12.24.2013

CTS第5巻目


数日かけて作成した渾身の記事が見事に空振りに終わった。泳いだり走ったりする日誌が主要成分で、それらに関係ない内容であるからやむを得ない話で、そうなることはあらかじめ分かっていたが、空振りはやはり空振りで虚脱。10撰そのものは多少の偏りはあるものの楽曲と演奏の質には間違いがない━記事作成のため改めて聴いた━ものなので、空振りをしたのはカラヤンでなく私で。


渾身の空振り記事がほぼ完成した頃、CTS教材の第5巻目を行った。これはその前日にチャレンジしたもののこなせずに諦めてしまった巻。朝で眠くて寒くて体が起きていなかったという事情はあるにせよ、きつくてこなせなかったのは事実。諦めてしまったという落胆と、今日はやる気がせんなという気持ちと、またこなせないのが怖いなという不安と、これをこなせなければスタートラインに立つこともかなわんなという各種感情をもって開始。
内容はアップ、ファスト・ペダル後にSteady State 10minを3本というシンプルなメニュー。レストは4minだっただろうか。2本目3本目はケイデンスをちょくちょく変える指定付き。
結果はメニュー通り3本をこなせた。
  1. 234w 10min HR参考にならず
  2. 233w 10min HR参考にならず
  3. 238w 10min AveHR160 MaxHR167
1本目を終わった段階で想像していたより楽だったので3本いけるだろう、という感じ。心拍計不調で200等の数字が出て参考にならず。
3本目ラストでパワーを上げる余裕もあり、空気圧が低くなって負荷押しつけ具合が緩んだせいで楽だったのかもしれない…。4本目があったとしてもこなせたと思う…。今後CTS教材をする前にキチンと空気圧調整をせねば。第2巻目と内容は似ているが、強度的に若干こちらの方が緩め。
玉袋のイボであるが、ふきでものだったようで、少なくとも皮膚ガンではなかった様子。大きくなり、てっぺんから体液が出て、現在では縮小傾向。ガンだとこんなに急速な変化はないはず…。



キロ5程度で短距離を走って足首の様子見をしているが、どうもまだリハビリ期間という感じ。足首も本調子でないし、右足裏がピリピリする等、Run筋肉全体が脆弱になっている様子。



GTA5を少し。僻地の電柱に裸で縛りつけられている新郎を、あちこちに寄って準備をさせて教会まで運ぶイベントをこなした。クルマを運転するだけだったが、とてつもなく楽しかった。プレイ後、なぜか悲しくなった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. ポラールのベルトじゃないですか?私もとんでもない数値が出るのでだめですね。
    もう使いません。

    返信削除
  2. ポラールのベルトです…。安かったものでとびついてしまいましたよ。冬場は乾燥と寒さで心拍荒れるんですけど、ポラールのはGarmin純正と比べて荒れやすい印象ですねえ。濡らしても結構とんでもない数字になりますから…。
    純正を買っておけばどんな数字でも「仕方ない」と思えるんで、やっぱりケチらず純正ですかね。

    返信削除
  3. 渾身の記事に反応したのはどうも二人だけだったようで…
    すみませんね、もっと音楽に造詣の深い人にコメしてもらえたら良かったのに。
    曲の選択に問題はありませんが、なにせトライアスロンネタのブログで無茶ふりです。
    でもブログ村で上位確保なのだからアスセスはあったのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 当然の帰結でございました。書き手の熱量が多くてもあるべき所に投下しないと誤爆でしかないですもんね…。

      削除