12.13.2013

ペダリングは大事



CTS教材の第三巻目をやった。これは「ペダリングの巻」であった。メニューの予習でざっと把握した段階では楽なメニューにみえたけれども、やってみたらきつかった、というか、3本のPower Intervalでは指定強度を維持できなかった。特に3本目はまるでダメだった。ただし、諦めて力を抜くのではなくできるだけ努力はした。
ペダリングメニューとしては片足ペダリング、全力高回転、重いギア全力低回転であった。
Chris Carmichaelがコーチとして出てきて英語で何かを言っていた、というかペダリングについては「たったひとつのことだけ意識すればよい。回せ。」と耳にタコができるほど繰り返し絶叫していた。確かに自己流のペダリングよりスムーズに回す意識を持つとパワーが少し上がる。スムーズに回すのが自然なクセになると効率が上がるだろう。中野浩一はペダリングがめちゃんこうまかった、中野浩一よりずっとパワーが出る人でもペダリングが中野浩一ほどではなかったためどうしても勝てなかった、という。
片足ペダリングと重いギア全力はほとんどやったことがなかった(やったつもり、やればできるつもりになっていた)ので有意義だった。重いギア全力は筋肉、腱に負担がかかって故障がこわい。

足はビンディングでペダルと固定されている。靴メーカーやペダルメーカーのチラシには「パワーが無駄なく伝わって効率が云々」と能書きが書いてある。しかし、固定されているからこそ、足はクランクの極めて正確な超絶・真円運動をする、というか、せざるを得ない。固定された足はコンパスみたいな超絶・真円運動以外できるはずがない。すると「うひょ!ぼくちゃんの足はキレイに円を描いて回っていますよ!」という感覚にならざるを得ない。クランクの真円運動にガイドされて足が回っているように見えるだけで、クランクという名のガイドを外せば足は円運動なんてしていない。円運動していない足なんだからペダリング効率が悪いに決まっている、と改めて知った。

100のパワーが出る人が50%のペダリング効率であるとき、50の実質パワーとなる。
80のパワーが出る人が65%のペダリング効率であるとき、52の実質パワーとなる。
100のパワーが出る人が65%のペダリング効率であるとき、65の実質パワーとなる。
50のパワーしか出ない凡人が45%の自己流ペダリング効率であるとき、22.5の実質パワーしかでない。これが現実だ。


実質パワーの向上には…
  1. 絶対パワーを上げる
  2. ペダリング効率を上げる






まもなく笑顔になって握手の手をさしだした。「今わたしにできるのは、<さらば>と告げることだけだ」━On the Beach




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿