい。

P3ちゃんで出発。ウインドブレーカーとか冬手袋とか厚手のレッグウォーマはもういらなくなった。
午前中は強い北風で、昼前にはだいぶ風が弱まる、と天気予報に書いてあったが、その通り、往路は強い風で怖い。Bora Oneは横風に弱いというほどではないけれども、やはり怖い。向かい風基調なので進まない。アウターではギアが足らないような風。
物見山を通り松郷峠経由の定峰峠ルートへ。一旦物見山で補給をしておけば良かった。後で準ハンガーノックになった。
松郷峠前で左に折れて慈光寺に向かったものの、自転車で行くような斜度でなく断念。多分斜度15%とか。松郷峠ルートからでなく、南側から行くのがよい様子。慈光寺は1300年だか1400年の歴史があって、埼玉には数少ない国宝がある。鎌倉時代のすごい巻物だとか。それとトイレ(と水道)があるらしいので、補給拠点になるのじゃないか、と。また次回南側から偵察に。
松郷峠ルートに戻って定峰へ。このあたりはまだ元気があった。
松郷峠を抜け、定峰ルートに入ると風と微妙な上り坂で消耗。定峰峠への登坂はすでにヘロヘロ。心拍が上がらず足が乳酸。骨折で拗ねていた期間とローラーでお茶を濁した結果、登坂力が皆無に。
2013.3.23 定峰峠
足が棒で定峰峠着。エナジーバー。茶屋向かいの便所水道で補給しようとしたが、水道が通じていなかった。ふぅむ。茶屋も自販機もあるけど。定峰はオートバイとか改造車が飛ばすので危ない。特に休日は。

復路。追い風を期待していたが、少し追い風かな、という程度でイマイチ。復路松郷峠あたりでだいぶ疲れて力が入らない感じ。後で気づいたがハンガーノック手前だった様子。
2013.3.23 物見山
物見山でたまらずコーラ休憩。エナジージェル。足が棒。Amazonチラシ集計チェック。ゼロ。


再出発。しばらくすると意識がかなり回復して心拍が上がるようになった。コーラが効いた様子。それでも30分かそこいらしか持続せず。
DHポジションで平地直線をこいでもローディが楽そうに付いて来たから、平地能力も相当低下しているらしい。

ヘロヘロのヨタヨタになって秋ヶ瀬着。150km超。首を持ち上げる筋力は-筋トレをしているし-付いてきたようで、ひどくつらくはなかった。一応150km乗れた、という進捗確認ができたのは良かったが、登坂が壊滅している点と平地もダメな点、従って全部が低レベル、ということを確認してしまった。

Elevation Gainは1469mで、バラモンキングは2000mくらいだから、ここからさらに白石峠1本である…。ほとんど嫌がらせのようなコース設定である。トランジションは別にして6時間くらいで行ければいいな、と願望に基づいて解釈していたけれども、Runに足を残さずに使い切っても6時間は夢のまた夢。





2013.3.23 プチブリック
Run30min
プチブリック。右ふくらはぎ、左足甲の具合チェック等。
既にグロッキーなので走っていても楽しくない。悪い意味での疲労の積み増しになって自称症状が復活してしまいそう。
ふくらはぎはイマイチ。甲もあれ?大丈夫かな?気にし過ぎかな?という具合。明日のさいたまシティマラソンはDNS決定、という足が絶好調でも疲れているのでDNSである…。
くたびれた。2XUのリカバリーのやつをつけて過ごす。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.22.2013

Aちゃんとは通う塾が別だった


Aちゃんとは通う塾が別だった。塾に行く前の30分か1時間を、マクドナルドでAちゃんと過ごしたものだ。幸せだった。その時間だけが私の心の支えだった。その習慣が無くなった後もずっと、その時間の存在が幸せだったころの大切な記憶として、いつでも頭から引き出せたからこそ、それを支えにこれまで首を吊らずにこれた。このところ、その幸せな記憶を頻繁に頭から引き出さずにはいられなくなってきた。しかし、記憶は時間を経て遠のき、あいまいになり、次第に不確かになってきた。その喪失感に声をあげて涙したところでムクリと起きた。ああ、夢であったか、そして、失われつつあるAちゃんの記憶を呼び戻そうとしたが、できなかった。Aちゃんは初めから存在しなかった。Aちゃんとはもちろん、一人でも、塾に行く前にマクドナルドへ行ったことはなかった。幸せな記憶の存在自体も失い、空白を得た。



弘法も筆の誤り、松屋券売機には熟達の指がボタンを押し違えた。大盛のつもりが特盛に。私ほどの上品な胃腸ともなれば特盛などという下品な食べ物を受け付けないだろうと思えたが、受け付けた。


2013-03-22 FF4
後半まで進めて1年か2年放置してあるFF4を少しやった。話の内容や、進捗状況をほとんど忘れていた。エッジという名前の使えない盗賊ニンジャ風がパーティメンバーに居たのだけれども、誰だったかさっぱり思い出せない。セシルとかカインなどの中心人物は概ね覚えていたのだが。誰だっけ、とWikipediaで調べる気にもならない。
もう頭の構造が年寄りでゲームができなくなっている。雑魚敵の目玉野郎が3匹も出てきてマヒだの眠りだといった状態異常攻撃を連発してみんなで寝たりマヒったりでどうにもならない。マヒっているのをながめるのは全然面白くない。さらにはデスも連発してくるものだからマヒった挙げ句に即死とか話にならない。雑魚相手にマヒと眠りと即死じゃゲームにならんだろう。即死魔法なんてたまーに引っ掛かって「ああ そくしまほう は こわいな」という具合でいいのに60%くらいの確率で死ぬとかなんちゅうバランスだ。
なんとか洞窟を抜けたところにあるなんとか村の宝箱からなんとかというガラクタを取って、それをなんとか町のなんとか野郎に預けた後になんとか洞窟にあるなんとか金属を拾って、さっきとは別のなんとか町に持っていくとすごい剣がもらえるから、ぜひもらおう、などと攻略サイトに書いてあって、とてもじゃないがそんな面倒なことはやってられない。空からいきなりエクスカリバーが落ちてくるなり、通り道に落ちていたりすればよいのに。それと剣よりアサルトライフルの方がよりよいだろう、というような身も蓋もないことを考えがちでいけない。脳が若ければ、これらも楽しいのだろうが。




トレッドミル20min
朝、起きられなかったし、やる気も減退気味。疲れているらしい。こういう時にLSDでもいいからとムリにトレーニング時間を稼ごうとすると自称症状になりそうだから、短時間低負荷でリフレッシュ目的のトレッドミル。ふくらはぎの具合は回復傾向。軽いジョグならこなせそうだし、ふくらはぎ悪化もしないだろう。
ジム用シューズとして、久々にNike LunarGlideを。ふかふかクッション。アーチサポート機能もある様子。カリカリのレース靴ではないが、ジョグとかLSDとかSub4くらいにはよさそう。クッション靴のスタンダードか。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

3.21.2013

既婚者が私を妬んでいるのだ

2013-03-21 Bora One
ローラー60min
定峰峠往復の予定で、昨晩のうちにホイールを交換するなど諸準備をしていた。夜中に強風で目が覚めた。「ああ、これでは自転車に乗れないぞ」と思いながらまた寝た。起きてもまだ風が強かったから実走は諦めた。
実走できる、できないに関わらず、やる気はなかった。二度寝三度寝をし、ようやく起きた。疲れているらしい。
せっかく替えたホイールをまたローラー用ホイールにもどし、やだなあ、やりたくないなあ、でももう眠れないしなあ、ああ、やる気がしないなあ、とぐずぐずしながら心拍を見たら30台まで落ちた。体はそう疲れていないらしい。精神的に疲れているらしい。ふくらはぎは痛いし、週末のさいたまシティマラソンはDNS濃厚だし、ともかく状態はよくない。
2013-03-21 Ave28.9
ぐずぐずしてようやくローラー。足が重い。しばらくアップで回してから負荷をかけたような、かけないような、半端な回し具合。1時間のAveはローラーとしては悪くない28.9km/hだった。
昼前には風はだいぶおさまった。自転車に乗っても危険ではない程度だった。が、少し自転車に乗っておきたいからとホイールをまた替える気力はなかった。
バラモンキングまでの少ない実走チャンスをつぶしてしまった。




"最近ある代理店のトラフィック分析に目を通したんですが、ウェブでいちばん勤勉に日記を書いているのは、日本人ですよ。その量といったら、あの国の国民はリアルで抑圧された感情を、ウェブに開放してるんじゃないかと思うくらいに"
---虐殺器官---



2013-03-21
SPEEDO ELITE PULLKICK
Swim2900m
ローラーをもう少し追加する気力がなく、かといって1時間では…と、トレーニング量を確保するためだけに、本末転倒するために、市民プールへ。
  • 500m
  • プルブイ500m
  • パドル&プルブイ500m
  • プルブイ500m
  • 500m
レストは1分強。体感も調子は悪くないものの、タイムは悪い。パドルを使った時でさえ47秒ラップ。最後の500mは疲れがあったのだろうか、48秒ラップと体感強度にしたら悪いタイム。ただ、感覚は悪くなく。
2013-03-21
チョコミントを食べた。






"私は既婚者を妬んでいる? いやそうじゃない、既婚者が私を妬んでいるのだ"
---或るイケメンの期待---


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ