12.14.2013

ふざけてんのかよwww

細雪 雪子
香り高い名作「細雪(Kindle有)」の映画版を観た。これほどの作品を映画化するなんて無理な話であろう、削られた話の筋、芸能事務所ごり押しの女優陣、扉を閉めれば建物全体がガタピシする安っぽいセット、ぼそぼそ何を言っているかわからない邦画風音声、おばさんのパンストでもおっかぶせたような意味不明のソフトフォーカス、中古の安物シンセサイザーで作ったかのような出来の悪い音楽、散る桜を映しての日本的美学表現のワンパターン、紅葉の下に女優を歩かせ、さあヨダレを垂らしてご覧下さい的ぽん引き的文法のオンパレードであろう、文芸モノの悲惨な醜態見本市であろう、と、はなから期待せずにバカにするつもりで見始めたが、意外なことに大変面白かった。市川崑はすごい…。
肝心の雪子役は吉永小百合であった。これについては「え?吉永小百合が雪子?ふざけてんのかよwwwそんな陸軍中将みたいな野太い声の雪子がいるかよwwww」と言いたいところであったが、この国では、天皇家と創価学会と吉永小百合の悪口はタブーである。悪口を言うとたまに石が飛んできてたまに当たりどころがわるくてたまに死ぬから、そんな悪口は言えない。それに誰が雪子ならいいかも分からぬのでやたらに悪口だけを言うものではない。
映画は星4.1つ。原作は星4.7つ。





2013-12-14
Swim52min
細雪が面白くてなかなか途中で止めることができず、結局最後まで観てからさいたまのプールへ行った。昨晩もプールへ行ったので腕肩のリカバリーが十分でなくまともに泳げる気もしなかったが、ローラーはもっとやる気がなく、ジョグをするは足首が悪く、公園に連れて行く子供もおらず、一緒にジャスコへ行く妻もおらず、他にすることもない、行くところもない、無能で、男性で、悲観癖のある、中年で、どもる、人様の目を見て話せない人間であるからで。
タイミングが良かったのか悪かったのか、100mだけ泳いだら休憩時間。10分の休憩時間をまるまる準備体操に費やせた。そのお陰だろうか、比較的調子よく泳げた。
メインはフィンガーパドル&プルブイ200mを5本。タイムを計って頑張った2本は2:50だった。高性能コースロープ、低抵抗水着、深めの水深プールだとタイムが出やすい気がする。






2013-12-14
ローラー75min
Tempo負荷20分を3本の予定で。ローラーはTempo負荷を主食とするとよい、強負荷のインターバルは週に2度にしておくとよい、という。
  • Tempo 20min 218w AveHR153 MaxHR156 AveCad94
  • Tempo 20min 218w AveHR152 MaxHR156 AveCad94
  • Tempo 1min メンタル切れ ドロップアウト
アップにPower Interval 1minを2本入れてリカバリーしてから開始。CTS教材ではアップにPower Intervalが入る。足慣らし、血流増やし、心の準備だろうか。
セット間リカバリーは5分。メインセットは2本しかこなせなかった。Tempoとはいえ決して楽ではなく、というかきつい。3分軽め、2分重めのギアを交互に。終了後、足が棒感が少しあったのである程度の負荷はかかった様子。





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿