12.07.2013

パワートレーニング第2回目(引き続き地獄)

2013-12-07
EOS M + NOKTON Classic 35mm F1.4
Swim
疲れているような、だるいような。何もする気が起きず、だらだらとコンピュータをいじるなどをしてから、さいたま記念総合体育館プールへ出かけた。調子は下の下。左肩が痛いような気すらした。肩が痛い、というのは初めて。何をどうやったらここまで調子が悪くなるものだろうか?という悪さ。フォーム、メンタル、フィジカル、すべてが下の下。

どうでもいいことだけれども、発表された後継機種がイマイチだったEOS Mはおそらく底値圏。


2013-12-07
EOS M + NOKTON Classic 35mm F1.4
Bike70min
満腹になるまで欲張って食べ放題ピザを食べ、3時間くらい時間をつぶして胃を落ち着けてからローラー。CTS教材の第2回目をするか、しないか、アップ後に決める感じで。というのも、CTS教材は週に2回できれば御の字の負荷であるし、メニューは好調時であっても非常にきついものに見えるし、前回から中1日であるから、こなせなくてもやむを得ないぞ、という感じで予行演習のつもりで取りあえずビデオを再生。結果は、メニューをこなせた。非常にきつかった。全然楽しくないが、これをこなせないとスタートラインに立てない。Langkawiは超絶酷暑であるから、基本性能を上げないと熱で死ぬ。
第2回目は「Verificationの巻」で、前回のHAPO計測が正しかったかどうかの確認であるが、英語力が足りないのでVerificationの結果がどうだとHAPO計測がどうなのか、ということはさっぱりわからなかった、というか、そういう説明自体がなかった気がする。ま、細かいことはよい。どこかで読んだがパワートレーニングにおいては「テストはトレーニング」である。
メニューはSteady State10分を3本。2本目はSSより少しパワー増で、3本目はさらにパワー増。3本目のラスト30秒、息も絶え絶え状態からコーチがケイデンスを上げろ、と鞭。
3本目終了後に放たれる「OK、Steady Stateをもう一本だ!HAHAHA!」というアメリカン・ジョークが大変美しかった。



どうでもいいことだけれども、発表された後継機種がイマイチだったEOS Mはおそらく底値圏。




Leavs
DP2 Merrill
Run5km
左足首の具合をチェックするためスロージョグ。ローラーのリカバリーを兼ねて。ローラー後しばらくは気分が悪かった。プロテインを摂ったが胃が受け付けず吐き気がした。少しジョグをしているうちに随分落ち着いたが。
足首の具合は直ちに違和感が出るほどでもなく、悪化はしていなかった。途中Y神社とO神社に寄って、左足首内側がすっかり治るよう、Langkawiまですっかり無事に過ごせるよう祈った。

どうでもいいことだけれども、発表された後継機種がイマイチだったEOS Mはおそらく底値圏。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿