12.31.2013

あるイケメンの2013年を振り返る


2013-12-31
さいたま!さいたまさいたま!
2013年もおしまいである。もう、終わりである。
自分の記事で2013年を振り返ってみる。



2013年1月
タイ・バンコクへいってまいりましたよ!
もっとも手間と情熱を注いで作った記事(と動画)だが、誰も読まない記事の筆頭でもあった。円高で海外旅行も安く行けた。
バンコクから帰ってすぐに鎖骨プレートを抜去し、ロングに向けて上向きになった。
また、ランス・チートストロングがドーピング告白をした月でもあった。自転車界はチートストロングだけでなく全体的に薬物汚染があったが、チートストロングの場合、薬物云々よりもSLAPP等の各種迫害がひどく、失望した。






2013年2月
おきなわマラソンへいってまいりましたよ!
ようやくフルマラソンを歩かず完走。ある程度の自信を得たが、フルのきつさを思い知りもした。米軍基地内を走れて楽しかった。
夜明け前」を読み終えた。半蔵の運命がとてつもなくよかった。半蔵は私のアイドル。Kindle Paperwhiteを買ってから読書習慣が戻ったことはよかった。今年の読んだベスト書物は「夜明け前」あるいは甲乙つけがたい一九八四年のどちらか。







2013年3月
さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会
うちの会を設立した。
バラモンキングに向けて装備選定をしている時期だった。







2013年4月
GIRO AIR ATTACKがやってきましたよ!
バラモンキングに向けて空力ヘルメットを買った。エライ人も採用する優れたヘルメットだが、これは私の頭の形に合わずに結局使わなかった…。
うちの会員と走行会に行ったり、「夜明け前」の半蔵の運命を追体験すべく馬籠に行ったりした。







2013年5月
「さいたまのあるイケメンをほめたりおだてたりよいしょするトライアスロン友の会」の走行会
さらにうちの会の走行会をした。雨のカーボンリムはブレーキが効かない、と体感。バラモンキングのブレーキシューはSWISS STOP FLASH PRO BLACK PRINCEに変更した。
父が倒れた。これはもうダメかもしれぬ、バラモンキングどころでない、と思ったが、風邪の症状で三半規管が一時的に機能しなくなっただけで、大事に至らず。








2013年6月
バラモンキングへいってまいりましたよ!
人生唯一のハイライト。大目標を達成し、大満足であった。しかし同時に大目標の消滅、虚無の到来でもあった。

経験者面をして偉そうにバラモンキング対策語るなら…
  • しまとく通貨がお得
  • 五島うどんがうまい。日持ちするのでおみやげに最適。「部長!わがままで休んですいませんでした!これ、本当にうまいですよ!」
  • 沈黙を読んでおくとより有意義
  • 雨天対策必須。カーボンリムのブレーキシューはSWISS STOP FLASH PRO BLACK PRINCEがよさそう
  • 登坂が多め。よほどの剛脚でもなければ10cmなどのディープリムは不要(「10cmくらいは要る。確かに登坂は多いが、軽量ホイールよりメリットは大きい」と確信がある人以外は避けた方が無難)。5cmディープや軽量ホイールの方がよさそう
  • ランでもアップダウン。上りでも失速するが、下りでも大腿筋肉がジンジン痛んで失速するので要対策







2013年7月
恐れ
バラモンキング後の虚無の世界が始まった。レースで膝皿を痛めてなかなか治らなかった。







2013年8月
靖国神社へいってまいりましたよ!
独身・無趣味・無社交で万年白紙スケジュールであったから8月15日に靖国へ行った。このころ、なぜかモノクロ写真ばかりである。膝皿が治りつつあった。
IRONMAN JAPAN開催月で、たまたま私も北海道に行った。







2013年9月
スイム撮影会へいってまいりましたよ!
珍しく忙しい感じの月。草津・渋峠へ行ったり、広島・出雲へ行ったり、スイム撮影に行ったり。
そしてカメラ関連でも頭が沸騰する日々を送っていてEOS Mと6Dを導入した。






2013年10月
高尾山&新宿散歩 with EOS M
カメラ、カメラ、カメラ。膝皿がすっかり治って走れるようになっていた。円谷ハーフも走った。
DP2 Merrill記事のPVが今年の記事では一番だった。








2013年11月
IRONMAN Malaysia 2014にエントリーいたしましたよ!
Weihaiの世界選手権を諦め、IRONMANにエントリした。次の目標だが、大目標のような大きなターゲットではなく…。
トライアスロンはバイクパートが特に重要であるから、その強化のためパワートレーニングを取り入れた。予算の関係で本物じゃなくて疑似パワー計
カメラ機材熱が飽和した。足りないのは、機材ではなく、能力だった。
体の調子が上がってきて、かなりよい数字が出るようになってきたが、そういう時は大抵故障前の絶頂期であり…。





2013年12月
いい年こいた大人が時間を投資すべきクラシック入門10撰
冒頭のバンコク記事と同様に情熱を注いだ入魂・渾身の記事。見事に空振りに終わった。バラモンキング時にもチラシ記事を書いたが、その時も空振りであった、ということを忘れていた。大変な虚脱感。
あちらが痛いこちらが痛いが始まって、調子を落としている。
カネはかかるが安全性の高いクルマに乗り換えようかな、とも。HIJETはちょっと。




家庭を持ちたい。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿