10.09.2013

頭の出来が大事

2013.10.09
晴れ。台風が来る。

2013-10-09
Bike30min
しばらく体調不良でぐったりしていたが、今日からちょろちょろと再開。まずはごく軽く30分だけ。NHKの懐古趣味ドラマがオカズ。

2013-10-09
Run60min
久しぶりのRunで、キロ5でも心拍が150を超え非常にきつかった。また蒸し暑かったのもきつかった。向上は極めて困難で、維持するのは困難で、落ちるのはたやすい。



DP2 Merrill 無調整現像
DP2 Merrill  ISO100  f4.5  1/320
DP2 Merrillを引き続きいじっている。晴れた日に持ちだすことができた。晴れていればシャッタースピードが十分以上に稼げるので扱いづらさは激減する。光が豊富なら解像感が際立った普通のカメラとして使える。解像感が際立つ意味があるかどうかは疑問だが…。
DP2 Merrill インチキ現像
現像ソフト、SIGMA Photo Pro(SPP)にもだいぶなじんできたが、やはり出来はよくない。動作が遅く、不安定で、機能が足りない。たくさん撮ってきたものを整理するとか、ピントチェック、ブレチェックをするのが非現実的なほどに動作が遅い。遅いだけなら待てばよいが、散々待った挙句に実はフリーズしてました、というのが頻発。フリーズに見えて実は動作してました、ということもあるのでストレス。ピント、ブレチェックはカメラ側で行ってコンピュータ作業の前に消去しておく方が良いだろう。出来のよくないソフトではあるが、頭が悪い人間が使ってもある程度の現像は可能。上が無補正現像で、下が夕方っぽさを捏造したインチキ現像。Rawは調整幅が広く、破綻しづらくてよい。

少し前までは写真はレンズが8割と思っていた。しかし、そうではなかった。写真は頭の出来が8割。レンズは2割弱。残りがセンサーだ機械性能だ、といったところ。頭の出来の良くない人間は「ドクターペッパーなう」などと言ってiPhoneカメラを使うのがちょうど良い。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. SPPをMacbookAirで試してみてはいかがでしょうか? フラッシュストレージなので少しは動作が軽くなるかも。

    メモリ16GBは快適ですか? 

    返信削除
    返信
    1. MacBook Airでも試してみましたが、ま、変わりません(笑) HDD速度の問題じゃないっぽいですね。

      私のMac miniでは公式には8GBまでなので、ちょっと不安でしたけど無事16GBになりました。快適ですね〜。ある程度容量を食うソフトを複数立ち上げてもメモリが余ってますので!

      削除