10.29.2013

文字数だけ多くて内容がない 誰も読まないし 読むと本当に内容がなくて後悔する

SDIM0885
Bike60min
朝トレ用目覚ましが鳴る前に起きた。60分ローラーをするには少し早い時間だったから、EOS MにMagic Lanternを導入すべくコンピュータと格闘するもののついに導入できず、諦めた。私の能力では導入すらできない。
チンタラローラー。オカズは孤独のグルメ。最終回であった。ネタは無数にあることだし、この番組は長寿になってほしい。
少し左膝に違和感がある。靱帯ではなく軟骨とか半月板とかそのあたりの内部の予感。

SDIM0894
Run76min
ジョグ。寒くなってきた。久しぶりにNike Lunaracerで。非常に軽い靴だが、足型は合わない。バラモンキングはこれで走りきれたが、次戦では足に合うAdizero Adiosにするかもしれない。Adizero Adiosでも重たいとは体感できないし、走りやすく不満もない。
キロ5で精一杯、というかやる気が出ない。先週は調子が良かったが、今週は不調。左膝の調子もよくない。




Magic Lantern
カメラは、いろいろな条件でテストをし、十分に安定性堅牢性が確保できるような━━そのために機能を削ることも、性能を落とすこともある━━ファームウェアを積んで製品となる。ハードウェア的にはファームウェアの制約以上の性能を持っている。
Magic Lanternとはハッキングでその制約を外す、非公式な機能拡張ファームウェアである(頭のよく、情熱にあふれた有志が作成。Canonとは無関係)
EOS MにMagic Lanternを入れてみるか、と思い、何度かトライしたものの、ファームウェアの書き換え段階まで進めない。
Magic Lanternには安定版と試作版があり、比較的古い機種だと安定版があるのだが、EOS Mはまだ若い機種であるから現在はまだ試作版。
安定版なら(古い機種を持っていれば)手順に従うだけでインストールまでいけそうな予感があるが、試作版の方はインストールまで行かない。どうも.firというファームウェア書き換えのトリガーファイルが足りないような気がするが、試作版にはそれが見当たらない。試作版よりもさらに荒削りのα版からEOS Mの.firファイルを引っ張ってきてもダメ。SDカードを変えてもダメ。SDカードをbootableにしても━━32GBのカードはSHXCでないからこの手順は要らないはずだが━━ダメ。あれこれを試行錯誤しても結局はダメで、諦めた。この段階でつまるような人間は手を出してはいけないものであろう。
安定版にEOS Mが加わってくれたらまたチャレンジしたいところ。



EOS M & EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
中古で望遠レンズを買った。EF-Sであるから6Dでは使えない。アダプター経由でEOS Mで使用。6Dに望遠レンズを導入する予定はない。望遠レンズの必要性を感じないし、巨大なシステムになって持ちだせないだろうし、そもそも高価すぎる。
Canon純正レンズにしては比較的安価で、一応焦点距離をそろえておくか、程度で。換算88-400mmとなる。手振れ補正がかなり効くので日中屋外ならEOS M手持ちでも使用できそう。望遠域は被写界深度が浅く、ピントは非常にシビア。標準レンズなら遠くはほぼすべてが被写界深度内に入るけれども、望遠レンズだと「そんなに遠くなのにそんなにフォーカスエリアが薄いの?」という感じ。EOS MはAF枠が大きく、意図しないところに合ったりしそうなので、MF場面が増えるかもしれない。新品(おそらくキットばらし品だろうが)でも安い。写りは大したことはない。安いから荒く使い倒せそう。




Urawa Red Diamonds
浦和レッズ、埼玉スタジアム戦のチケットを買った。一度でいいから浦和戦を生で見てみたかったので。
このチケットは3回目か4回目である。これまでチケットは買ったものの、多忙だったりで行けた試しがなかった。そして、前回は浦和戦当日に落車骨折したのだった。
寒い時期だから晴れてほしい。そしてEF-S55-250mmを持っていきたい。




see a dentist
定期チェックで歯医者へ。歯医者はキライなのだけれども、定期的に見てもらえばひどくなる前に手を打てるから、仕方なしに。ひどくなってから(痛いなあ、という自覚する段階になってから)行くとそれこそひどい目に合う。
かわいこちゃん━━くたばりかけた目からは、かわいいなあ、こんな人と一緒に居れたら幸せだろうなあ、という単純な見方ではなく、もはやあれこれと複雑に見える━━が歯石除去、着色除去。歯石もそう付いておらず、なかなか良い具合だという。これは明らかに電動ハブラシのおかげ。手磨き時代には「歯石が溜まってましたね」と言われていたし、外見上も体感上もその通りであった。
かわいこちゃんが私の口をほじくるとき、Brahmsの晩年のピアノ曲が流れていた。
高いのから安いのまであるが、このオムロンの安いやつで十分。大変オヌヌメ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿