10.13.2013

Less stuff, more happiness

GTA5
GTA5
GTA5をやった。もう、新しいものに付いていけず、興味もわかず、興味を持たないことにも鈍感で、すっかり年寄りであるが、GTAほどの大作ともなれば体験しておかねばな、と買った。
GTA4(これもとてつもない傑作であった)に比べて絵がリアル寄りになっており、GTAのコミック風味が失われたな、と思わなくもない。しかし表面的には若干変化してもやはりGTAはGTAで。
ストーリーを進める気力はないので取りあえず街━Los Angelesを模したらしい━をぶらぶらしてみた。そのスケールに驚いた。年寄りが驚くのだから相当である。開発費は250億だか300億とべらぼう。
ぶらぶらしているとどうも軍事施設に迷い込んでしまった。軍人さんに射殺され、えらい郊外の病院で蘇生した。ずいぶん遠くに放り出されたな、と途方に暮れていると、すぐそばにキレイな山があって、実に景色が良い。リアル山よりキレイであるな、と。最近見た中ではリアルも含めて一番キレイな景色だった。こんな山に登れたら楽しいだろうに、と思っていたらケーブルカーで登れた。どうも登山道まである様子。頂上からパラグライダーで飛び降りることもできる様子(失敗して転落死した)
今回から自転車が登場。ローディが郊外をサイクリングしていたから一応○ね○し、ストリップバーがあったからそこで一応散財しておいた。ぶらぶらしただけだが、気づけば相当に時間を使っていた。


2013-10-12
EF-M22mm
Less stuff, more happiness
新宿へはEF-M11-22mmを持っていけばよかった。もっとも新宿へ寄る予定はなかったから持っていかなかったのだが。
高尾から新宿へ向かう京王線でTEDのLess stuff, more happinessを見た。私の部屋にはモノがあふれていて、使わないモノが多い。いつか使うかもしれんな、と道具箱に入れてあるものやら、いつか着るかもしれんな、と買って一度も着ていないようなウェアやら、一度も履いていないホイールやら、得体のしれないガラクタ。減らしたい。カメラを1台に減らすとしたら、残るのはおそらくEOS Mだろうか。一芸に秀でていないけれども、便利機なのでシャッター回数は多い。
静止画だけならDP2 MerrillVelbon CUBEだけでも本当はいいのじゃないか、と思いもする。というのも6DでもEOS Mでも、できないことはないというくらい高性能だけれども、100枚撮っても少なくとも99枚がゴミ箱行きである。DP2 Merrillなら注意して撮影するから面倒がって50枚しか撮れないが2枚残せる気がする。不便なものを持ち出してニタニタする、というスタンスがあって、不便さも「楽しむ」という点では立派なスペックである。EOS Mみたいな正気のカメラで100枚撮って100枚捨てるなら、正気の沙汰でないDP2で50枚撮って1枚残した方がよい。ただ、居酒屋等の室内で記念に撮影をするとか、そういう用途には全く向かない。私には社交というものがないから居酒屋等で記念撮影をすることは考えなくてよいが、別にカメラを1台に減らすわけではない。
機材を買いこみ、機材にあふれ、動画に手を出して風呂敷を広げたものの、収拾がつかない。着地点も見えないのでそのうち飽きて放置するだろう。機材チェックをしているうちが華であろう。
モノにあふれていても心の穴は埋まらない。幸福度は高くならない。



2013.10.13
DP2 Merrill  F2.8 1/50  ISO800
Run & Swim
60分走り、2500m泳いだ。RunもSwimもBikeも調子が上がって来ないが、上がるような負荷もかけていないから上がるはずもない、と気づいた。そんな簡単な理屈も忘れてしまった。
そろそろ長い距離を走っていきたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿