12.06.2013

毎度ネガティブになる

2013-12-05
駐車場にHIJETを停めて、ぼんやりとした。足首の違和感のことを考えた。違和感があってRunを控えているのだけれども、どこかが故障すると「もう二度と走れないのだろう、おしまいだ」と、毎度ネガティブになる。一般的なダメージは2週か3週でほぼ治るという知識はあっても。私の足首は、治るのだろうか?
年をとると、そういった感情の強度が弱くなり、何事も現実感は希薄だ。この先、どうなってしまうんだろう、とか、将来はどうなるのだろう、といった問いは消えた。今こうして駐車場のHIJETのイスぐったりとしている中年男性(イケメン)こそが「この先」であり「将来」の正体なのだ。若い人はこの例(イケメン)を見て「勇気を持って決断」して○○するほうがいい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿