12.03.2013

「これは使える」

2013-12-03
HAPOは235wを想定。ひょっとしたら240wもありうるかもしれない
LangkawiまでのBikeトレーニングはCTS教材を中心に行いたい。
疑似パワー計を導入(LiveTraining,LR760,Wahoo Key for iPhone)し、しばらく試してきて「これは使える」と感じた。体調、気温、胃の内容物次第で上下する心拍よりもパワーの方が扱いやすい。
一定のパワーレンジで何分、というメニューを「体感」でやっていると気分・体調次第でパワーレンジから外れる。そして外れたレンジで「ま、こんなもんだろ」的妥協で「やったつもり」になりがち。パワー計だとレンジから外れて失敗したことが数字で分かる。
ただ、目標に必要とされるメニューの組み立てが分からないので、根本的な部分での理解ができていない、というか、目標そのものが「タイム短縮」とあいまいである。トライアスロンのバイクパートであるからどちらかと言えば平地で、一定スピード走の能力向上であろうか。登坂とかアタック合戦ではない。いや、それ以前の最初の段階のHAPO計測すら未だにできていない。推定HAPO(Highest Average Power Output)でのパワーレンジ表は作ってみたが…。
取りあえずはCTS教材の"PROGRESSIVE POWER CYCLING VIDEOS"という16時間セットを買って、一通りやってから取捨選択、というような。ダウンロードで99.99ドル。





偉そうなことを言い、チラシまで貼ったが、ちゃぶ台返し的に追記。ツイートの貼り付けで。





追記以上。



再度追記。上記懸念は解消した。方法は下の写真のように、負荷装置押し付けノブに目印をつけ、毎回この目印が同じところにくるようにすると、ほぼ同じ負荷が得られる(細かいことをいうと赤いノブの奥に銀のノブがあって、それも自分なりの統一した締め具合が要る)
2013-12-04
整理しておくと、ローラーとセンサーとLiveTraining(iOSアプリ)を組み合わせた擬似パワー計による誤差には2種類ある。
  1. PowerTap,SRMその他「本物のパワー計」の示す数字との誤差
  2. 上の写真の負荷押し付け調整ノブの締め具合による誤差
1番については人様のデータと自分のデータを比較することに意味がなくなる。PowerTapの200wがこの擬似パワー計では150wなのか200wなのか250wなのか分からないから。なぜなら2番の誤差が大きすぎるから。
2番については昨日の自分のデータと、今日のデータの比較すらできなくなる。調整ノブをきつく締めれば負荷装置が強く押し付けられてホイールの回転が重たくなる。緩くすれば軽く回せる。鈍感な私でさえ体感できるレベルで明らかに変わる。しかし、iOSアプリに示されるパワーは、スピードケイデンスセンサー(と心拍計)の数字しか拾わないので、負荷装置の押し付け具合を反映しない。例えばアプリ表示の150wで回すとき、負荷調整ノブをきつく締めておくと重たくなって心拍が高く出る。調整ノブをゆるくすると軽く回せて同じ150wでも心拍が下がる。これではパワー計の意味が全くない。しかし上記のように目印を付けておけば同じ負荷が得られる、ということを何度も試して確認した。目印があってもノブの締め具合は毎回完璧に同じとはいかないが、それこそ誤差の範囲に収まるので実用上問題はない。
ただ残念なことに、本物のパワー計と擬似パワー計では全く別の指標とも言えるような誤差であろうから、人様のデータとの比較はできない(1番の誤差)。パワータップなど、本物のパワー計を持っていれば、負荷調整ノブの締め具合を本物のパワー計に合わせることができそうだが。
私の場合単独トレーニングが目的なので、2番の誤差がなければOKである。

再追記以上。



再々追記。
根拠は全くない話で、疑問と仮定を重ねた話だが、1番と2番の誤差のほかに、もうひとつ誤差があるのじゃないか、と。

  • 本物のパワー計で100wと表示されているとき、本当に100w出ているとする。本物のパワー計にも誤差はあるがそれは無視する。
  • 本当の100wで回しているとき、LiveTrainingでは100wと表示されるかもしれないし、120wと表示されるかもしれないし、80wと表示されるかもしれない。これが上記誤差2番。上記の通り、これはパワートレーニングをする上では致命的な誤差とはならない。
  • 本当の100wで回しているとき、ローラーの負荷装置ノブでLiveTrainingでも100wと表示されるように調整する。これで誤差1番も解消されることになる。
  • 本当の100wで回しているとき、LiveTrainingでも100wと表示されるが、本当の150w(70w)で回しているとき、はたしてLiveTrainingでは150w(70w)と表示されるだろうか?130w(65w)や160w(80w)になりはしないか?
これは本物のパワー計を持っていないと検証できない。LiveTrainingに含まれているミノウラ社のデータを信用するほかない。

以上再々追記。





Swim2700m
やる気はあまりなく。どちらかといえば「いやいやプールへ」行った感じ。
  • アップ500m
  • キック300m(足ヒレ),200m
  • ドリル200m
  • 100m1:40サークル×10(パドル&プルブイ4,プルブイ3,ノーマル3)
  • ダウン等500m
メインセットはパドルだけ90秒以内で、他は90-91秒。ラストは足つりで100秒。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿